ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

カテゴリ:東京 > 浅草

IMG_2363

 

2枚の丸い生地にたっぷりの餡が包まれた見た目も可愛らしい『どら焼き』そんな昔ながらの人気スィーツ『どら焼き』の名店がこの浅草にあります。

 

■『東京三大どら焼き』の名店

各路線の『浅草』駅から雷門通りへ。雷門の吾妻橋側斜め向かいにお店があります。

 

こちらのお店は、上野広小路の『うさぎや』東十条の『草月』に並ぶ『東京三大どら焼き』と称される名店。

 

観光客で賑わう通りの中で一際行列をなしているお店です。

土日など混雑時には行列整理のスタッフがおりますので指示に従いましょう。『どら焼き』以外の菓子のみ購入の場合は列に並ばずに別途入店し会計できる場合があります。

並ばず購入するのは平日夕方以降が狙い目ですが『どら焼き』が残っているか問い合わせた方がよろしいでしょう。

InkedIMG_0237_LI


 

2月中旬の土曜日12時00分頃にお伺いしました。行列は長いのですが販売スタッフが複数おり、手際よく販売されていくので待ち時間は20分ほどで購入できました。

【2月中旬 土曜日 12時00分頃の行列状況】

12:00 待ち人数 30名

12:20 待ち人数 30名

 

■1日3000個売れる『どら焼き』

『どら焼き あずき(黒あん)』

360円(2018年2月現在)

IMG_2360



『亀十』の『どら焼き』の特徴はその大きさ。通常の『どら焼き』の1.5倍くらいの大きさがあります。餡は2種類あり、濃厚な粒餡の香り漂う『あずき(黒あん)』と上品で甘さ控えめな『白あん』が選べます。

 

手に取るとずっしりとした重みが感じられ、特筆すべきはその柔らかさ。ふんわりフワフワの生地はカステラやホットケーキよりも柔らかく、まるで『シフォンケーキ』『スフレ』のようで、甘い香りにカラメル状の焼きの焦げ目の香りが混ざり合い食欲を刺激します。

IMG_2355


1口いただくと手に取った以上の柔らかさ。そして生地の中はたっぷりの粒餡。粒餡は皮を感じさせない柔らかさながらも小豆の風味が強く感じられ生地の甘みと相まって最高の味わいを奏でてくれます。

 

こちらのお店は北海道十勝産の小豆を柔らかく炊き上げ、ふんわりの皮と合うように甘さを控えめに仕上げています。

また、手作業で皮を焼くことにもこだわります。表面の焼きムラは経験を積んだ熟練の職人にしか描き出せないものだそうです。この焼きムラが口の中で絶妙な香ばしさと食感を作り出しているのです。

 

『どら焼き 白あん』

360円(2018年2月現在)

IMG_2361


こんがり飴色の生地と白く輝く餡のコンストラストが美しい一品。

この『白あん』には『白小豆』ではなく『手亡豆(てぼうまめ)』という『白いんげん豆』が使われています。小豆の餡子よりもしっとりとクリーミーで、ふわふわの皮との相性抜群。食感と味わいはまさに和風の『スフレパンケーキ』といった美味しさです。

 

 

【賞味期限】

〇包装には3日(購入日を含めて:土曜日に購入なら月曜日まで)となっています(2018年2月現在)

 

少し日持ちする商品なので、ちょっとした手土産にもぴったりです。

かなり大きめですが、シフォンケーキのような軽さなのであっさり食べれてしまいます。

デパートなどの催事にも頻繁に出店なさっていますので、要チェックです。職人の織り成す手作りの味をぜひ楽しんでみてください。

 

【亀十 (かめじゅう)  までのアクセス】

東京都台東区雷門2-18-11

 

【駐車場】

無  近隣に有料駐車場有

 

【電車の場合】

都営浅草線「浅草駅」A4出口から徒歩3分

東京メトロ銀座線「浅草駅」2番出口から徒歩1分

 

浅草駅(東武・都営・メトロ)から61m

 

【予約】

予約可

 

【営業時間】

10:00~20:30

 

【定休日】

不定休



にほんブログ村 スイーツブログへ

(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

関連ランキング:和菓子 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

IMG_1578

つくばエクスプレス 「浅草駅」A2出口から出て右手、浅草今半の交差点を右折し進みます。

「信号のある交差点」を左折し次の信号の手前、右手にマンション左手に不動産屋が見えたら左折し路地に入るとお店があります。

IMG_0085


徒歩約5分ほどです。お車であれば浅草周辺のコインパーキングが複数あります。

ミシュランガイド掲載初週の12月上旬の日曜日10時30分頃にお伺いしました。

行列もできる人気店ですが、この日は1巡目で入店できました。少し早目の来店が良いようです。

また、twitterをチェックしていると夜は21時までの営業ですが18時30分から19時くらいに材料切れで閉店することが多いのでご予定であればtwitterをチェックすると良いでしょう。

