ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

タグ:戸隠

IMG_0493


パワースポットとして人気の戸隠神社


小さなお子様とご一緒に楽しめる雄大な景色と楽しいスポットをまとめましたおすすめのコースは移動時間込みで約5時間です

 

 

 

所要時間

駐車場

みどりが池

60分

(奥社参道まで往復)

20台分

奥社 参道~随神門まで

60分

(往復)

100台分

忍者の里 チビッ子忍者村

60分~120分

 

80台

中社

(ちゅうしゃ)

20分

100台分

 

1.みどりが池
IMG_0551


まずは「みどりが池」に向かいましょう♪

戸隠神社中社を過ぎて奥社へ向かう途中の左手に戸隠森林植物園の看板が見えますので左折すると駐車場があります。

IMG_05571

 紅葉シーズンやお盆・GW以外の土日なら9時くらいまでは空いているいることが多いです。空いてなかったら奥社駐車場を利用しましょう。その場合コースは逆になります。

IMG_0556

駐車場から歩いて3分くらいで「八十二 森のまなびや」に着きます

入館料はなんと「どんぐり」なんですよ~

http://www.pref.nagano.lg.jp/nagachi/nagachi-rimmu/shokonorin/togakusisinrinsyokubutuen.html

入館料   どんぐり (入口で見つけてね)
開館時間
  午前930分~午後5
休館日    毎週月曜日

       (月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)

平成29年度は422日(土曜日)から 開館します

平成29年度は1130日(木曜日)をもって閉館とする予定です

 

そこから歩いて1分でみどりが池に到着します

IMG_0493


 

この日は幼稚園の園児たちが遠足に来ていました♪そのくらいのんびりした場所ですよ


 

光る水面がきれいな池です。

IMG_0550


 

9月~11月にはトンボが飛び回り

IMG_0584


ベンチに座っているとすぐ隣に止まってきますよ~




IMG_0568

 

遊歩道はウッドデッキで歩きやすいです

IMG_0496


マイナスイオンを吸いながら進んでいきましょう~

IMG_04951

 

途中綺麗な小川や

IMG_0497
 

 

野草が花を咲かせています。

IMG_0499
 

ゆっくり歩いて15分ほどで奥社の大鳥居に着きます

IMG_0500


 

2.奥社・随神門

道のりはこの大鳥居から始まります。

IMG_05021




戸隠神社の奥社へ続く大鳥居の付近には、奥社参拝用の駐車場が用意されており、こちらも中社と同じく無料駐車場と有料駐車場があります。

ここから随神門まで約1kmありますのでゆっくり散策しながら歩いて片道20分から~30分くらいの道のりとなります。


大鳥居からは整備された参道を歩いていきます。

IMG_05071


 

野鳥のさえずりが響く木々に包まれ、両脇には小川が流れています。

IMG_05081
 

 

歩き続けると前方にうっすらと赤い建物が見えてきます。

IMG_0511





この建物が随神門(ずいしんもん・ずいじんもん)です。

建物の藁葺き屋根には植物の緑が色づき、なんとも趣のある佇まいです。

IMG_05471



そしてこの随神門をくぐると景色と雰囲気が一変します。

IMG_05171
 

 

 

高さ30m以上、樹齢400年を越える巨大な杉の並木が両側を守るように包み込んでいます。

 

この日は雲一つない快晴でしたが木々に囲まれ薄暗くひんやりとしています。この空気が参道の神聖さと神秘性を作り出しています。

 

まるで「千と千尋の神隠し」の門をくぐってしまったかのように世界が変わるのを肌で感じ取ることができるでしょう。

しかし、映画と違い、今感じているのはまさにプラスのパワーなのです

 

 

神話のころ、天手力雄命が飛ばした「天岩戸」で出来たのが、戸隠山でありその山麓に広がったのが「戸隠神社」と言い伝えられています。

 

・靴について

スニーカーやトレッキングシューズなど歩きやすい靴で向かいましょう

 

・あるとよいもの

タオルや水分補給のペットボトルや水筒を用意しましょう。

 

