ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

タグ:戸隠グルメ

IMG_05171


日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。
その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れる人気のスポットです。
IMG_05471


そんな歴史ある神社の周辺には、蕎麦の名産地の例にもれず、蕎麦の名店がいくつも存在します。このお店もその一つ。
IMG_044211



食べログそば100名店にも選出されている名店なのです

9月下旬に取得した遅めの夏季休暇。避暑地に滞在していたこの日は朝食をいただいた後に出発。満開に咲く蕎麦の花畑を見ながら雲一つない秋晴れの空のもとをドライブし戸隠に伺いました。
3日連続で昼食を戸隠の蕎麦という蕎麦好きの私にはたまらない贅沢に気分も盛り上がります。


土日祝日は大変込み合いますが、9月下旬、紅葉シーズンにも新蕎麦シーズンにも若干早い平日でしたので10時頃の到着でも1枚目の記帳5組目でした。
IMG_0465


北海道など早い地域では8月下旬から迎える新蕎麦ですが、ここ信州では秋新は10月下旬から11月上旬となり新蕎麦のお祭りなどもその時期に開催されるのです。

10時30分開店(繁忙期は10時開店)ですが、早朝から店頭に記帳台が出ており、記帳後は開店時間まで自由に散策ができます。
IMG_044711


とても人気のあるお店で紅葉シーズンや新蕎麦シーズンの休日は大変込み合い23時間待ちとなりますので記帳した後に戸隠神社などを散策するとよろしでしょう。

私が今までお伺いした限りでは繁忙期以外の平日や土日は開店1時間前の到着で1順目に間にあいましたが時宜によるかと思います。

IMG_0449



蕎麦処長野を代表する名店で、こちらのお店も長野市に住んでいた頃には新蕎麦のシーズンも含めて頻繁にお伺いしており、毎年通うお気に入りのお店。お伺いするのも二十回以上となりました。

お店の場所は戸隠神社中社の大鳥居のすぐ向かい、樹齢800年を超えるご神木の隣に存在します。
IMG_04601



記帳していると店主が「おはようございます、早い時間からありがとうございます」と挨拶をしてくださいました。

開店までまだ時間がありましたので、しばらく中社などを散策した後にお店に戻ります。
IMG_0456


開店時間になると恒例なのが店主のご挨拶
記帳の1~2ページ目のお客様たちの前で「来店してくださった感謝」と「お蕎麦の提供方法」などについてお話しくださいます。その後1人1人丁寧にご案内が始まります。


他の職人さんやスタッフの皆様の笑顔あふれる丁寧な応対も素晴らしいものがあります。
IMG_047311


黙っていても行列ができる人気店でありながらこうしたお客様へのホスピタリティを忘れないところが、伺う者を魅了してやまない理由の一つだと思われます。

店内は1階と2階に席があり、お席はテーブル席やお座敷席と70席の広々とした空間。グループや家族にお1人でも過ごしやすい空間で、わたしがお伺いした際にもお1人で来店されているお客様が複数おりました。

大きな窓からはご神木が眺められ、戸隠の季節と自然を垣間見ることができ、店内の雰囲気と相まって外の時間とは隔絶されたゆったりと流れる時間を楽しめます。
IMG_04741


