ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

タグ:ブッフェ

IMG_2455




車で六本木通りを直進し、六本木2丁目交差点を直進、次の信号で右折するとホテルの車廻りに到着します。

電車では首相官邸にほど近い『溜池山王』駅から駅構内通路にて改札から徒歩5分程で『ANAインターコンチネンタルホテル東京』に着きます。

IMG_0339


 

こちらのブッフェは『料理のクオリティの高さ』もさることながら『シーズンごとのフェア』も好評で『東京のホテルブッフェ』といえば必ず名前が挙がってくる名店。

TVや雑誌でも頻繁に紹介されザ・テラス/ウェスティンホテル東京 などと並び『東京で最高峰のホテルブッフェ』との呼び名も高い人気店です。

 

料理の提供は『ライブ感』を大切にしており、シェフがカッティングするロースト料理、目の前で調理するグリル料理をはじめ、目の前の窯で焼きあがる石窯焼きピッツァなどが味わえます。

さらに季節ごとにコンセプトを打ち出した限定フェアを行っており、日本のみならず世界各地の素材を使った郷土料理が提供されるのも楽しみの一つです。

料理の品数は『100種類以上』も用意され、全種類制覇するのが難しい『ホテルブッフェ』としても有名です。

 

店内は大きな吹き抜けに壁1面がガラス張りとなっており、高級感がありながら開放的な空間。

IMG_0301



照明は料理が映える暖色系の落ち着いた雰囲気で照らされており、椅子やテーブルといった装飾も上質でゆったりとした時間が過ごせます。

 

席数185席に対して十分な人数のフロアスタッフとシェフがおり、広い店内にブッフェ台が上手に分散しているため、ブッフェにありがちな品切れや長蛇の列といった事象が起きにくいのも特徴です。

IMG_0338



私がお伺いした土曜日の夜でも、ブッフェ開始直後は『イクラ食べ放題』のコーナーが若干混み合いましたが、それもすぐに落ち着き、また、肉料理やピッツァのコーナーなどは別の場所に分散して設置されているため、お皿を持って料理待ちといった時間はほぼありませんでした。

 

毎年冬から初春にかけて『カスケイドカフェ』では『北海道ディナーブッフェ』が開催されます。

 

今回は17時開始の回にお伺いしました。10分ほど前からお席の案内が開始されます。並ぶのは『カスケイドカフェ』入口の通路店舗側です。

IMG_0300


水のオブジェの向かい側、コンシェルジュカウンターのノートPCが置いてあるカウンターから仕切り沿いに並んでいきます。

ブッフェ開始時間まではお席にてゆったり待ちましょう。

IMG_0316


 

『北海道ディナーブッフェ2018』

http://anaintercontinental-tokyo.jp/restaurants/cascade.html



【期間】

北海道ディナーブッフェは2018年5月31日(木)まで 

 

3月末までは冬の食材を豊富に用いたメニューを、4月・5月は海鮮食材に加え、ジンギスカンや春野菜もお楽しみいただけます。

 

【ディナーブッフェ価格】 

8,152円(2018年3月現在)消費税・サービス料込
公式HPからの予約で割引が適用されます(記事の下記参照)

 

【北海道ディナーブッフェメニュー】の一例を紹介していきます。

 

◆サラダ

○北海道産水ダコとシーフードのサラダ
IMG_0324


○野菜スティックとバーニャカウダー

IMG_0323



〇ミックスリーフ、海藻サラダ

○その他

・他にも新鮮な野菜達が彩り鮮やかに用意されています。

IMG_2459


 

◆前菜

○生ハム

○スモークサーモン

○北海道モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ

IMG_2461

・糖度の高いトマトはまさにフルーツそのもの。クリーミーなモッツァレラとの相性も抜群。バジルソースがトマトとチーズの風味を際立たせています。

〇トッピング

ドライトマト、ブラックオリーブ・レーズン・各種ナッツ

〇北海道ソーセージのこんがり北海道ラクレットがけ

IMG_2450



○その他

レギュラーメニューの前菜が宝石のようにきらびやかに並べられています。

IMG_2456


 

◆温製料理

○うにの茶碗蒸し

○エスカロップ

○ザンギ(若鶏のから揚げ)

○北海道ポテトグラタン

〇エスカベーシュ

○パスタ

〇ローストチキン

〇海老しゅうまい、蟹しゅうまい

〇その他

・ロティサリーで焼かれたラム肉のローストなど肉料理10種類以上に魚料理も10種類以上とふんだんに取り揃えられています。

IMG_0307



 

