IMG_2388


■『日本で一番美味しいパン屋』


『環八通り』から小田急線の南側沿いに『祖師ヶ谷大蔵駅』方面へ。駅を過ぎ『成城学園前駅』方面に向かう途中の左手にお店はあります。

 

お店の駐車場はありませんが、『祖師ヶ谷大蔵駅』からお店までの間にコインパーキングがいくつかありますので、こちらに駐車しましょう。

 

電車の場合は『祖師ヶ谷大蔵駅』南口から出て『みずほ銀行』のある交差点を右折『成城学園前』方面に進むと程なく左手にお店が見えてきます。

 

ブラウンを基調とした落ち着いた外観に広い窓が特徴のこのお店。開放的で明るい窓からは綺麗に並べられたパンや『オーストリア製の石臼』が伺えます。

IMG_0254


 

店名の『PLAISIR(プレジール)』はフランス語で『喜び』や『楽しみ』を意味し、『パンを通じて喜びや楽しみを共有したい』という願いが込められています。

 

実家もパン屋という、シェフの田中氏は、レストランやベーカリーで研鑽を積み『パンの通販』や『製パンのコンサルタント』などを経て2007年の12月にこのお店を開きます。

 

そして、瞬く間にパン好きにその名を知らぬ者はいない名店となりました『食べログ』パン部門で全国ランキング1位をはじめ、雑誌やTVでも高い評価を受け『東京で一番美味しいパン屋』あるいは『日本で一番美味しいパン屋』と評されることもある大人気店なのです。

IMG_0257

■酵母まで手作り

その人気の秘密はパンの特徴にあります。

例えば、パンの本場フランスでは、そのお店の職人が小麦選びから生地作り、焼成の工程まで行わなければ店名に『ブーランジェリー』と名乗ることができないという『法律上』の厳しい基準があります。

 

ところが、こちらのお店は、そうした工程はもちろん生地に使う『酵母』までシェフが自家培養している『自家培養発酵種』いわゆる『天然酵母パン』のお店なのです。

 

こうした『自家培養発酵種』を使用したパンは、複数の酵母菌や乳酸菌を含むため、イーストを使用した通常のパンと比べて独特の旨味、風味、食感が生まれます。

 

パンを焼かれる方の中には、ご自分で『種を起こす』ことにチャレンジなさる方も多いかと思います。私も基礎的ですが『ヨーグルト』や『レーズン』で種をおこして焼いたことがあります。『種をおこすこと』自体は難しくありませんが、発酵力が弱かったり酸味が強くなりすぎたりと安定させることがとても難しい行程でもあります。

 

こちらのお店で作られる『発酵種』は、フルーツや花、穀物などから起こされた約30種類にのぼり、常時15種類ほどが培養されているそうです。

 

ドライフルーツが多く入るパンにはフルーツから起こした『発酵種』を、甘めのパンには酸味を抑えた『発酵種』を、人気メニューの『スペシャルローズ』にはその名の通り『薔薇』から起こした『発酵種』を使用するなどのこだわりがあります。

 

さらに、これら多数の『自家培養発酵種』を1つのパンに2種類から4種類、様々な組み合わせで使用することによって、味に深みや旨味を加え、甘味やほのかな酸味までも引き出し、他に真似のできない唯一無二の味わいを作り出しているのです。

 

2月下旬の土曜日にお伺いしました。開店は12時ですが11時40分頃に到着。ドアが2つありますが『祖師ヶ谷大蔵駅』方面側のドアからガラス面に沿って並んでいきます。開店時には10人ほどの行列ができておりましたので20分ほど早めにお伺いするのがよろしいでしょう。

 

他のパン屋と異なるのは、同時に複数のお客様が入店してごった返すのではなく、1人ずつ順番に入店し、その順番に1人ずつ注文を受けお会計を済ますところです。

 

カットして測り売りする関係から1人5分程はかかりますので、お時間に余裕をもってご来店ください。

 