【12月上旬日曜日の待ち状況】
10:30 並び0
10:45 並び5
10:55 並び8
11:30 店内満席 外待ち10

こちらのお店はミシュランビブグルマンに選出されたラーメンの名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

浅草の喧騒から離れ、路地裏で静かに営む隠れ家的な佇まいのこのお店。

外観は小料理屋のような趣のある建物です。


IMG_0086


一歩足を踏み入れると、そこはラーメン屋というより和食や割烹料理店の雰囲気。

まめに「twitter」をなさっているのが意外な
白い割烹着に身を包んだ職人の風貌な店主と女将さんが切盛りをなさっています。


お席は一席ずつ支度がされてもてなされ、蕎麦屋のように一席ごとにおかれたメニューから品を選び注文するスタイルはミシュランガイドのラーメン店では自由が丘の「三藤」とこのお店のみ。

かしこまってしまいそうですが、店主達のお人柄や店内のBGMがラジオであったりとゆるやかな雰囲気でもあります。

お会計は前会計になりますので、注文の前にお財布を用意しておきましょう。

お席は厨房に面したL字カウンターが7席、席の間隔が広めで、ゆったりとお食事ができます。

今回は「醤油+蓮根トッピング」に「自家製ソースのカツ丼」をいただきました。

【醤油+蓮根・味玉トッピング 細麺】
950円(2017年12月現在)

IMG_1580

デフォルトでも蓮根が入っていますが、追加で蓮根をトッピングしました。

まず特筆すべきはその調理の丁寧さ。カウンターからは店主の丁寧な仕事ぶりが寿司店やてんぷら店のようにライブ感を持って伺えます。

ほどなく京された器は飴色の透き通ったスープが照明を帯びて輝いています。
麺も綺麗に折りたたまれて提供される美しき一杯。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。


IMG_1579

一口いただくと口の中に広がる上品な甘みと香り。
鶏ベースのスープは煮干しや昆布、節など乾物のほのかな香りが上品に広がり鶏の旨みが余韻を残します。
端麗ながらも奥深さを感じる、無化調ならではのすっとしみいる味わいです。

こちらのお店では、丸鶏から丁寧にだしを取り、醤油の風味を生かしたスープに仕立てているそうです。

北海道産小麦の自家製麺は2種類から選ぶことができます。
○中太手もみ麺 手もみでウェーブをかけた平打ち麺
○細麺     のど越がよいストレート中細麺

厨房に小さめの「のし台」が置かれており、「中太手もみ麺」はそこで手もみをして仕上げる姿が伺えます。

今回は細麺を選びました。細麺は中細のストレート麺で優しい口当たり。のど越もよく小麦の香りと上品なスープが程よく調和する美味しい麺です。


IMG_1581

チャーシューは2種
低温調理の技法を用いられた豚肩ロースのチャーシューはジューシーで噛みしめるごとに肉の旨みが溢れる美味しさです。
豚バラチャーシューは表面が炙られており、香ばしくも口の中でほろほろとほつれる柔らかさです。

メンマはコリコリとした食感が楽しく、出汁の風味が旨みを際立たせています。

加賀蓮根はホクホクとした食感で、こちらも出汁の旨みが浸み込み「えぐみ」は全くなく野趣あふれる風味が上品なスープと調和しています。
箸休めとしても最適でスープの次の一口を新たな発見に導くでしょう。


IMG_1582


味玉も半熟の黄身に出汁の風味がほんのり染みて味わい深い品です。

【自家製ソースのカツ丼】
350円(2017年12月現在)

IMG_1584

薄く伸ばされた豚肉を提供前にカラリと揚げ、スパイス香るソースにくぐらせた香り高き一品。

自家製ソースは甘さの中に酸味とスパイシーさが感じられ、サブメニューとは思えない完成度の高い一品です。

【麺 みつヰのお品書き】

IMG_0087

【麺 みつヰ までのアクセス】
東京都台東区西浅草2-10-4 あけぼのビル1B

【駐車場】


【電車の場合】
つくばEXP「浅草」駅より徒歩5分

【営業時間】
火~土  11:0014:30 17:3021:00
日・祝  11:0016:00
早めに材料が切れることもありますので公式twitterをチェックしてみてください。
https://twitter.com/men_mitsuwi


【定休日】
月曜日 (月曜が祝日の場合火曜日)、第4火曜日
公式WEBもチェックしてみてください
https://men-mitsuwi.tumblr.com/

関連ランキング:ラーメン | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

スポンサードリンク

このページのトップヘ