ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

タグ:豆大福

IMG_2144

 

泉岳寺駅を出て『泉岳寺』方面に向かい『伊皿子』交差点を左折すると『東京三大豆大福』の一つである松島屋があります。

 

護国寺の群林堂、原宿の瑞穂と並ぶ『東京三大豆大福』の一つである松島屋は創業が1918年という老舗で100年に渡り地域の人々に愛され続けています。

 

お店の看板は何と言っても『豆大福』。人気の為、早い日は午前中に完売することが多いそう。お日にちが決まっていたらご予約してお伺いしたいところです。

IMG_0217


 

1月下旬土曜日の正午頃にお伺いしました。

お店の外には5~6名ほどの行列ができていましたが回転が速いので5分ほどで購入できます。

前日に電話で予約をしてからお伺いしましたので、私の分は包んで準備してくださってました。

 

心がこもった接客もこのお店の魅力。作業の合間には3代目となるご主人もお客様へ「寒い中お越しくださいましてありがとうございます」と声をかけてくださいます。

だまっていても行列ができる繁盛店でありながらお客様へのホスピタリティを忘れないところが訪れる者を魅了してやまない理由の1つだと思われます。

 

■豆大福 

180円(2018年1月現在)

IMG_2133


 

小ぶりで可愛いサイズの丸いフォルムにたっぷりのえんどう豆が顔を出している可愛らしい姿の一品。

餅とり粉は多めに振られているので取り出す時にお気を付けください。

IMG_2150
 


お餅は薄めに仕立てられ、ほおばると良く伸び、口いっぱいにもち米の芳醇な香りが広がります。

こちらのお店では、ブランドもち米の『宮城産みやこがね』を使用し、全自動の製造機は使わず、100年前の創業時から変わらない臼と杵の機械で付いています。その日の天候や湿度を考慮して、水を足すのも手加減で行うこだわりようです。

IMG_2142


 

軽やかに伸びたお餅の後に広がるのは小豆の芳醇な香りと甘さ。

 

小豆は石狩産の小豆を6時間かけて仕上げたもの。水分が少なめの粒餡で上品な甘さの中に小豆の皮の食感が楽しめます。

 

そして味の要となる『赤えんどう豆』。こちらでは十勝産の赤えんどう豆を『煮ずに蒸す』ことで独特のホクッとした食感を作り出しています。

粒餡の甘さと赤えんどう豆の塩気が交互に、時には同時に感じられ得も言われぬ至福の味覚に誘います。

 

これは並んででも食べる価値のある素晴らしい逸品です。

 

関東では『豆大福』と呼ばれるこの品、発祥の地である関西では『豆餅』と呼ばれ『えんどう豆』以外の豆を使用したものに『黒豆大福』などその名が使われていることが多いです。

 

■草大福 

180円(2018年1月現在)

IMG_2134



よもぎを練りこんだ生地と多めに振られた餅とり粉が美しい一品。

『餡子』の甘みと『よもぎ』のほろ苦さがコンストラストをあやなし、舌の上で絶妙な味わいを奏でます。

よもぎのお餅はまるでクレープのように薄く仕立てられ、たっぷりの餡子と計算されたバランスで成り立っているのが伺えます。

 

■きび大福

180円(2018年1月現在)

IMG_2136



薄黄色の吉備餅の生地にたっぷりの餡子が包まれた一品。

食べ進めていくと不意に吉備のプチプチした食感が感じられ、これが絶妙なアクセントとなります。

 

 

『豆大福』は午前中で売り切れてしまうことが多いので、お電話にて予約をおススメします。

人気の『豆大福』以外にもこだわりの素材で作った『みたらし団子』などもオススメの和菓子店です。

IMG_2145



 

 

【松島屋 までのアクセス】

東京都港区高輪1-5-25 

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

地下鉄「泉岳寺駅」より徒歩5分

 

【営業時間】

9:30頃~18:00

 

【定休日】

日曜・月2回月曜不定休


ブログランキング・にほんブログ村へ
松島屋

関連ランキング:和菓子 | 泉岳寺駅白金高輪駅田町駅

//www.blogmura.com/ranking.html">にほんブログ村


IMG_2096

 

■1日2,000個以上売れる日本一の豆大福(豆餅)