・マナー

参道の中央は神様の通り道になるので、左右どちらかに寄って歩きます。すれ違う時などどうしても横切らなくてはいけない場合は「渡ります」と浅く一礼をします。

鳥居は端に立ち一礼をしてからくぐります。足は参道の外側になる足から踏み入れましょう。

 

小さなお子様連れでしたらこちらで次の目的地に向かいます。

奥社まで参拝したい場合はこちら

 

帰り道はこの看板で左手に向かいます。右でも帰れますが遠回りになりますよ~

IMG_05491
 

 

3.【忍者の里 チビッ子忍者村】

お次は忍者になって楽しみましょう♪
場所は戸隠森林植物園・奥社駐車場から車で3分ほど

入場料が500円とリーズナブルなこの施設。(有料アトラクションもあります)
忍者服のレンタルで忍者になりきったり、迫力の忍者ショーを楽しんだりできます。

かわいい忍者のソフトクリームやスィーツ、軽食もいただけます。

お土産屋さんの手裏剣のレプリカは必見です。

 

http://www.ninjamura.com/

●営業時間

9:00~17:00 (最終入場は1630です)

●定休日

  • 毎週木曜日 但し夏休み期間は無休です。
  • 冬期間休業(11月下旬から4月下旬)

●駐車場

無料駐車場80台

●キッズルーム 

0歳~4歳までのお子様が利用できるキッズルームがございます。ベビーベットもありますのでおむつ交換などにご利用下さい。

 

4.中社(ちゅうしゃ)

戸隠に来たら必ず参拝したいのが中社です。

IMG_0307


 

大鳥居の周辺には樹齢800年を超えるご神木があります。

 

手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)で清めます

IMG_0313



 

拝殿です

IMG_0310


 

拝殿の横にはパワースポットの滝があります

IMG_0311


 

 

 

小さなお子様と一緒に楽しめる戸隠神社周辺スポットとオススメコースを紹介いたしました♪

 

景色も食べ物も美味しいおススメのパワースポットですよ

 

お時間があればこちらもおすすめです


・宝光社 
中社から車で5分ほど。距離1.5km

女性や子供の守り神である天表春命(あめのうわはるのみこと)が御祭神の神社です。


・戸隠蕎麦

うずら家そばの実そば茶屋極楽坊など名店が揃っています

IMG_0288



 

・小布施

戸隠神社から車で1時間ほど。栗の郷には様々な栗料理がそろっています。
栗料理 小布施堂本店福栗焼き
スィーツ ロントメロンパン

IMG_0358


 

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

IMG_0397


日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。
その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

そんな歴史ある神社の周辺には、蕎麦の名産地の例にもれず、蕎麦の名店がいくつも存在します。このお店もその一つ。

食べログそば百名店2017にも選出されている名店なのです

お店の場所は中社から奥社へ向かう道沿いの左手にあります。

信州の避暑地に滞在していたこの日は早朝に小布施に向かい小布施堂本店朱雀をいただいたあと、雲一つない快晴の空のもとドライブ。小布施からは車で1時間ほど、満開に咲く蕎麦の花畑を見ながら11時30分頃にお伺いしました。

IMG_04121



土日祝日は大変込み合いますので開店30分前より早い到着をオススメします。

 

この日は9月下旬、紅葉シーズンにも新蕎麦シーズンにも若干早い平日でしたので駐車場も空いており、待ちなしで案内いただけました。


長野市に住んでいた頃には、会社の方やお取引先の方々、家族や友人達と新蕎麦のシーズンも含めて頻繁にお伺いしておりましたので、こちらのお店もお伺いするのは十数回目ほどとなります

IMG_0409




店内に入るとすぐに客席が広がり、左手にはカウンターとお蕎麦の関連商品を販売しているお土産コーナーがあります。

お席はテーブル席やお座敷席に1人でいただけるカウンター型のお席もあり53席と広々とした空間。お席とお席の間がとても広いのでゆったりとくつろいで過ごせるような作りになっています。

IMG_03831


 