【2018年2月下旬 土曜日の混雑状況】

11:40 並び  1名

11:50 並び  8名

12:00 並び 10名

 

■パン・オ・フリュイ・ルージュ2018

1g/3.8円(税込み)量り売りになります。

目安フル  1,920円 500g

 ハーフ    960円 250g

(2018年2月現在)

IMG_2392

 

水を一切使わず、山葡萄の果汁のみを使い練り上げたパン。

 具材は(ピスタチオ、クルミ、ヘーゼルナッツ、ピーカンナッツ、イチジク、サルタナレーズン、カレンズ、クランベリー、サンマスカットレーズン、レッドレーズン、いよかんピール オレンジピール、グリュエドカカオ等)

IMG_2396


 

特筆すべきはその重さ。手に取ると想像の何倍も重たく、もはやパンの重さではないくらい。

 

この重さの正体は具材。パン生地よりも具材のほうが多く、また、具材の種類も多いので、食べるごとに別の食感と味が現れ、最後の一口まで同じ味には出会いません。

IMG_2390

 

ひと口頂けば、小麦の芳醇な香りが広がり、山葡萄の爽やかな風味が後から抜けていきます。食べ進めると不意にナッツのカリッとした食感が現れしっとりと柔らかいクラムへのアクセントとなり、このナッツ類の香ばしさとドライフルーツの甘みや酸味が相まって最高の味わいを作り出しています。

 

オーブンで少し温めることで、さらに小麦やナッツなどの香りや食感が高まります。

 

 

■スペシャルローズ

1g/4円(税込み)量り売りになります。

目安フル  2,386円 600g

 ハーフ  1,193円 300g

(2018年2月現在)

IMG_2385

 

エディブルローズ(食用の生バラ)から起こした『発酵種』を使ったパン。

IMG_2383

 

生地にたっぷりのラズベリー・クランベリー・ブルーベリーの実が入ったパンです。

カリッとしたクラストと、しっとりモチモチしたすだちのよいクラムのコンストラストが絶妙。

IMG_2381


生地はそれだけでも十分美味しいのですが、風味豊かなベリーの酸味と小麦の香ばしさが独特な甘みを際立てています。

 

■パン・ア・ラ・トマト

290円(2018年2月現在)

IMG_2378
 

 

オリーヴオイルとバジルをたっぷりと練りこんだ生地にドライトマトを入れチーズをのせて焼き上げられたパンです。

IMG_2379

 

ハーブが香るしっとりモチモチした生地にチーズの濃厚な旨みとドライトマトの甘さと酸味が組み合わさり、まるでトマトを丸ごとかじっているかのような味わいです。

 

■ショコラ エ オランジュ

480円(2018年2月現在)

IMG_2398

 

有機の石挽き粉を配合した生地にオーガニックのチョコレートとオレンジピールを混ぜて焼き上げたパンです。

IMG_2401

 

外側はカリッとした仕上がり。中はモチモチとした食感です。

IMG_2416



スィーツでは定番の『チョコ』と『オレンジ』と『アーモンド』という組み合わせは相性抜群。ここに、このお店ならではの小麦の香り高い生地が加わり深みのある多重な味わいを作り出しています。

IMG_2418


 

オリジナリティ溢れるパンはまさに唯一無二の味わい。素材や製法にこだわった名店です。

 

【ラトリエ ドゥ プレジール (L'atelier de Plaisir) までのアクセス】

東京都世田谷区砧8-13-8ジベ成城 1F

 

 【駐車場】

無 

近隣に有料駐車場有り

 

【電車の場合】

小田急線『祖師ヶ谷大蔵駅』から徒歩6~7分ほど

『成城学園前駅』から徒歩12~15分ほど10~12分ほど

 

【営業時間】

12:00~19:00

 

【定休日】

月曜日・木曜日

 

【公式HP】

http://www.plaisir1999.com/





ブログランキング・にほんブログ村へ
ラトリエ ドゥ プレジール

関連ランキング:パン | 祖師ケ谷大蔵駅成城学園前駅