◆グリルコーナー

○ローストビーフ

IMG_2449



・グレービーソースや岩塩にホースラディッシュのソースなどブッフェコーナーの調味料にていただくことができます。

目の前で切り分けてくださる「ローストビーフ」はホテルブッフェ定番の人気の品です。

鮮やかなローズカラーに仕上げられた牛肉は肉質も上質でナイフがいらないくらいの柔らかさ。

岩塩で頂くと噛みしめるごとに溢れ出す肉汁と相まって最高の味わいを奏でます。

 

◆ボイル野菜のチーズフォンデュ

IMG_0322

○ファウンテンを流れるチーズに彩り豊かな温野菜やバゲットをつけていただくスタイルです。
IMG_0306


 

◆チーズコーナー

燻製チーズやカマンベールチーズなどを自分でカットしていただきます。

そのまま食べても美味しいですが、肉料理やピッツァに合わせても最高です。

IMG_0305


 

◆石釜焼きピッツァコーナー

○本日のスペシャルピザ

石釜で焼かれた熱々のナポリピッツァが数種類用意されています。

 

◆スープ

○北寄貝のクラムチャウダー

根菜を中心とした優しい味わいに北寄貝の風味が豊かな美味しいスープで箸休めにぴったりです。

 

◆シチュー

〇冬野菜と仔牛のホワイトクリームシチュー

 

◆麺

○ラーメン

こちらも注文を受けてからさっと茹でてくださるスタイル。

〇鉄板スパカツ

 

◆御飯

○海鮮丼 (イクラ食べ放題)

IMG_2453



北海道フェアで毎回お客様が楽しみになさっている名物です。夜のブッフェではシェフが用意するのではなく、自分で好きな具材をトッピングするスタイル。

IMG_0328

好きなだけ『イクラ』を乗せて、贅沢に自分だけの『イクラ丼』を作成できます。1番人気なので数人の列をなすことがありますが、時間内に『イクラ』が品切れすることはありませんので慌てる必要はありません。


〇北海道具材のスープカレー

 

◆カニ

〇ズワイガニ・アブラタラバガニ

IMG_0326


テーブルごとに蟹鋏が用意されてます。

IMG_2476

そのままでも美味しいですが、ピッツァに乗せたりご飯にのせて海鮮丼にしたり、ラーメンに入れたりと楽しめる一品です。


 

◆デザート

IMG_2469



マカロン食べ放題

マカロンは6種類が用意されていました。

アプリコット

IMG_0330



カシス

IMG_0309



チョコレート

IMG_0315



キャラメル

IMG_0310



ピスタチオ

IMG_0333



ストロベリー

IMG_0331



○北海道産赤肉メロンのババロア

○北海道メロンのロールケーキ

○苺のパンナコッタ

IMG_0313



〇ストロベリーバスケット

いちご食べ放題です。そのままでもマカロンに乗せたりアイスに乗せたりも楽しめます。

○チョコレートファウンテン

IMG_0335



ファウンテンはチョコレートとホワイトチョコレートの2種類で味わえます。

IMG_0336




○アイスクリームコーナー

数種類のアイスやトッピングの中から組み合わせを選ぶスタイル。こちらも選ぶ楽しみから味わえます。

○その他

IMG_0311



・他にも新鮮なフルーツに色とりどりのケーキが味わえます。

IMG_0312


特にこの時期はホテル全体で『ストロベリーセンセーション』(2018年3月31日まで)フェアを開催していることもあり、イチゴのショートケーキやタルト、パフェなどイチゴを使用した『いちごブッフェ』が楽しめます。

IMG_2467



もちろんケーキはパティシエの手作りの品々。フェアに合わせてその土地の名物素材を使用しているのも魅力です。

IMG_0334


 

◆記念のケーキ

〇予約の際に参加者の記念日やお祝い事である旨を記載すると、ブッフェのスィーツとは別に無料で小さなケーキを用意してくれます。

IMG_2472


他にも有料にて記念の花束や本格的なホールケーキを用意していただくことも可能です。

ブッフェなのでケーキもたくさん食べてますが、何よりホテル側がお祝いをしてくださるという気持ちが、とても嬉しい素晴らしいサービスです。

 

◆ドリンク

IMG_2462


○オーダー制

アルコールは別途料金ですが、紅茶やコーヒーのホットとアイスが飲み放題です。ドリンクバーではなくオーダー方式です。

IMG_2477
 

 

