ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

タグ:ダッチベイビー

IMG_2444


 

『新宿駅』東口に直結した商業施設『ルミネエスト』の7階レストラン街にお店があります。

IMG_0286


『ルミネエスト』は和洋中・カフェにスィーツが揃っており

IMG_0284


随所に休憩できる椅子やテーブルが用意されているので使い勝手の良い施設です。
IMG_0285

 

お店の前には待合の椅子が置いてあり、お店の入り口に続きます。

InkedIMG_0296_LI

お店の装飾は木のぬくもりを基調とした温かみのある雰囲気。
席数は58席と広く、お席には荷物用のカゴも用意されています。お1人様からご家族、グループでも居心地の良い時間が過ごせるでしょう。

IMG_0295


また、小さなお子様連れも多く来店され、スタッフの方が笑顔でお子様用の椅子をお持ちしてる姿もよく見受けられます。


来店したお客様へのホスピタリティを忘れないところもこのお店の魅力の一つです。

IMG_0294


こちらのお店でぜひ味わいたいのは
なんといっても『ダッチベイビー』です。

『ダッチベイビー』はドイツ系のアメリカ人移民の方が
考案したアメリカ発祥のパンケーキです。

『ダッチ』とはドイツ系アメリカ人移民の集団を指す単語でもあり
『ダッチベイビー』は実はオランダとは関係がないところがポイントです。

最大の特徴はその見た目でフライパンやスキレットに流しこまれ
オーブンでじっくりと焼き上げられた生地はその縁にそって
お椀のように反り返っています。特徴的なその形は1度見たら忘れられません。

『嵐にしやがれ』など数多くのTV番組で特集され、『嵐』メンバーも絶賛していた人気スィーツなのです。

余談ですが、逆にオランダでは『ポッフェルチェ』
という18世紀から存在する伝統的なパンケーキが有名です。

こちらは見た目がほとんど『たこ焼き』
『ポッフェルチェ』を焼く専用の器具も日本のたこ焼き器そっくりなので
いつか日本でも流行するのではないかという話を
オランダに赴任していた同僚と話していたことがあります。

【ダッチベイビー】 
1,240円(2018年3月現在)
IMG_2441



焼きたて熱々の『ダッチベイビー』が運ばれてくると
スタッフの方が目の前で仕上げてくださいます。

まずホイップバターを表面にたっぷりと塗り
レモンを絞ってホイップバターと混ぜ
シュガーパウダーを振りかけてることで仕上げます。
IMG_2443

ライブ感のある演出でテンションも上がります

クレープのようでいてパンケーキのようでもある
「もちもち」の生地は焼き加減が抜群!
IMG_2442


外側はカリッと中はしっとりとした食感が味わえ
粉砂糖の甘みにレモンのさわやかな酸味と
生地の風味が混然一体となり絶妙の味わいを作り出しています。

これは本当に美味しいです!!!



【ポートランドバーガー】
(ダブルチーズ&ベーコン)フライドポテト付き

1,370円(2018年3月現在)

IMG_2448


牛肉100%ではなく合いびき肉タイプのベーシックなハンバーガー。オリジナルパンケーキハウスが生まれた1953年から伝わるレシピで作られた一品。

IMG_2445

濃厚なチーズとベーコンが肉汁たっぷりのパテと相まって最高の味わいです。


【ダッチガーデン】
1,460円(2018年3月現在)

IMG_1236


ダッチベイビーの生地をベースに野菜と
チーズで仕上げたピッツァのような一品。

カラフルな野菜がシャキシャキとした食感で
生地の柔らかさとのコンストラストをあやなしています。

チーズはパルメザン・モッツァレラ・ゴルゴンゾーラチーズ
ナチュラルチーズの4種類がたっぷり乗せられており、このバランスが絶妙。

パルメザンとゴルゴンゾーラの濃厚な旨みにナチュラルチーズのコク
モッツァレラの上品な風味や伸びが複雑に絡み合い
生地の甘さと相まって多重で奥深い味わいを作り出しています。

【アップルパンケーキ】

1,370円(2018年3月現在)

IMG_0728



フワフワに焼き上げて提供してくださるパンケーキをアップルが包み込んでいるアップルパイ好きにはたまらない一品です。

アップルはシナモンの香りが程よく漂いその甘さに彩りを添えます。
焼かれてカラメル状になった部分は香ばしく、甘い香りと相まって最高の味わいになっています。

【ストロベリー パンケーキ】

1,480円(2018年3月現在)