京都の名店『出町ふたば』の『名代豆餅』。お店の前は常に行列ができ、日本一との呼び名も高いこの名品は1日2,000個から3,000個が売れるといいます。

創業は明治32年(1899年)。100年以上に渡り京都の人々に愛されてきた老舗の名店です。

 

関東では『豆大福』と呼ばれますが発祥の地である関西では『豆餅』と呼ばれ『えんどう豆』以外の豆を使用したものに『黒豆大福』などその名が使われていることが多いです。

IMG_2065




 

■飛行機で『豆大福』を運ぶ三越さん

京都に伺った際は必ず購入するこの名店の品を、今回は東京で購入させていただきました。

 

保存料などを使用していないため『賞味期限』が当日中である『出町ふたば』の『名代豆餅』を東京で購入できるチャンスは特別な催事を除き1か月に1日のみ。

 

毎月第3土曜日、京都の『出町ふたば』菓子工房で作られた、できたての『名代豆餅』を『三越』さんが、なんと航空便で東京まで取り寄せてくれるのです。

この日、15時から『日本橋三越本店 菓遊庵』『銀座三越本 菓遊庵』にて販売されるこの『名代豆餅』に、東京のみならず関東一円から『豆大福』ファンが押し寄せます。

 

■菓遊庵とは

菓遊庵は、三越が全国の銘菓を集めたお菓子のセレクトショップです。

 

その歴史は古く1950(昭和25)全国都道府県の老舗菓子店が「全国銘産菓子工業協同組合」を発足。その年、日本橋三越本店で「全国銘菓復興展示即売会」を開催したことに起源を持ちます。

 

全国各地の老舗の逸品や愛され続ける地元の味など『旅の思い出』や『地元』への思いを馳せ、全国各地の品々を東京で購入できる貴重なお店なのです。

 

■15時からの販売に13時からできる行列

『日本橋三越本店 菓遊庵』にて購入するのは下記の手順になります。

1.列に並び13時過ぎから配布される『数量カウント券』を受領します。
場所は本館地下1階C3『菓遊庵』行列は13時頃から。13時30分までには並びたいところです。そのまま14時まで並びます。

IMG_0185



2.『数量カウント券』と14時から配布される『整理券』を交換します。14時到着では数量に達し購入できないこともあるようです。

IMG_0189

3.整理券の受領後は15時まで自由行動

4.15時から16時までの間に場所を移しC8中央階段付近にて販売開始。急ぎの方は14時50分くらいから三越本店名所のアンモナイトの反対側の階段に並んでいきますが焦らなくても大丈夫です。

IMG_0193


 

【2018年1月20日土曜日の状況】

13:00 並び 約10名 数量把握用のカウント券が配布されます

13:30 並び 約40名

13:45 並び 約70名

14:00 並び 約90名 予約券が配布されます

 

 

■名代豆餅(5個入り) 

834円(2018年1月現在)

『日本橋三越本店 菓遊庵』では5個入りの販売となります。

IMG_2076


 

丸いフォルムにたっぷりのえんどう豆が顔を出している可愛らしい姿の一品。

餅とり粉の量は少な目ですが取り出す時にはお気を付けください。

IMG_2077


 

手に取った瞬間のきめ細やかな柔らかい感触がこちらの『豆餅』の特徴。

触れただけで一般的な『豆大福』との違いは明らかです。

 

一口頂くと口いっぱいに香る『もち米』の香り。少し厚めのお餅はよく伸び、とろけるほどの柔らかさです。噛みしめていくと小豆の芳醇な香りと甘さが押し寄せ、ふいに現れる赤えんどう豆の塩気と相まって最高の味わいを奏でます。

IMG_2082



少しだけ塩味のある餅と上質な甘さの濾し餡、ホクホクとしたえんどう豆のバランスが抜群ですが、このきめ細やかで香り高いお餅の食感が上品な漉し餡を引き立てています。

IMG_2093


 

こちらのお餅は、滋賀羽二重もち米の新米をを炊き上げ、2度に分けて機械でついているそうです。2度丹念につくで、きめ細やかなモチモチの生地が完成します。

 

また、北海道・十勝産の小豆は炊き上げた後、丹念に皮を除去することで、餅に負けない『なめらか』で『しっとり』とした食感の漉し餡に仕上げています。しっかりとした甘みですがしつこさは全く感じさせない上品さ。

IMG_2096


 