お年寄りからお子様、グループでもお1人でも過ごしやすい空間で、わたしがお伺いした際にもお1人で来店されているお客様が複数おりました。

古民家をイメージする古木を基調とした店内は、アンティークな民芸品や時計などが随所に彩られており、落ち着いた雰囲気の中に不思議と温かみを感じます。

IMG_0410



店内を囲む大きなガラス窓はどの席からも戸隠の季節と自然を垣間見ることができ、店内の雰囲気と相まって外の時間とは隔絶されたゆったりと流れる時間を楽しめます。
IMG_04081



スタッフの皆様の笑顔ある丁寧な応対も素晴らしいです。
IMG_0384


今回は色々なつゆが楽しめるそば三昧天ぷら五品をいただきました。


【そば三昧】 
1,300円(2017年9月現在)
こちらのメニューは”ざるつゆ”に”信州産長芋のとろろ””信州産鬼クルミ汁”と3種類の味わいでお蕎麦を楽しむことができる、まさに”そば三昧”な一品です。

IMG_0404



薬味はねぎと大根おろしとわさびがご用意されます。

 

麺類は総じて提供されてからの時間が勝負ですが、特に秒単位で乾燥し風味が飛んでしまうのがお蕎麦の宿命。

香りが良いうちに23本まずは何もつけずにそのままいただきます。ツルツルとしたのど越しの良さはもちろん口中にふわりと香る蕎麦の香りは最高、甘みも感じられるいい蕎麦です。新蕎麦のシーズンに頂いた蕎麦となんら変わらぬ素晴らしい風味です。

少しつゆの濃さと風味を楽しんでみると、節の風味が強めで甘くて濃い口の信州特有の美味しいつゆ。テンションも上がります。

わさびを箸に少しつけて蕎麦を持ち上げたら、蕎麦の下のほう8分の1くらいに”蕎麦つゆ”をつけて一気にすすります。蕎麦の香りと節のコクにわさびの風味が混然一体となって最高の味わいを奏でます!これが蕎麦のだいご味です。

IMG_0406



戸隠蕎麦の特徴である瑞々しく繊細な蕎麦は美しく均一に揃っていてノシの精度”と切りへの姿勢が伝わります。

次にクルミ汁でいただきます。こちらのお店のクルミ汁は野趣あふれるワイルドな味わい。そのままつけてクルミの風味をダイレクトにいただくのもよし、つゆを少し混ぜて甘みを増していただくのもまたよしです。


最後に頂いたとろろはもちろん蕎麦との相性抜群です。三種類どのつゆで食べようか迷っていると、気付いた頃には食べ終わってしまうほど美味しかったですよ♪

IMG_0401


 

【ぼっち盛りについて】

ところで写真を御覧になっていただくと独特な盛り付け方に気づくかと思います。

IMG_0399




 

これは、戸隠そばの特徴である「ぼっち盛り」という盛り付け方です。

綺麗な盛り付けで見た目にも鮮やかです。

「ぼっち盛り」とは、切った蕎麦を一口ぐらいの量ごとに束ね
5~6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方です。

この盛り方は、戸隠のそばきりの歴史と深い関わりがあると考えられています。


ぼっちに盛り分けるためには、切れたり折れたりしたそばではうまくいきません。

不揃いなそばは、盛り分ける途中ではずされます。見目も味もよいそばだけが、ざるに盛られて供されます。

ぼっち盛りは
戸隠そばが「神様へのお供え」や、「高貴な方へのおもてなし料理」として地域に定着してきたことを物語っているのです。


【天ぷら 5品】

880円(2017年9月現在)
天然エビと旬の野菜のてんぷら。
エビ、茄子、さつまいも、ピーマン、かぼちゃ等もりだくさん。

IMG_0395



天ぷらにはお塩がついてきます。そばつゆの出汁が天ぷらの油で風味が変わらないようにとの配慮もあります。

茄子は近隣のそばの名店うずら家と同じく、茶せんなすで仕上げており、これがまたジューシーで美味しい。茄子の旨みがあふれ出します。


自分はお塩より天つゆ派なので、天ぷらの油が移らないように数滴天ぷらの上からたらします。

甘味物のメニューも充実しており、そばアイス蕎麦チーズケーキそしてもちろんそばだんごも選べます。

【そばの実のmenu】
(2017年9月現在)

IMG_0385
IMG_0387
IMG_0386
IMG_0388


 

風情ある店内で戸隠の季節を感じながら絶品のお蕎麦がいただけるおススメの名店です!
戸隠神社に参拝した後にぜひいかがでしょうか?