一品一品の料理が一流のシェフ達による手作りの品。料理の質の高さはさすが一流ホテルの『ANAインターコンチネンタルホテル東京』です。数ある『東京のホテルブッフェ』の中でも自信をもってオススメできる素晴らしいブッフェです。

 

5月末まで「北海道ディナーブッフェ」を開催しております

http://anaintercontinental-tokyo.jp/restaurants/cascade.html?id=Hokkaido

 

 

【カスケイドカフェ (CascadeCafe) までのアクセス】

東京都港区赤坂1-12-33ANAインターコンチネンタルホテル東京

 

【駐車場】

500台収容可能な駐車場をご用意しております。(24時間営業・予約不要) 

ご利用代金¥5,000~2時間まで無料

ご利用代金¥10,000~4時間まで無料

 

【電車の場合】

地下鉄銀座線

『溜池山王』駅 13番出口より徒歩1分(溜池山王駅改札より約5分)

 

地下鉄南北線

『溜池山王』駅 13番出口より徒歩1分(溜池山王駅改札より約7分)

『六本木一丁目駅』 3番出口より徒歩2分(六本木一丁目駅改札より約5分)

 

地下鉄丸の内線

『国会議事堂前駅』より『溜池山王』出口をご利用ください

(国会議事堂前駅改札より約13分)

 

地下鉄千代田線

『国会議事堂前駅』は『溜池山王』出口をご利用ください

『赤坂駅』5番出口より徒歩10分

 

地下鉄日比谷線

『神谷町駅』 4番B出口より徒歩10分

 

都営バス

都バス01系統(渋谷~新橋)『赤坂アークヒルズ前』下車、徒歩約1分

 (JR新橋駅よりバス10分)

 

http://anaintercontinental-tokyo.jp/access/subway.pdf

 

【空港から】

羽田空港・成田空港からリムジンバスあり

http://anaintercontinental-tokyo.jp/access/

 

【営業時間】

平日    11:30~15:00 17:00~19:00 

土日祝日 6:00~22:00

 

 

◆ランチブッフェ

ランチブッフェ 特別料金 

平日 1部

11:30~13:00

¥2,900 (通常¥3,500) 

 

平日 2部

13:30~15:00

¥2,400(通常¥3,500) 

 

土日祝日 1部 

11:30~13:00

¥4,400 (通常¥5,280)

 

土日祝日 2部

13:30~15:00

¥4,200 (通常¥5,280)

 

 

◆ディナーブッフェ

ディナーブッフェ 特別料金 

月~木曜日

18:00~21:30(ラストオーダー21:00) 

¥3,900(通常¥6,090) 

 

金曜日

18:00~21:30(ラストオーダー21:00)

¥4,500(通常¥6,090)  

 

土曜日 1部

17:00~19:00 

¥4,900(通常¥6,680) 

 

土曜日 2部

19:30~21:00 

¥4,900(通常¥6,680)

 

日曜日 1部

17:00~19:00 

¥4,900(通常¥6,680) 

 

日曜日 2部

19:30~21:00 

¥4,050(通常¥6,680)

 

※表記価格に消費税8%サービス料13%を加算させていただきます。

 

 

◆『ANAご利用券』『ANAダイヤモンドサービス ホテル宿泊・お食事クーポン』

上記をお持ちのお客様へ、お得な料金をご用意しております。

 

ディナーブッフェ 1名様¥5,000

 (通常平日¥7,432、土日祝¥8,152 消費税・サービス料込)

 

※本サービスご利用の場合、お支払いは、『ANAご利用券』または『ダイヤモンドサービスホテル宿泊・お食事クーポン』をご利用ください。

 

【定休日】

年中無休

 

【席数】

185席 ※全席終日禁煙

 

【ドレスコード】

ドレスコードの規定はございません。

タンクトップ、サンダルなどの場にそぐわない服装以外なら普段着で大丈夫です。

 

【公式HP】

http://anaintercontinental-tokyo.jp/restaurants/cascade.html

ご予約もこちらからできます



にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ

関連ランキング:バイキング | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅

IMG_1256


新交通ゆりかもめ「竹芝」駅からはホテルへ直結、車でのアクセスも抜群な「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ内」にあります。