そして赤えんどう豆は北海道の美瑛や富良野の契約農家から仕入れたもの。その中から適した豆だけを選別するというこだわりようです。

 

そうした、こだわりの素材の風味を損なわないよう手早くあんを詰めていくのが、1日2000個を作り上げる熟練の職人さんの技なのです。

 

これは並んででも食べる価値のある素晴らしい逸品です。

 

 

■招福だんご

371円(2018年1月現在)

IMG_2074



甘く味付けされたお餅はもっちりとした柔らかさ。上品な甘さの味付けが施されています。

 

 

100年以上愛されてきた、京都が誇る伝統の和菓子は、こだわりの素材と熟練の職人が織りなす芸術品ともいえる逸品です。

 

また、航空便を使い価格は据え置き、行列整理のための人員配置などで、儲けどころか大幅な赤字のはずですが、それでもお客様のために美味しいお菓子を提供したいという三越さんのプロとしての気概やホスピタリティにも感動するものがあります。

 

【出町ふたば までのアクセス】

京都市上京区出町通今出川上る青竜町236

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

京阪「出町柳駅」から徒歩約5分

市バス・京都バス「河原町今出川」バス停から徒歩2分

京都駅から市バス205系統「葵橋西詰」バス停すぐ

 

【営業時間】

 8:3017:30

 

【定休日】

火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)*お正月休みは長め

 

 

【菓遊庵 日本橋三越本店  までのアクセス】

東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店 本館 B1F

 

【駐車場】

有 提携Pも複数有り  

 

【電車の場合】

地下鉄「三越前駅」

 

【営業時間】

 10:0019:00

 

【定休日】

日本橋三越に準ずる

 

【公式HPなど】

http://www.mitsukoshi.co.jp/store/kayuan/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連ランキング:和菓子 | 出町柳駅今出川駅

IMG_1974

 原宿の和菓子店

『神宮前交差点』から表参道駅方面へ向かい『キディランド』の手前で右折します。

キャットストリートの1本隣の細い路地を進んでいくと『東京三大豆大福』の一つである瑞穂があります。

IMG_0176


 

白銀高輪の松島屋、護国寺の群林堂と並ぶ『東京三大豆大福』の一つである瑞穂は1981年に創業され原宿で愛され続ける名店です。

 

お店の看板は何と言っても『豆大福』。虎ノ門の老舗和菓子屋「岡埜榮泉」で修業した主人が毎日8時間かけて仕込む『漉し餡』が魅力の品です。

豆大福は人気の為早い日は午前中に、通常でも午後の早い時間には売り切れてしまいますのでご注意ください。

 

1月中旬土曜日の正午頃にお伺いしました。

お客様は絶え間なくいらっしゃいますが、この日は待ち時間なしで購入できました。


もち米香る 

■豆大福 

238円(2018年1月現在)

IMG_1938


丸いフォルムにたっぷりのえんどう豆が顔を出している愛らしい姿の一品。

餅とり粉の量は普通程度ですが取り出す時にはお気を付けください。

 

手に取った瞬間のずっしりとした感触がこちらの豆大福の特徴。

 

一口頂くと口いっぱいに香る『もち米』の香り。少し厚めのお餅はよく伸び、小豆の芳醇な香りと甘さが押し寄せ、赤えんどう豆の塩気が後押しをします。

餅と餡子、えんどう豆のバランスが抜群ですが、この美味しい餅の香りと食感が上品な漉し餡を引き立てています。

IMG_1965


 

こちらのお餅は、宮城県産のブランドもち米『みやこがね』を炊き上げ『国産のみかげ石とけやきの木でできた杵』で突いたものです。

これら道具を用いることで繊細な温度管理が可能となり美味しい餅に仕上がるそうです。

 

小豆は漉し餡で餅に負けないしっかりとした甘みですがしつこさは全く感じません。その断面は美しく紫がかっておりまるでアメジストの断面図のようです。

IMG_1974


そして噛みしめていくと北海道富良野産の赤えんどう豆のホクッとした食感と塩気が次々に広がっていき、得も言われぬ至福の味覚に誘います。

 

これは並んででも食べる価値のある素晴らしい逸品です。

 

関東では『豆大福』と呼ばれますが発祥の地である関西では『豆餅』と呼ばれ『えんどう豆』以外の豆を使用したものに『黒豆大福』などその名が使われていることが多いです。

 