【戸隠神社・そばの実までのアクセス

お車の場合

上信越自動車道「長野IC」より
1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より
30分。

【駐車場】
30台分

【電車の場合】
電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通

長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

そばの実は”鏡池入口”で下車


そばの実そば(蕎麦) / 長野市その他)
昼総合点★★★★ 4.9

関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野市その他

IMG_0291



日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。

その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。

IMG_05171


長野市街からは車で1時間ほど、北陸新幹線長野駅からはバスも運行しているなどアクセスも抜群です
IMG_05471

戸隠神社 奥社

そんな歴史ある神社の周辺には、蕎麦の名産地の例にもれず、お蕎麦の名店がいくつも存在します。

このお店もその一つで食べログそば百名店2017に選ばれている実力店なのです

 

お店の場所は中社の隣にある”うずら家”や奥社へ向かう道沿いにある”そばの実”と異なり、少し入り組んだ場所にあります。

戸隠神社”中社”から”奥社”へ向かうと”森林植物園”の看板が見えてきます。

IMG_05011



そのすぐ先の”越水ヶ原”の看板を右折し進んでいくと趣のある建物が見えてきます。
IMG_04911



お店に駐車場もありますが、ご覧のように車が1台分の道幅ですれ違うことができない細い道ですので、中社付近の駐車場(有料は1500円)から徒歩が良いでしょう。
IMG_02711


森林のマイナスイオンを吸いながら10分~15分くらいです。


長野市に住んでいた頃には、新蕎麦のシーズンも含めて頻繁にお伺いしておりましたので、お伺いするのは十数回目ほどとなります

今回は満開に咲く蕎麦の花畑を見ながら、9月中旬の平日11時頃にお伺いしました。
IMG_0270


紅葉シーズンにも新蕎麦シーズンにも若干早いのでわたくし以外にはまだ1組です。

人気店なので休日には行列ができるほどお客様がいらっしゃいます。

店内に記帳台がございますので並ぶ際はご記帳してから並ぶようご注意ください。
IMG_0285



店内に入るとまず、靴を脱いでスリッパに履き替えます。雪の多いこの地域のお店によくあるのですが


・板張りの床は溶けた雪で滑りやすいので滑らないように
・冷たくなった靴を脱いで温まってもらうため


といったおもてなしの意味合いが込められています。

IMG_0284



民芸品などが飾られたお店の奥にはいろりを囲んだお座席もあり、まさに古民家といった趣きで雰囲気は抜群です。かすかに聞こえてくるJAZZの音色がモダンな風情も醸し出しています。
IMG_0306


お席に着くと出してくださるのがお茶と”そばかりんとう”
ほんのりとした甘さのかりんとうは香りもよく美味しいです。
IMG_0286


メニューが豊富なので迷うところですが、今回は"野菜天ざる"と"そばだんご"をいただくことにします

【野菜天ざる】 
1,480円(2017年9月現在)
透き通るような瑞々しさ、繊細ながらも均一に切られた蕎麦からは”ノシの精度”と切りへの姿勢が伝わってきます。素晴らしい蕎麦です。
IMG_0288



野菜のてんぷらの美しさも目を引きます。
にんじん、ししとう、おくら、茄子、さつまいも、赤ピーマン、いんげん、かぼちゃ等もりだくさん。緑に黄色・オレンジ・赤・紫と彩り鮮やかな天ぷらはまるで"戸隠の紅葉と夕暮れ"を表わしているかのように美しく芸術的です。
IMG_0292