IMG_0638


ふわふわでいてしっとりと滑らかな舌触りの生地です。
焼き加減も絶妙で最後の一口まで美味しく食べれてしまいます。
ホイップは軽いテイストと絶妙な甘さ加減。口どけが良いのでふわふわの生地と相性抜群です。


【アイスコーヒー】
430円(2017年10月現在)
メイソンジャーで提供されるアイスコーヒーはたっぷりサイズ。
すっきりとした酸味が爽やかで飲みやすい味わい。
パンケーキと相性の良いアイスコーヒーです。

【カフェラテ】
430円(2017年10月現在)

IMG_2440

こちらも、メイソンジャーで提供されたっぷりサイズ。

■アメリカ生まれ
この「オリジナルパンケーキハウス」は1953年創業
「アメリカ・ポートランド」に本店を置き
米国内に140店舗を構える老舗のパンケーキチェーン店です。

新宿店でも、そのレシピを元に店内のキッチンで
毎日生地を仕込んでいるそうです。

パンケーキは「軽くて、心地良い食感」を出すために
昔ながらの天然酵母を使用し、厳しく温度管理された部屋で
3
日間発酵させるそうで、バターやソースなども
同様に毎日お店で手作りしているそうです。

そんな惜しみない手間暇で作られた料理を雰囲気の良い店内で
頂けるこちらのお店は、名店がひしめく新宿でもおススメのお店の一つです。

【紹介した品以外の代表的なメニュー】
○チョコバナナパンケーキ(3枚)    1,090円
○キャラメルバナナ フレンチトースト 1,180円
○マカダミアナッツソース パンケーキ 1,180円

IMG_0287

アルコールもソフトドリンクもご用意しております。
IMG_0292


【オリジナルパンケーキハウス 新宿店 までのアクセス】
東京都新宿区新宿3-38 ルミネエスト 7F


【駐車場】

新宿駅東口駐車場(B2F

・月~土 新宿通りより東口ロータリーへ入り右曲、正面に駐車場入口

・日・祝 明治通り渋谷方面から「新宿4丁目」交差点側道を直進、突き当たり右折、正面に駐車場入口

 

他に提携駐車場が複数有

当日のお買い上げレシート合計3,000円以上で2時間まで駐車無料です。
http://www.lumine.ne.jp/est/info/map.php


【電車の場合】
『新宿駅』直結

中央東口改札または東口改札から徒歩1


【子供可】
お子様椅子の用意あり
ベビーカー置き場あり

【営業時間】
[
月~金]
11:00
23:00(L.O.22:00)

[土・日・祝]
11:00-22:30
L.O.21:30
【定休日】
不定休(ルミネエストの休館日に準ずる)


【公式HP
http://www.pancake-house.jp/



にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ

関連ランキング:パンケーキ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

IMG_1830




北陸自動車道『三条燕IC』を降りて『弥彦神社』や『寺泊』方面へ向かいます。海沿いの街道『国道402号線』を進んでいくと温泉旅館やホテルが立ち並ぶ一角の海側にお店が見えてきます。

『三条燕IC』からは車で30分ほどの場所にあります。

車を降りると海からの風が心地よく、晴れた日や夕暮れには海を臨む素晴らしい景色が広がる場所です。

お店の外観はログハウス風のお洒落なカフェ。すぐ隣にはなんと展望台や小さな公園まで備え、姉妹店も併設されています。

姉妹店『バナナ・ウィンズ』は『カフェ・ウインズ』と共通のメニューに加えシーフードが充実したお店です。
お席はそれぞれカフェ・ウインズ: 30席  バナナ・ウインズ: 35席となっています。

IMG_0135


お店にはキッズスペースが有りお子様用のメニューも用意されているので、ご家族での来店にも最適です。

装飾の全体的な感じもログハウスの造りを生かした木のぬくもりに包まれた趣き。入口からテーブルにお手洗いに至るまで随所に雑貨屋やオブジェが飾られ、落ち着いた癒しの空間が広がっています。

テーブルにはロウソクの明かりが灯され、ゆらめく炎が雰囲気をさらに高めています。

この日は新潟県内にも『ダッチベイビー』がいただけるお店があるということでお伺いしました。

■山小屋風カレー
950円 (2017年12月現在)
IMG_1827

スキレットで提供される熱々の一品。
お席まで漂うスパイスの香りがたまりません。

野菜をよく煮込んだ優しい甘みの中から辛さが程よく突き抜けていくとても美味しいカレー。

トッピングは燻製が香しいウィンナーにウズラの卵や野菜などが盛られて具だくさんなのも嬉しい一品です。

■季節のピザ 
1,000円 (2017年12月現在)
IMG_1823

季節のピッツァは黒板に詳細が掲示されていました。
この日は味噌ベースの和風ピッツァです。

ピッツァ生地に上に野菜とともに鰹節や海苔に葱が彩られスキレットの上でじゅうじゅう音を立てている、まるでお好み焼きのような一品。
味噌ソースの甘みにマヨネーズの酸味とチーズの旨みが渾然一体となりコク深い味わいのピッツァです。