こちらのブッフェは
日本を代表する料理人であり「平成29年度調理師関係功労者厚生労働大臣表彰」を受賞した「佃料理長」が料理を手掛け

「景観の良さ」や「料理のクオリティの高さ」が相まって「東京のホテルブッフェ」といえば必ず名前が挙がってくる名店。

TVや雑誌でも頻繁に紹介されている人気店です。


料理の提供は「ライブ感」を大切にしており、目の前で調理された出来立ての品も味わえるのが特徴です。

ネタを伺ってから揚げてくださる「揚げたてのてんぷら」や同じく握るネタを伺ってから職人が握ってくださる「お寿司」に目の前で骨付き肉からカットしてくださる「ローストビーフ」など店名の通りライブキッチンが楽しめます。

さらに「日本を味わおうフェア」として季節ごとにコンセプトを打ち出した限定フェアを行っており、日本各地の素材を使った郷土料理が提供されるのも楽しみの一つです。

海辺に面した店内は壁1面がガラス張りとなっており、レインボーブリッジをはじめとした海辺の景色を眺めることができます。

IMG_12371


照明は夜景が映える暖色系の落ち着いた雰囲気で照らされており、椅子やテーブルといった装飾も上質でゆったりとした時間が過ごせるでしょう。

席数100席に対して十分すぎる人数のフロアスタッフとシェフがおり、ブッフェにありがちな品切れや長蛇の列といった事象が起きにくいのも特徴です。

私がお伺いした祝日の夜でも、お皿を持って料理待ちといった時間はほぼありませんでした。

今回は「日本を味わおう第10弾 新潟プロモーション」が開催されておりました 
~2017年10月1日~11月30日~

【ディナーブッフェ】 
7,305円(2017年11月現在)サービス料込


【新潟プロモーションディナーブッフェメニュー】
◆ファーストディッシュ
○コラーゲンたっぷり新潟県産鱈と中原農園のカブ すずまさ葱のスープ

IMG_1237

・こちらのブッフェではコース料理の雰囲気やおもてなしの意味合いを込めて、最初にシェフ特製のスープがサーブされます。
美や健康を意識したコンセプトも併せ持つブッフェらしい一品がいただけます。
IMG_1245

原則、こちらのスープがサーブされてからブッフェコーナーに料理を取りに行くのがお店の流儀ですが、当日のお客様の人数などを勘案して柔軟に案内してくださいます。

◆サラダ
○新潟県産五穀米を使ったキリザイサラダ
○栃尾の油揚げと豚シャブのサラダ 雪っ子味噌のマヨネーズ
○新潟県産ブリのカルパッチョサラダかんずりドレッシング
○その他
・他にもレギュラーメニューの新鮮な野菜達が彩り鮮やかに用意されています。
IMG_1242


◆前菜
○中原農園のカブのブラマンジェ 美人蓮根チップ添え
IMG_1247

・ブラマンジェに仕立てられることでカブの上品な甘みと香りが際立たされた一品。蓮根チップの香ばしさがアクセントとなる見た目にも美しい品です。
IMG_1250

○村上名物 鮭の焼き漬け 甘酢ソース
IMG_1248

○八幡農園のオレンジトマトの雪っ子味噌漬け
IMG_1249

・青臭さが無く糖度の高いトマトはまさにフルーツそのもの。ほんのりと香る味噌との相性も抜群でこれは絶品!素晴らしい味わいでした。
肉料理や魚料理など他のブッフェ料理と合わせていただいても美味しかったので20個以上食べてしまいました。
○その他
レギュラーメニューの前菜が宝石のようにきらびやかに並べられています。

◆温製料理
○新潟産鶏肉と秋野菜のトマト煮込み
○新潟産ホウボウ・蟹と真鱈のブイヤベース
・海老や貝など魚介類の旨みがたっぷり詰まった濃厚なスープに、新潟県産のホウボウや蟹、鱈が合わせられた贅沢な一品。
○的鯛とキノコの中華風黒豆ソース
○新潟名物 越の黄金豚タレカツシェフズライブキッチンスタイル

○かぼちゃのグラタンハロウィン仕立て
・ジャック・オー・ランタンが可愛いかぼちゃのグラタン。チーズがたっぷり乗せられて焼き上げられたグラタンはかぼちゃの甘さとチーズの旨みが相性抜群。思わず食べ過ぎてしまいそうな美味しさです。
○その他
・ラム肉のローストなど肉料理と魚料理がふんだんに取り揃えられています。