ふとよく見ると蕎麦の中央に”幸せの結び目”ができています。
IMG_0290


これは縁起が良いです。

秒単位で乾燥し風味が飛んでしまうのがお蕎麦の宿命。香りが良いうちに23本そのままいただきます。

つるっとしたのど越しにふわりと香る蕎麦の香り、新蕎麦のシーズンに頂いた蕎麦となんら変わらぬ素晴らしい風味です。


こちらのお店の薬味はねぎと大根おろし。わさびはありません。

天つゆのお皿もないので天ぷらの油が移らないように数滴上からたらします。天ぷらもさくさくで美味しい。

写真を御覧になっていただくと
独特な盛り付け方に気づくかと思います。
IMG_0299


これは、戸隠そばの特徴である「ぼっち盛り」という盛り付け方です。

綺麗な盛り付けで見た目にも鮮やかです。

「ぼっち盛り」とは、切った蕎麦を一口ぐらいの量ごとに束ね
5~6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方です。

この盛り方は、戸隠のそばきりの歴史と深い関わりがあると考えられています。
IMG_0293


ぼっちに盛り分けるためには、切れたり折れたりしたそばではうまくいきません。

不揃いなそばは、盛り分ける途中ではずされます。見目も味もよいそばだけが、ざるに盛られて供されます。

ぼっち盛りは
戸隠そばが「神様へのお供え」や、「高貴な方へのおもてなし料理」として地域に定着してきたことを物語っているのです。


【そばだんご】

400円(2017年9月現在)


甘タレで味付けされたお団子は口に入れると蕎麦の香りが広がり最高のデザートです!

IMG_0300



パワースポット戸隠で美味しいお蕎麦をいただき、身も心もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

IMG_0273

そば茶屋極楽坊お品書き(2017年9月現在)
IMG_0279
IMG_0280
IMG_0278



 
戸隠神社 Togakushishrine

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

そば茶屋極楽坊そば(蕎麦) / 長野市その他)
昼総合点★★★★ 4.8

関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野市その他

IMG_05171

 

戸隠に来たらぜひ参拝したい、戸隠神社最大のパワースポットである奥社


一歩足を踏み入れると誰もがその神秘的な風景に圧倒されます。

 

その奥社への道のりはこの大鳥居から始まります。

IMG_05021




戸隠神社の奥社へ続く大鳥居の付近には、奥社参拝用の駐車場が用意されており、こちらも中社と同じく無料駐車場と有料駐車場があります。

ここから奥社まで約2kmあり、途中から山道もありますのでゆっくり散策しながら歩いて片道45分から~60分くらいの道のりとなります。


大鳥居からは整備された参道を歩いていきます。

IMG_05071


 


野鳥のさえずりが響く木々に包まれ、両脇には小川が流れています。

IMG_05081


 

 

歩き続けると前方にうっすらと赤い建物が見えてきます。

IMG_0511




この建物が随神門(ずいしんもん・ずいじんもん)です。

IMG_0513




建物の藁葺き屋根には植物の緑が色づき、なんとも趣のある佇まいです。

IMG_05471



そしてこの随神門をくぐると景色と雰囲気が一変します。
IMG_05171


 

 

 

高さ30m以上、樹齢400年を越える巨大な杉の並木が両側を守るように包み込んでいます。

IMG_0520


 

この日は雲一つない快晴でしたが木々に囲まれ薄暗くひんやりとしています。この空気が参道の神聖さと神秘性を作り出しています。

 

まるで「千と千尋の神隠し」の門をくぐってしまったかのように世界が変わるのを肌で感じ取ることができるでしょう。

しかし、映画と違い、今感じているのはまさにプラスのパワーなのです

 

さあ、ここからがこの参道の後半です。


参道を進むとご神木も見られます。

IMG_05241



 

苔むした木々は芸術性すら感じさせます。

IMG_05251



 

そしてラスト15分間は軽い山登りとなります。

IMG_05271



無理せずに休みながら進みましょう。途中にお手洗いやベンチも用意されています。


右手に小さな滝が見えてきたらゴールです。

そして奥社の社務所(御朱印所)もこちらにあります。

IMG_05281


 

 

手水舎 こちらで清めます。

IMG_0531


 

まず左手には、梨が大好物、水を司る神様である九頭龍大神様を祭る九頭龍社があります。

IMG_05321



 

そして、その先に奥社

IMG_0535


 

神話のころ、天手力雄命が飛ばした「天岩戸」で出来たのが、戸隠山でありその山麓に広がったのが「戸隠神社」と言い伝えられています。

IMG_05381


 