■カプチーノ
580円 (2017年12月現在)
IMG_1820

ラテアートが可愛い一杯。名前を掲載することができませんが世界的に有名なあの熊のキャラクターが描かれております。


可愛いだけでなく、エスプレッソの香りは高く、スチームミルクとふんわりとしたフォームミルクのバランスも絶妙で、とても美味しいカプチーノでした。

■ウィンズ風ダッチパンケーキ
ハニーレモンチーズ
725円 (2017年12月現在)

IMG_1833

こちらのお店でぜひ味わいたい料理の一つが『ウィンズ風ダッチパンケーキ』です。いわゆる『ダッチベイビー』と呼ばれる料理です。

スキレットの上に広がる生地は薄めで縁がふわりと盛り上がっているのが特徴。真ん中にはアイスがトッピングされ冷たさと温かさのコンストラストが楽しめるのも楽しい一品です。

クレープのようでいてパンケーキのようでもある『もちもち』の生地は焼き加減が抜群!

外側はカリッと中はしっとりとした食感が味わえ、バニラアイスの甘みとレモンチーズクリームのさわやかな風味に生地が混然一体となり絶妙の味わいを作り出しています。

別添えで提供される『はちみつ』をとろりと振りかけるとさらに甘みが増し至福の味わいです。
IMG_1832

こちらのお店では『ダッチベイビー』の定番である『レモン風味』に加えて『チョコバナナナッツ』や季節限定の『アップルシナモン』などのバリエーションが選べるのも魅力です。

『ダッチベイビー』はドイツ系のアメリカ人移民の方が考案したアメリカ発祥のパンケーキです。

『ダッチ』とはドイツ系アメリカ人移民の集団を指す単語でもあり『ダッチベイビー』は実はオランダとは関係がないところがポイントです。

最大の特徴はその見た目でフライパンやスキレットに流しこまれオーブンでじっくりと焼き上げられた生地はその縁にそってお椀のように反り返っています。特徴的なその形は1度見たら忘れられません

『嵐にしやがれ』『スマステーション』『ヒルナンデス』など様々なTV番組や雑誌で頻繁に紹介され、映画にも使用されるなどして人気となったスィーツです。

調理に手間がかかることやオーブンなどの設備が必要なことから都内でも頂けるお店はわずかで代表的なお店は、本場アメリカで140店舗を展開する『オリジナルパンケーキハウス』(原宿店は201712月閉店)でこちらは行列もできる人気店。都内3店舗の他に大阪や九州に展開しています。


余談ですが、逆にオランダでは『パンネクック』や『ポッフェルチェ』という18世紀から存在する伝統的なパンケーキが有名です。

『パンネクック』はLサイズのピザのようなもので『ポッフェルチェ』は見た目がほとんど『たこ焼き』でポッフェルチェを焼く専用の器具も日本のたこ焼き器そっくりなので、いつか日本でも流行するのではないかとオランダに赴任していた同僚と話していたことがあります。

海の見える雰囲気は抜群のカフェで頂く至福の料理はどれもおススメ。

スタッフの皆様のおもてなしの心も温かいおススメの名店です。




【カフェ・ウインズ (Cafe Winds) までのアクセス】
新潟県長岡市寺泊野積107

【駐車場】



【営業時間】
11:00
21:00(ラストオーダー)21:30閉店

【定休日】
火曜日

来店前にお店の公式HPで確認してみてください
http://www.banana-winds.com/



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連ランキング:カフェ | 長岡市その他

IMG_1230


残念ながら原宿店は閉店してしまいましたので、都内では他の店舗にお伺いしてみてください♪
http://www.pancake-house.jp/
オリジナルパンケーキハウス吉祥寺店
オリジナルパンケーキハウス北千住店
オリジナルパンケーキハウス新宿店
オリジナルパンケーキハウスなんばパークス店
オリジナルパンケーキハウス博多店
オリジナルパンケーキハウスイオンモール築紫野店
オリジナルパンケーキハウス大分店

(2018年1月現在)