お席に着くとお茶と”漬物”を出してくださいます。この季節はきゅりのお漬物でした。これがまた絶品で思わずご飯がほしくなります。


【天ざるそば】 
1,800円(2017年9月現在)
IMG_0487


お蕎麦の提供前に薬味である”ねぎ”と”大根おろし”と”わさび”がご用意されます。
IMG_0472


豪華なことにわさびは1本出てきますので自分でおろし金を使ってすりおろします。

わさびは先端が粘り気の少ないざらざらした部分なのですが、さすがこのお店では黒くて固い先端はカットされています。

わさびの美味しさのポイントは”粘り”と”きめ細やかさ”です。
IMG_0469


これはわさびの細胞が壊れることで辛味成分が生成されるからです。

お寿司屋さんが包丁の背でわさびを叩くのも粘り気を出して風味を増すためです。

力を入れると”キメ”が荒くなり”粘り気”も落ちてしまいますので力を入れずに細かく”の”の字を描くように優しくすりおろしてください。

IMG_0477


そしてお蕎麦が届くまでに少しつゆの濃さと風味を楽しみます。節の風味が強く甘くて濃い信州特有の美味しいつゆにテンションも上がります。

そしてお蕎麦が到着。つやつやと輝く瑞々しいお蕎麦は美しくアートさえ感じさせます。
IMG_0480


麺類は総じて提供されてからの時間が勝負ですが、特に秒単位で乾燥し風味が飛んでしまうのがお蕎麦の宿命。

香りが良いうちに23本まずは何もつけずにそのままいただいてほかの蕎麦屋との違いを確かめるのも楽しみの1つです。

ツルツルとしたのど越しの良さはもちろん口中にふわりと香る蕎麦の香りは最高、ほんのりとした甘みを感じさせるお蕎麦は、新蕎麦のシーズンに頂いた蕎麦となんら変わらぬ素晴らしい風味です。
IMG_0478


こちらでは新そばが成熟して最も美味しくなる真冬の厳寒期に石臼で製粉し、マイナス二十度の冷凍庫で保存することで”糖化”した蕎麦の旨みを閉じ込めているそうです。

次は先ほどすりおろしたわさびを箸でつまんでそのまま蕎麦をつかみの下のほう8分の1くらいに”蕎麦つゆ”をつけて一気にすすります。蕎麦の香りとつゆの風味が混然一体となって最高の味わいです。

戸隠蕎麦の特徴である瑞々しい繊細な蕎麦は美しく均一に揃っていて”ノシの精度”と”切り”への姿勢が伝わります。

【ぼっち盛りについて】
ところで写真をご覧になっていただくと独特な盛り付け方に気づくかと思います。
IMG_0479

これは、戸隠そばの特徴である「ぼっち盛り」という盛り付け方です。

綺麗な盛り付けで見た目にも鮮やかです。

「ぼっち盛り」とは、切った蕎麦を一口ぐらいの量ごとに束ね
5~6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方です。

この盛り方は、戸隠のそばきりの歴史と深い関わりがあると考えられています。

ぼっちに盛り分けるためには、切れたり折れたりしたそばではうまくいきません。

不揃いなそばは、盛り分ける途中ではずされます。見目も味もよいそばだけが、ざるに盛られて供されます。

ぼっち盛りは
戸隠そばが「神様へのお供え」や、「高貴な方へのおもてなし料理」として地域に定着してきたことを物語っているのです。

【天ぷら】
しそ、海老、茄子、さつまいも、舞茸の5種です。茄子はちゃせん仕立てで揚げられており見た目も鮮やか。香ばしいごま油の香りが漂う美味しい天ぷらです。
IMG_0486


天つゆのお皿がついてきますので、そばつゆを油で風味を変えずにいただくことができるのもうれしい配慮です。

そば湯
そば湯にはルチンという成分が含まれており、高血圧や動脈硬化に効能があり、抗酸化作用もあると知られています。
身体も温まり出汁の新たな風味にも導かれますのでぜひ、残ったそばつゆを割って味わってください。

【うずら家メニュー】(2017年9月現在)
IMG_0470

IMG_0471


こだわりのお蕎麦は絶品!お店の雰囲気も最高!戸隠神社の参拝に訪れたらぜひ立ち寄りたいオススメの名店です!

【戸隠神社・うずら家までのアクセス】


お車の場合


上信越自動車道「長野IC」より
1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より
30分。

【駐車場】
近隣に有料駐車場も有り
IMG_04521


【電車の場合】
電車をご利用の方はJR長野駅で下車
路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

うずら家そば(蕎麦) / 長野市その他)
昼総合点★★★★★ 5.0

関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野市その他

IMG_0291



日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。

その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。

IMG_05171


長野市街からは車で1時間ほど、北陸新幹線長野駅からはバスも運行しているなどアクセスも抜群です
IMG_05471

戸隠神社 奥社

そんな歴史ある神社の周辺には、蕎麦の名産地の例にもれず、お蕎麦の名店がいくつも存在します。

このお店もその一つで食べログそば百名店2017に選ばれている実力店なのです

 

お店の場所は中社の隣にある”うずら家”や奥社へ向かう道沿いにある”そばの実”と異なり、少し入り組んだ場所にあります。

戸隠神社”中社”から”奥社”へ向かうと”森林植物園”の看板が見えてきます。

IMG_05011



そのすぐ先の”越水ヶ原”の看板を右折し進んでいくと趣のある建物が見えてきます。
IMG_04911



お店に駐車場もありますが、ご覧のように車が1台分の道幅ですれ違うことができない細い道ですので、中社付近の駐車場(有料は1500円)から徒歩が良いでしょう。
IMG_02711