最中は粒あん 

■瑞穂最中

151円(2018年1月現在)

IMG_1945


黄金色の鮮やかな焦がし皮に小豆の黒と色合いも風情溢れる一品。このお店のもう1つの名物です。

 

甘くしっとり仕立て上げられた水飴タイプの粒餡は北海道産の大納言を1日がかりで炊き上げたもので、重厚な甘さが香ばしい皮とよく合います。

IMG_1980

フランスの女優もお忍びで来店した魅惑の豆大福。『東京三大豆大福』と称されるその味わいはお土産にも喜ばれるおススメの名品です。

 

 

【瑞穂(みずほ)までのアクセス】

東京都渋谷区神宮前6-8-7

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

地下鉄『明治神宮前駅』から徒歩約5分

地下鉄『表参道駅』から徒歩約8分

JR『原宿駅』から徒歩約12分

 

【営業時間】

8:30 (売り切れ次第) 

予約は前日までなら1個から可能ですが、引き取りは14時まで。

 

【定休日】

日曜、お盆、年末年始など



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連ランキング:和菓子 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

IMG_1748


護国寺駅5番出口を出てすぐ左手に「東京三大豆大福」の一つである群林堂があります。

白銀高輪の松島屋、原宿の瑞穂と並ぶ東京三大豆大福の一つである群林堂は創業は1916年という老舗で文豪達も愛したと伝えられる名店です。

お店の看板は何と言っても『豆大福』。初代主人が産み出した味を二代目主人が頑なに守っています。

豆大福は人気の為早い日は午前中に、通常でも午後の早い時間には売り切れてしまいますのでご注意ください。

InkedIMG_0112_LI

12月下旬土曜日の正午頃にお伺いしました。
お店の外には10名ほどの行列。回転が速いので78分ほど並んだところで入店できました。

関東では『豆大福』と呼ばれますが発祥の地である関西では『豆餅』と呼ばれ『えんどう豆』以外の豆を使用したものに『黒豆大福』 などその名が使われていることが多いです。

そして、このお店では逆に『豆大福』意外にも三角形の『豆餅』という商品が存在するので注文の際に注意しましょう。

■豆大福 
180
円(201712月現在)
IMG_1739

丸いフォルムにたっぷりのえんどう豆が顔を出している愛らしい姿の一品。
餅とり粉は多めに振られているので取り出す時にお気を付けください。

手に取った瞬間に感じるお餅の柔らかさ。まさにフワフワの感触です。
フワフワと赤えんどう豆のゴツゴツが気持ちよく『ずっと持っていたい』気持ちになってしまうほど。
IMG_1756

一口頂くと軽やかに伸びるお餅、すぐに口いっぱいに小豆の芳醇な香りと甘さが広がります。

小豆は程よい粒餡で上品な甘さの中に小豆の皮の食感が楽しめるタイプ。


そして噛みしめていくと赤えんどう豆のホクッとした食感と塩気が次々に広がっていき、粒餡の甘さと塩気が交互に、時には同時に感じられ得も言われぬ至福の味覚に誘います。
IMG_1765

赤えんどう豆はたっぷり含まれ、しっかりした食感ですが固すぎず塩気も絶妙な加減です。

こちらのお店では北海道富良野産の赤えんどう豆や十勝産の小豆など厳選した素材を使っているそうです。

■かのこ
190
円(201712月現在)
IMG_1735

餡玉の周囲を甘くしっとり仕立て上げられた大納言が彩る美しき一品。テクスチャーの異なる小豆が織りなす複雑な甘さと香りを楽しめます。

■栗蒸し羊羹
190
円(201712月現在)
IMG_1737

黄色が鮮やかな栗の甘露煮に羊羹の黒と色合いも風情溢れる一品。
やや甘さが抑えられた羊羹に甘い栗のバランスが絶妙です。


文豪たちも愛した豆大福は、さすが『東京三大豆大福』と称される味わい。お土産にも喜ばれるおススメの品です。


【群林堂 までのアクセス】
東京都文京区音羽2-1-2

【駐車場】

無  

【電車の場合】
地下鉄「護国寺駅」5番出口から徒歩約1

【営業時間】
9:30
17:00 

【定休日】
日曜、月曜



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連ランキング:和菓子 | 護国寺駅茗荷谷駅新大塚駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