ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

カテゴリ:旅行・観光 > 神社

IMG_05171

 

戸隠に来たらぜひ参拝したい、戸隠神社最大のパワースポットである奥社


一歩足を踏み入れると誰もがその神秘的な風景に圧倒されます。

 

その奥社への道のりはこの大鳥居から始まります。

IMG_05021




戸隠神社の奥社へ続く大鳥居の付近には、奥社参拝用の駐車場が用意されており、こちらも中社と同じく無料駐車場と有料駐車場があります。

ここから奥社まで約2kmあり、途中から山道もありますのでゆっくり散策しながら歩いて片道45分から~60分くらいの道のりとなります。


大鳥居からは整備された参道を歩いていきます。

IMG_05071


 


野鳥のさえずりが響く木々に包まれ、両脇には小川が流れています。

IMG_05081


 

 

歩き続けると前方にうっすらと赤い建物が見えてきます。

IMG_0511




この建物が随神門(ずいしんもん・ずいじんもん)です。

IMG_0513




建物の藁葺き屋根には植物の緑が色づき、なんとも趣のある佇まいです。

IMG_05471



そしてこの随神門をくぐると景色と雰囲気が一変します。
IMG_05171


 

 

 

高さ30m以上、樹齢400年を越える巨大な杉の並木が両側を守るように包み込んでいます。

IMG_0520


 

この日は雲一つない快晴でしたが木々に囲まれ薄暗くひんやりとしています。この空気が参道の神聖さと神秘性を作り出しています。

 

まるで「千と千尋の神隠し」の門をくぐってしまったかのように世界が変わるのを肌で感じ取ることができるでしょう。

しかし、映画と違い、今感じているのはまさにプラスのパワーなのです

 

さあ、ここからがこの参道の後半です。


参道を進むとご神木も見られます。

IMG_05241



 

苔むした木々は芸術性すら感じさせます。

IMG_05251



 

そしてラスト15分間は軽い山登りとなります。

IMG_05271



無理せずに休みながら進みましょう。途中にお手洗いやベンチも用意されています。


右手に小さな滝が見えてきたらゴールです。

そして奥社の社務所(御朱印所)もこちらにあります。

IMG_05281


 

 

手水舎 こちらで清めます。

IMG_0531


 

まず左手には、梨が大好物、水を司る神様である九頭龍大神様を祭る九頭龍社があります。

IMG_05321



 

そして、その先に奥社

IMG_0535


 

神話のころ、天手力雄命が飛ばした「天岩戸」で出来たのが、戸隠山でありその山麓に広がったのが「戸隠神社」と言い伝えられています。

IMG_05381


 

【奥社に向かうために】

・お時間について

駐車場のある奥社の大鳥居から奥社までは往復1時間から1時間30分はかかります。探索や参拝、御朱印の受領や休憩などを入れるとさらに時間が必要ですので余裕をもってお伺いください。

 

・道について

大鳥居から随神門までは平たんな整備された道ですので、奥社まで簡単にたどり着けそうに感じますが、随神門から奥社まではかなりの険しい石段になります。

足や腰にお怪我などがある方や、小学校低学年以下のお子様などは道中のお時間や険しさを考慮し随神門までにするなど無理をされない配慮をしたほうが良いでしょう。

 

・靴について

革靴やヒールなどかかとの高い靴でたどり着くのは困難です。

スニーカーやトレッキングシューズなど歩きやすい靴で向かいましょう

 

・あるとよいもの

前述の通り後半の10分間は険しい山道です。タオルや水分補給のペットボトルや水筒を用意しましょう。

 

・マナー

参道の中央は神様の通り道になるので、左右どちらかに寄って歩きます。すれ違う時などどうしても横切らなくてはいけない場合は「渡ります」と浅く一礼をします。

鳥居は端に立ち一礼をしてからくぐります。足は参道の外側になる足から踏み入れましょう。

手水舎では両手と口を清めましょう。

 

 

 戸隠神社 Togakushishrine

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

 

IMG_0313

 

日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。

 

長野市街からは車で1時間ほど、JR長野駅からはバスも運行しておりアクセスは抜群です

 

その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れます。


IMG_0490

 

戸隠神社の歴史は古く、創建は紀元前210年までさかのぼると言われています。

 

その起こりは神話の岩戸隠れ伝説が舞台となります。

戸隠山は「天の岩戸」が飛来して現在の姿になったといわれ、地主神の九頭龍神と「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々が祭られています。


よってこの戸隠神社、実は1社だけではなく、奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の5社からなりたっています。

IMG_0450




そして、5社それぞれにご利益の異なる祭神が奉られているのです。

 

<戸隠神社5社の主なご利益>

 

祭神

主なご利益

奥社

(おくしゃ)

天手力雄命

あめのたぢからおのみこと)

 

開運

心願成就

五穀豊熟、スポーツ必勝

中社

(ちゅうしゃ)

天八意思兼命

(あめのやごころ

おもいかねのみこと)

 

学業成就

商売繁盛

開運・厄除・家内安全

宝光社

(ほうこうしゃ)

天表春命

(あめのうわはるのみこと)

 

開拓学問技芸裁縫の神

安産の神

女性や子供の守り神

九頭龍社

(くずりゅうしゃ)

九頭龍大神

(くずりゅうのおおかみ)

 

水の神

縁結の神

火之御子社

(ひのみこしゃ)

天鈿女命

(あめのうずめのみこと)

舞楽芸能の神

縁結の神

火防の神

 

戸隠神社の5社は、南側に2社少し離れて中社、そして奥社と九頭龍社の大きく3地区に建立されています。

御朱印集めでは5社すべてにお伺いしたいところですが、参拝するのであれば、それぞれのご利益を鑑みてお伺いするのもよいかもしれません。

【中社】

IMG_04891
中社付近には参拝車用の無料駐車場や有料駐車場が多くあります。
中社の大鳥居を過ぎ右手に駐車場があり、そのすぐ先にも大きな駐車場があります。

この駐車場から中社へ向かうと鳥居が見えてきます
IMG_0307

清めます
IMG_0314

ご神木
IMG_0317

中社
IMG_0310

中社の横には小さな滝があります。
この滝も人気のパワースポットです。
IMG_0311

中社への階段は急なのでお気を付けください。
IMG_0441

中社大鳥居
IMG_0459



中社へ参拝に行かれたのちに、お蕎麦をいただいて帰路に就くことも多いかと思いますが、お時間に余裕があればぜひ奥社へ足を延ばしてみてください。

 

そこは、厳かで神秘的な風景が広がり、戸隠のパワースポットを肌で感じることができる場所なのです。


奥社の特集はこちら
 

戸隠神社 Togakushishrine

【交通】


お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

スポンサードリンク

このページのトップヘ