IMG_1928


名店のセカンドブランド

『新宿三丁目』交差点にある『新宿マルイ本館』の真裏、従業員入口の向かいにお店があります。地下鉄『新宿三丁目駅』A1出口からは徒歩1分ほど。

新宿駅からも東口や東南口方面から数分とほど近い距離です。

 

人気ラーメン店『煮干中華そば 鈴蘭』のセカンドブランドとして2017年12月19日にオープンしたばかりの新店ながら各方面から高い評価を集め、早くも名店との呼び声高い期待のお店です。

InkedIMG_0173_LI

 

1月中旬、土曜日の10時30分頃にお伺いしました。

【1月上旬 土曜日昼の待ち状況】

10:30 並び  0名 

10:55 並び  8名  

11:30 並び  0名 店内ほぼ満席

 

まだオープン1か月ということで、お客様は絶え間なくいらっしゃいますが、この日はお席に若干の余裕があり11時30分頃にも並ばずに入店できるようでした。

 

外観は小料理屋のような趣のある建物です。

 

一歩足を踏み入れると、そこはラーメン屋というより和食や割烹料理店の雰囲気。

白い割烹着に身を包んだ職人達が元気よく迎えてくれます。

 

お席は厨房に面した16席のカウンター席。白木を基調とした高級感ある趣きで、女性1人でも入りやすいでしょう。また、お席の間隔も広いためにゆったりとお食事ができます。

 

店内右手にある「券売機」にて食券を購入しお席に着くスタイルです。

『鶏茶漬けセット』は食べたい頃合いで厨房にお願いするスタイルとなります。

 

この日は数量限定の『特製のどぐろそば』に『鶏茶漬けセット』をいただきました。


のどぐろラーメン 

【特製のどぐろそば】 

1,200円(2018年1月現在)

特選はチャーシュー増量に味玉がついてくるお得なセットです。

IMG_1927



 見事にまで飴色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなす美しさ。

 

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる

”飴色に輝くスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

 

一口いただくと『のどぐろの煮干し』の芳醇な香りが広がり醤油の旨みが余韻を残します。

見た目の上品さとは裏腹で濃厚な味わいのスープですが『イワシの煮干し』ほどの雑味や臭みはなく奥行きある旨みが楽しめます。

 

かえしはキレがありますが、とげや角があるものではなく

まろやかさや円熟味を感じさせ、のどぐろ出汁と絶妙に旨みを引き立てあっています。

IMG_1929

 

こちらのスープは『のどぐろの煮干し』を贅沢に使用した魚介100%のスープで『昆布』が旨みの調整役となっています。


 

のどぐろは日本海を中心に取れる魚で

代表的な産地の新潟県などでは、ほぼ一年中漁獲されますが、産卵前の冬から春にかけては特に味がよくなります。

焼けば松坂牛のステーキのように上品な脂がしたたり落ち、刺身やお寿司ではさらりとした脂が格別な美味しさの白身魚です。

original
     【※新潟の割烹料理屋でいただいたノドグロ】


家庭用ではありませんが、新潟や富山の鮮魚センターなどでは『のどぐろの煮干し』をよく見かけます。

 

煮干しラーメンの一流店として名を馳せる鈴蘭が母体のお店ですから、この素材の良さを十分に活かし『青魚』の煮干しにはない風味で楽しませてくれます。

 

麺は菅野製麺所製で全粒粉入りストレートの中細麺。

茹で加減は絶妙で口の中で「パッツン」と切れる心地よさとコシの強さを堪能でき噛みしめるごと小麦の香りがふわりと広がる美味しい麺です。

IMG_1934

 

トッピングは『メンマ』『味付け玉子』『チャーシュー』『九条ネギ』に『黒いなると』とバランスの良いラインナップ。

 

目を引く『黒いなると』は原宿の『Noodle Stand Tokyo』など全国各地のラーメン店でも使われている人気商品。竹炭で黒色を出した焼津産の『黒なると巻』で販売元のカネ久商店ではお取り寄せも行ってます。

 

フレンチ発祥の真空低温調理の技法を用いられたチャーシューはローストビーフのような鮮やかさですがもちろん芯まで火はしっかり通っています。

繊維が高熱により崩れることを防ぐので、柔らかくジューシーで噛みしめるごとに肉の旨みが溢れる美味しさです。

 

味玉はしっかりと下味がつけられており黄身の風味が強く香る素晴らしい美味しさ。

こちらの卵は『マキシマムこいたまご』美味しさ・安心・安全な卵を追求して厳選しているそうです。

 

メンマは出汁の良く浸み込んだタイプで箸休めとしても最適な一品。

 

シャクシャクした歯ごたえが心地よい『九条ネギ』は香り高く、濃厚なスープに慣れた舌をリセットしてくれます。

 

〆は茶漬けで 

【鶏茶漬けセット】

200円(2018年1月現在)

IMG_1935


 

鶏のほぐし身と九条ネギがご飯の上に盛られ

ほんのりとお出汁がかけられた一品。

茨城県産コシヒカリ使用するなどごはんにもこだわりを見せます。

こちらにラーメンのスープをかけていただくサイドメニューです。

 

付属のワサビを乗せていただくと至福の味わいとなります。

IMG_1936


メインの商品は”醤油鶏清湯”ですが、限定麺も美味しいおススメの名店です。

 

【紹介したメニュー以外の代表的なメニュー】

醤油らぁ麺    800円

のどぐろそば 1,000円(数量限定)

つけ麺      850円

 

【らぁ麺 はやし田 までのアクセス】

東京都新宿区新宿3-31-5

 

【駐車場】

近隣に有料駐車場有り

 

【電車の場合】

地下鉄「新宿三丁目駅」A1出口から徒歩1分

JR「新宿駅」中央東口から徒歩5分

 

【営業時間】

11:0023:00

 

【定休日】

無休

 

【公式HPなど】

https://twitter.com/ramen_hayashida


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】153-478 焼津水産ブランド認定品詰合せ(C)
価格:15000円(税込、送料無料) (2018/1/31時点)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連ランキング:ラーメン | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