◆グリルコーナー
○骨付きプレミアムローストビーフ
IMG_1244

・ソースはグレービーソースや岩塩などブッフェコーナーの調味料にていただくことができます。

目の前で骨付き肉から切り分けてくださる「ローストビーフ」はホテルブッフェ定番の1番人気の品です。

鮮やかなローズカラーに仕上げられた牛肉は肉質も上質でナイフがいらないくらいの柔らかさ。

岩塩で頂くと噛みしめるごとに溢れ出す肉汁と相まって最高の味わいを奏でます。

もちろん時間内ずっと提供されており、食べ放題なので慌てずゆっくりいただけます。

◆てんぷら
IMG_1268

○てんぷらは海老1尾など1品からでもネタを指定でき、目の前で調理してくださいます。

「海老」に「舞茸」と「ぎんなん」「茶せん仕立ての茄子」「新潟県産の烏賊」と彩りが鮮やかなてんぷらです。

揚げたて熱々の「ぎんなん」はホクホクした食感とほのかな甘みに野趣あふれる風味が最高です。
IMG_1266

こちらの舞茸も新潟県産を使用しています。

◆お寿司
IMG_1243

○新潟県産のブリを中心にまぐろや海老など、好きなネタを注文すると職人さんがその場で握ってくださいます。
もちろん、ブッフェとは言えどもまぐろも上質な品で筋もなく赤味の旨みが最高です。

◆スープ
○上越風ノッペ汁
里芋なや人参など根菜を中心とした優しい味わいのスープで箸休めにぴったりです。

◆麺
○へぎ蕎麦
こちらも注文を受けてからさっと茹でてくださるスタイル。出汁の風味が香り高くへぎ蕎麦特有の食感も味わい深い品です。

◆御飯
○佐渡米のおにぎり
ホテルブッフェの楽しみの一つタイムサービスの限定品。そこに現れたる「おにぎり」逆に斬新さを感じますが、選ばれし料理人がこのサービスのために「練習を経て」1つずつ丁寧に握っているのではと想像すると味わいが深まるかも。

◆デザート
○新潟コシヒカリのシフォンケーキ
○ヤスダヨーグルトのパンナコッタ
IMG_1270

○モンブラン
IMG_1262

○その他
・他にも新鮮なフルーツに色とりどりのケーキが味わえます。
IMG_1264

もちろんケーキはパティシエの手作りの品々。スィーツブッフェのレベル程とはいきませんが、お腹いっぱいに主菜をいただいた後でも目移りしてしまう充実のラインナップです。
IMG_1261

フェアに合わせてその土地の名物素材を使用しているのも魅力です。
新潟県の「ヤスダヨーグルト」はそのままでも頂け、ヨーグルトを使用したスィーツも用意されていました。
生乳の風味がよく活かされているヨーグルトの酸味とクリームの甘みが絶妙の組み合わせです。

○アイスクリームコーナー
IMG_1260

数種類のアイスやトッピングの中から組み合わせを選ぶとシェフが仕上げてくださるスタイル。
こちらも選ぶ楽しみから味わえます。

◆ドリンクバー
様々なフレーバーのソーダを自分好みで作ることができます。
カラフルさが楽しすぎていろんな色やフレーバーを作ってしまいそうなのがホテルの思うつぼ?
もちろん、紅茶やコーヒーにソフトドリンクも充実しています。
IMG_1257



一品一品の料理がこだわり素材でしっかり手作りされています。クオリティの高さは、さすがの一言。絶品という他ありません!


【シェフズ ライブ キッチンまでのアクセス】
東京都港区海岸1-16-2 ホテル インターコンチンンタル 東京ベイ内

【駐車場】
有 

【電車の場合】
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイは、モノレール「浜松町駅」・JR「浜松町駅」から徒歩8分です。

JR
山手線・京浜東北線 / モノレール浜松町駅より徒歩8分。
都営大江戸線 / 浅草線「大門」駅より徒歩10分。

新交通ゆりかもめ「竹芝」駅からはホテルへ直結。
竹芝駅から85m

シャトルバス

浜松町駅 ⇄ ホテル間 所要時間 約5分 定員23
品川駅 ⇄ ホテル間 所要時間 約20分 定員23

http://interconti-tokyo.com/

【営業時間】
◆朝食ブッフェ
平日   6:3010:00
土日祝  7:00
10:00

◆ランチブッフェ

11:00
14:30

◆デザート&ライトミールブッフェ

15:00
16:45

◆ディナーブッフェ

17:30
22:00

【定休日】

年中無休

【公式HP】
http://interconti-tokyo.com/
ご予約もこちらからできます



関連ランキング:バイキング | 竹芝駅浜松町駅日の出駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