明治神宮前の交差点を原宿駅を背に表参道方面に見て右折、渋谷方面に1~2分ほど進むと見えてくる「キュープラザ原宿」の8Fにお店があります。

原宿駅からは4~5分、明治神宮の大鳥居からも徒歩7~8分ほどの距離です。

エレベーターを降りるとすぐに待合の椅子が置いてあり、お店の入り口に続きます。

11月上旬の祝日11時頃にお伺いしました。
「嵐にしやがれ」などTV番組でも紹介され、行列もできる人気店ですが、早めの時間なのでお席には余裕がありました。
IMG_0483

お店の装飾は木のぬくもりを基調とした温かみのある雰囲気。席数は80席(内カウンターテーブル14席)と大きめですが、席と席の間隔が広くゆったりとお食事ができます。

店内中央にはカウンターテーブルの席も配置されており、お1人様でも居心地の良い時間が過ごせるでしょう。

実はこのお店、映画の撮影にも使われたことがあるのです。
窓側の席は外の景色を眺めながら季節を感じることができる癒しの空間で特に夕方から夜にかけての美しさは一見の価値があります。

予約もできますので、日程があらかじめ分かっていたらぜひ予約をして伺うのもよいでしょう。

また、原宿・表参道・明治神宮エリアでは貴重な「ベビーカーでの来店ができるお店」でもあり、小さなお子様連れも多く来店されています。

スタッフの方が笑顔でお子様用の椅子をお持ちしてる姿もよく見受けられ、来店したお客様へのホスピタリティを忘れないところもこのお店の魅力の一つです。

こちらのお店でぜひ味わいたいのは、なんといっても「ダッチベイビー」です。

「ダッチベイビー」はドイツ系のアメリカ人移民の方が考案したアメリカ発祥のパンケーキです。

「ダッチ」とはドイツ系アメリカ人移民の集団を指す単語でもあり「ダッチベイビー」は実はオランダとは関係がないところがポイントです。

最大の特徴はその見た目でフライパンやスキレットに流しこまれオーブンでじっくりと焼き上げられた生地はその縁にそってお椀のように反り返っています。特徴的なその形は1度見たら忘れられません

余談ですが、逆にオランダでは「ポッフェルチェ」という18世紀から存在する伝統的なパンケーキが有名です。

こちらは見た目がほとんど「たこ焼き」でポッフェルチェを焼く専用の器具も日本のたこ焼き器そっくりなので、いつか日本でも流行するのではないかという話をオランダに赴任していた同僚と話していたことがあります。


【ダッチベイビー】 
1,240円(2017年11月現在)
IMG_1231

焼きたて熱々の"ダッチベイビー"が運ばれてくると、スタッフの方が目の前で仕上げてくださいます。

まずポイップバターを表面にたっぷりと塗り、レモンを絞ってホイップバターと混ぜ、シュガーパウダーを振りかけてることで仕上げます。
IMG_1232

ライブ感のある演出でテンションも上がります

クレープのようでいてパンケーキのようでもある「もちもち」の生地は焼き加減が抜群!
IMG_1233

外側はカリッと中はしっとりとした食感が味わえ、粉砂糖の甘みにレモンのさわやかな酸味と生地の風味が混然一体となり絶妙の味わいを作り出しています。

これは本当に美味しいです!!!


【ダッチガーデン】
1,460円(2017年11月現在)
IMG_1234

ダッチベイビーの生地をベースに野菜とチーズで仕上げたピッツァのような一品。

カラフルな野菜がシャキシャキとした食感で生地の柔らかさとのコンストラストをあやなしています。
IMG_1235


チーズはパルメザン・モッツァレラ・ゴルゴンゾーラチーズ・ナチュラルチーズの4種類がたっぷり乗せられており、このバランスが絶妙。
IMG_1236


パルメザンとゴルゴンゾーラの濃厚な旨みにナチュラルチーズのコク、モッツァレラの上品な風味や伸びが複雑に絡み合い生地の甘さと相まって多重で奥深い味わいを作り出しています。


【アイスコーヒー】
480円(2017年10月現在)
IMG_1228

メイソンジャーで提供されるアイスコーヒーはたっぷりサイズ。すっきりとした酸味が爽やかで飲みやすい味わい。パンケーキと相性の良いアイスコーヒーです。


この「オリジナルパンケーキハウス」は1953年創業、「アメリカ・ポートランド」に本店を置き米国内に140店舗を構える老舗のパンケーキチェーン店です。

原宿店でも、そのレシピを元に店内のキッチンで毎日生地を仕込んでいるそうです。

パンケーキは「軽くて、心地良い食感」を出すために、昔ながらの天然酵母を使用し、厳しく温度管理された部屋で3日間発酵させるそうで、バターやソースなども同様に毎日お店で手作りしているそうです。

そんな惜しみない手間暇で作られた料理を雰囲気の良い店内で頂けるこちらのお店は、名店がひしめく表参道でもおススメのお店の一つです!