森林のマイナスイオンを吸いながら10分~15分くらいです。


長野市に住んでいた頃には、新蕎麦のシーズンも含めて頻繁にお伺いしておりましたので、お伺いするのは十数回目ほどとなります

今回は満開に咲く蕎麦の花畑を見ながら、9月中旬の平日11時頃にお伺いしました。
IMG_0270


紅葉シーズンにも新蕎麦シーズンにも若干早いのでわたくし以外にはまだ1組です。

人気店なので休日には行列ができるほどお客様がいらっしゃいます。

店内に記帳台がございますので並ぶ際はご記帳してから並ぶようご注意ください。
IMG_0285



店内に入るとまず、靴を脱いでスリッパに履き替えます。雪の多いこの地域のお店によくあるのですが


・板張りの床は溶けた雪で滑りやすいので滑らないように
・冷たくなった靴を脱いで温まってもらうため


といったおもてなしの意味合いが込められています。

IMG_0284



民芸品などが飾られたお店の奥にはいろりを囲んだお座席もあり、まさに古民家といった趣きで雰囲気は抜群です。かすかに聞こえてくるJAZZの音色がモダンな風情も醸し出しています。
IMG_0306


お席に着くと出してくださるのがお茶と”そばかりんとう”
ほんのりとした甘さのかりんとうは香りもよく美味しいです。
IMG_0286


メニューが豊富なので迷うところですが、今回は"野菜天ざる"と"そばだんご"をいただくことにします

【野菜天ざる】 
1,480円(2017年9月現在)
透き通るような瑞々しさ、繊細ながらも均一に切られた蕎麦からは”ノシの精度”と切りへの姿勢が伝わってきます。素晴らしい蕎麦です。
IMG_0288



野菜のてんぷらの美しさも目を引きます。
にんじん、ししとう、おくら、茄子、さつまいも、赤ピーマン、いんげん、かぼちゃ等もりだくさん。緑に黄色・オレンジ・赤・紫と彩り鮮やかな天ぷらはまるで"戸隠の紅葉と夕暮れ"を表わしているかのように美しく芸術的です。
IMG_0292


ふとよく見ると蕎麦の中央に”幸せの結び目”ができています。
IMG_0290


これは縁起が良いです。

秒単位で乾燥し風味が飛んでしまうのがお蕎麦の宿命。香りが良いうちに23本そのままいただきます。

つるっとしたのど越しにふわりと香る蕎麦の香り、新蕎麦のシーズンに頂いた蕎麦となんら変わらぬ素晴らしい風味です。


こちらのお店の薬味はねぎと大根おろし。わさびはありません。

天つゆのお皿もないので天ぷらの油が移らないように数滴上からたらします。天ぷらもさくさくで美味しい。

写真を御覧になっていただくと
独特な盛り付け方に気づくかと思います。
IMG_0299


これは、戸隠そばの特徴である「ぼっち盛り」という盛り付け方です。

綺麗な盛り付けで見た目にも鮮やかです。

「ぼっち盛り」とは、切った蕎麦を一口ぐらいの量ごとに束ね
5~6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方です。

この盛り方は、戸隠のそばきりの歴史と深い関わりがあると考えられています。
IMG_0293


ぼっちに盛り分けるためには、切れたり折れたりしたそばではうまくいきません。

不揃いなそばは、盛り分ける途中ではずされます。見目も味もよいそばだけが、ざるに盛られて供されます。

ぼっち盛りは
戸隠そばが「神様へのお供え」や、「高貴な方へのおもてなし料理」として地域に定着してきたことを物語っているのです。


【そばだんご】

400円(2017年9月現在)


甘タレで味付けされたお団子は口に入れると蕎麦の香りが広がり最高のデザートです!

IMG_0300



パワースポット戸隠で美味しいお蕎麦をいただき、身も心もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

IMG_0273

そば茶屋極楽坊お品書き(2017年9月現在)
IMG_0279
IMG_0280
IMG_0278



 
戸隠神社 Togakushishrine

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

そば茶屋極楽坊そば(蕎麦) / 長野市その他)
昼総合点★★★★ 4.8

関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野市その他

スポンサードリンク

このページのトップヘ