【奥社に向かうために】

・お時間について

駐車場のある奥社の大鳥居から奥社までは往復1時間から1時間30分はかかります。探索や参拝、御朱印の受領や休憩などを入れるとさらに時間が必要ですので余裕をもってお伺いください。

 

・道について

大鳥居から随神門までは平たんな整備された道ですので、奥社まで簡単にたどり着けそうに感じますが、随神門から奥社まではかなりの険しい石段になります。

足や腰にお怪我などがある方や、小学校低学年以下のお子様などは道中のお時間や険しさを考慮し随神門までにするなど無理をされない配慮をしたほうが良いでしょう。

 

・靴について

革靴やヒールなどかかとの高い靴でたどり着くのは困難です。

スニーカーやトレッキングシューズなど歩きやすい靴で向かいましょう

 

・あるとよいもの

前述の通り後半の10分間は険しい山道です。タオルや水分補給のペットボトルや水筒を用意しましょう。

 

・マナー

参道の中央は神様の通り道になるので、左右どちらかに寄って歩きます。すれ違う時などどうしても横切らなくてはいけない場合は「渡ります」と浅く一礼をします。

鳥居は端に立ち一礼をしてからくぐります。足は参道の外側になる足から踏み入れましょう。

手水舎では両手と口を清めましょう。

 

 

 戸隠神社 Togakushishrine

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

 

IMG_0313

 

日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。

 

長野市街からは車で1時間ほど、JR長野駅からはバスも運行しておりアクセスは抜群です

 

その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れます。


IMG_0490

 

戸隠神社の歴史は古く、創建は紀元前210年までさかのぼると言われています。

 

その起こりは神話の岩戸隠れ伝説が舞台となります。

戸隠山は「天の岩戸」が飛来して現在の姿になったといわれ、地主神の九頭龍神と「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々が祭られています。


よってこの戸隠神社、実は1社だけではなく、奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の5社からなりたっています。

IMG_0450




そして、5社それぞれにご利益の異なる祭神が奉られているのです。

 

<戸隠神社5社の主なご利益>

 

祭神

主なご利益

奥社

(おくしゃ)

天手力雄命

あめのたぢからおのみこと)

 

開運

心願成就

五穀豊熟、スポーツ必勝

中社

(ちゅうしゃ)

天八意思兼命

(あめのやごころ

おもいかねのみこと)

 

学業成就

商売繁盛

開運・厄除・家内安全

宝光社

(ほうこうしゃ)

天表春命

(あめのうわはるのみこと)

 

開拓学問技芸裁縫の神

安産の神

女性や子供の守り神

九頭龍社

(くずりゅうしゃ)

九頭龍大神

(くずりゅうのおおかみ)

 

水の神

縁結の神

火之御子社

(ひのみこしゃ)

天鈿女命

(あめのうずめのみこと)

舞楽芸能の神

縁結の神

火防の神

 

戸隠神社の5社は、南側に2社少し離れて中社、そして奥社と九頭龍社の大きく3地区に建立されています。

御朱印集めでは5社すべてにお伺いしたいところですが、参拝するのであれば、それぞれのご利益を鑑みてお伺いするのもよいかもしれません。

【中社】

IMG_04891
中社付近には参拝車用の無料駐車場や有料駐車場が多くあります。
中社の大鳥居を過ぎ右手に駐車場があり、そのすぐ先にも大きな駐車場があります。

この駐車場から中社へ向かうと鳥居が見えてきます
IMG_0307

清めます
IMG_0314

ご神木
IMG_0317

中社
IMG_0310

中社の横には小さな滝があります。
この滝も人気のパワースポットです。
IMG_0311

中社への階段は急なのでお気を付けください。
IMG_0441

中社大鳥居
IMG_0459



中社へ参拝に行かれたのちに、お蕎麦をいただいて帰路に就くことも多いかと思いますが、お時間に余裕があればぜひ奥社へ足を延ばしてみてください。

 

そこは、厳かで神秘的な風景が広がり、戸隠のパワースポットを肌で感じることができる場所なのです。


奥社の特集はこちら
 

戸隠神社 Togakushishrine

【交通】


お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

スポンサードリンク

このページのトップヘ