【紹介した品以外の代表的なメニュー】

○アップル パンケーキ              1,370円
新鮮なリンゴとシナモンをふんだんに使いオーブンで焼き上げた品
IMG_0727

○チョコバナナ パンケーキ(3枚)           1,090円

○キャラメルバナナ フレンチトースト 1,180円
○マカダミアナッツソース パンケーキ 1,180円

【オリジナルパンケーキハウス 原宿店 までのアクセス】
東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿 8F

【駐車場】

無 

近隣にコインパーキング複数有

【電車の場合】
地下鉄 副都心線・千代田線「明治神宮前」駅7番出口 徒歩1
JR
「原宿」駅 表参道口より徒歩4


【子供可】
お子様椅子の用意あり
ベビーカー置き場あり

【営業時間】
11:00-19:00
L.O. 18:15

【定休日】
不定休(キュープラザ原宿に準ずる)

【公式HP

http://www.pancake-house.jp/

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

IMG_0726


明治神宮前の交差点から渋谷方面に少し進むと見えてくるキュープラザ原宿の8Fにお店はあります。

エレベーターを降りるとすぐお店の入り口です。一歩店内に足を踏み入れると広々としたカウンターに厨房が見えてきます。
IMG_0483



映画の撮影にも使われたことのあるこのお店。

装飾の全体的な感じは明るい木目調、程よく観葉植物の緑がアクセントとなっていて、大きなガラスに面した席では外の景色を眺めながら季節を感じることができる癒しの空間です。


特に夕方から夜にかけての美しさは一見の価値ありです。

お席は60席と程よい広さ。
中央にはカウンターテーブルの席も配置されており、お1人様でも居心地の良い時間が過ごせると思います。

こちらのお店でぜひ味わいたいのは、なんといっても"ダッチベイビー"です。

IMG_0794

"ダッチベイビー"とはドイツ系のアメリカ移民の方が考案したとされるアメリカ発祥のパンケーキで

最大の特徴はその見た目


IMG_0787

フライパンやスキレットに生地を流しオーブンでじっくりと焼き上げられた生地はその縁にそってお椀のように反り返っています。


IMG_0789



特徴的なその形は1度見たら忘れられません。

IMG_0781


今回はダッチベイビーとアイスコーヒーをいただきました。
・2016年5月 初回訪問
・2016年8月 2回目
・2016年10月 3回目
・2017年10月 4回目

【ダッチベイビー】

熱々の焼きたての"ダッチベイビー"が運ばれてくると目の前でレモンを絞ってくださり、シュガーパウダーを振りかけてホイップバターと混ぜることで仕上げてくださいます。

ライブ感のある演出はテンションも上がります

IMG_0481

もちもちの生地は焼き加減が抜群です。

IMG_0783



外側はカリッと中はしっとりとした食感が味わえ、粉砂糖の甘みにレモンのさわやかな酸味と生地の卵の風味が混然一体となり絶妙の味わいを作り出します

【アップルパイパンケーキ】
(2016年10月にいただきました)

フワフワに焼き上げて提供してくださるパンケーキをアップルが包み込んでいるアップルパイ好きにはたまらない一品です。

アップルはシナモンの香りが程よく漂いその甘さに彩りを添えます。
焼かれてカラメル状になった部分は香ばしく香りと相まって最高の味わいになっています。

IMG_0727

【苺のパンケーキ】
ふわふわでいてしっとりと滑らかな舌触りの生地です。
焼き加減も絶妙で最後の一口まで美味しく食べれてしまいます。
ホイップは軽いテイストと絶妙な甘さ加減。口どけが良いのでふわふわの生地と相性抜群です。


IMG_0638



【アイスコーヒー】
480円(2017年10月現在)

メイソンジャーで提供されるアイスコーヒーはたっぷりサイズ。すっきりとした酸味が爽やかな飲みやすい味わいで、パンケーキと相性の良いアイスコーヒーです。

IMG_0776

景色もよいお洒落な店内で手の込んだこだわりのお料理がいただけるススメのお店です!明治神宮の参拝後にぜひいかがでしょうか


オリジナルパンケーキハウス 原宿店カフェ / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅
昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