ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

カテゴリ: 旅行・観光

IMG_2753

今回はブログ仲間の『かーと』さんに影響されて『花』の写真を撮ってみました♪

『かーと』さんはラーメンやカップラーメンのレビューで大人気のブロガーさん。その詳細なレビューと的確な味の分析は1度読んだら虜になります。

その『かーと』さんが綺麗な『花』の写真も季節ごとに記事になさっていたので、私も挑戦してみました(*’▽’)

『かーと』さんの素敵なブログもぜひ訪問してみてください(*´▽`*)

He can eat anything but himself!

https://fairysbible.blog.fc2.com/

 


■日本三大夜桜の名所

今回お伺いしたのは新潟県上越市にある『高田城』。お城の公園内に見事な桜が咲き誇る『日本三大夜桜』と称される名所です。

IMG_2747
 


この日は、友人の引越しの手伝いがメインの目的でしたが、時間を見てお伺いしてみました。

IMG_2745


・・・が、
IMG_2746


東京とは気候が違う日本海沿岸。東京ではすでに桜が散った3月30日にお伺いしましたが、こちらではまだ『蕾』の状態。

IMG_2748

道中の『上信越道』など長野県内の高速道路沿いは満開でしたが・・・
どうやら見どころになるのは4月上旬のようでした。

 

IMG_2752

ということで、また来年伺う機会があれば夜桜の撮影にチャレンジしてみます(#^.^#)
IMG_2751



IMG_2750


IMG_0493


パワースポットとして人気の戸隠神社


小さなお子様とご一緒に楽しめる雄大な景色と楽しいスポットをまとめましたおすすめのコースは移動時間込みで約5時間です

 

 

 

所要時間

駐車場

みどりが池

60分

(奥社参道まで往復)

20台分

奥社 参道~随神門まで

60分

(往復)

100台分

忍者の里 チビッ子忍者村

60分~120分

 

80台

中社

(ちゅうしゃ)

20分

100台分

 

1.みどりが池
IMG_0551


まずは「みどりが池」に向かいましょう♪

戸隠神社中社を過ぎて奥社へ向かう途中の左手に戸隠森林植物園の看板が見えますので左折すると駐車場があります。

IMG_05571

 紅葉シーズンやお盆・GW以外の土日なら9時くらいまでは空いているいることが多いです。空いてなかったら奥社駐車場を利用しましょう。その場合コースは逆になります。

IMG_0556

駐車場から歩いて3分くらいで「八十二 森のまなびや」に着きます

入館料はなんと「どんぐり」なんですよ~

http://www.pref.nagano.lg.jp/nagachi/nagachi-rimmu/shokonorin/togakusisinrinsyokubutuen.html

入館料   どんぐり (入口で見つけてね)
開館時間
  午前930分~午後5
休館日    毎週月曜日

       (月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)

平成29年度は422日(土曜日)から 開館します

平成29年度は1130日(木曜日)をもって閉館とする予定です

 

そこから歩いて1分でみどりが池に到着します

IMG_0493


 

この日は幼稚園の園児たちが遠足に来ていました♪そのくらいのんびりした場所ですよ


 

光る水面がきれいな池です。

IMG_0550


 

9月~11月にはトンボが飛び回り

IMG_0584


ベンチに座っているとすぐ隣に止まってきますよ~




IMG_0568

 

遊歩道はウッドデッキで歩きやすいです

IMG_0496


マイナスイオンを吸いながら進んでいきましょう~

IMG_04951

 

途中綺麗な小川や

IMG_0497
 

 

野草が花を咲かせています。

IMG_0499
 

ゆっくり歩いて15分ほどで奥社の大鳥居に着きます

IMG_0500


 

2.奥社・随神門

道のりはこの大鳥居から始まります。

IMG_05021




戸隠神社の奥社へ続く大鳥居の付近には、奥社参拝用の駐車場が用意されており、こちらも中社と同じく無料駐車場と有料駐車場があります。

ここから随神門まで約1kmありますのでゆっくり散策しながら歩いて片道20分から~30分くらいの道のりとなります。


大鳥居からは整備された参道を歩いていきます。

IMG_05071


 

野鳥のさえずりが響く木々に包まれ、両脇には小川が流れています。

IMG_05081
 

 

歩き続けると前方にうっすらと赤い建物が見えてきます。

IMG_0511





この建物が随神門(ずいしんもん・ずいじんもん)です。

建物の藁葺き屋根には植物の緑が色づき、なんとも趣のある佇まいです。

IMG_05471



そしてこの随神門をくぐると景色と雰囲気が一変します。

IMG_05171
 

 

 

高さ30m以上、樹齢400年を越える巨大な杉の並木が両側を守るように包み込んでいます。

 

この日は雲一つない快晴でしたが木々に囲まれ薄暗くひんやりとしています。この空気が参道の神聖さと神秘性を作り出しています。

 

まるで「千と千尋の神隠し」の門をくぐってしまったかのように世界が変わるのを肌で感じ取ることができるでしょう。

しかし、映画と違い、今感じているのはまさにプラスのパワーなのです

 

 

神話のころ、天手力雄命が飛ばした「天岩戸」で出来たのが、戸隠山でありその山麓に広がったのが「戸隠神社」と言い伝えられています。

 

・靴について

スニーカーやトレッキングシューズなど歩きやすい靴で向かいましょう

 

・あるとよいもの

タオルや水分補給のペットボトルや水筒を用意しましょう。

 

・マナー

参道の中央は神様の通り道になるので、左右どちらかに寄って歩きます。すれ違う時などどうしても横切らなくてはいけない場合は「渡ります」と浅く一礼をします。

鳥居は端に立ち一礼をしてからくぐります。足は参道の外側になる足から踏み入れましょう。

 

小さなお子様連れでしたらこちらで次の目的地に向かいます。

奥社まで参拝したい場合はこちら

 

帰り道はこの看板で左手に向かいます。右でも帰れますが遠回りになりますよ~

IMG_05491
 

 

3.【忍者の里 チビッ子忍者村】

お次は忍者になって楽しみましょう♪
場所は戸隠森林植物園・奥社駐車場から車で3分ほど

入場料が500円とリーズナブルなこの施設。(有料アトラクションもあります)
忍者服のレンタルで忍者になりきったり、迫力の忍者ショーを楽しんだりできます。

かわいい忍者のソフトクリームやスィーツ、軽食もいただけます。

お土産屋さんの手裏剣のレプリカは必見です。

 

http://www.ninjamura.com/

●営業時間

9:00~17:00 (最終入場は1630です)

●定休日

  • 毎週木曜日 但し夏休み期間は無休です。
  • 冬期間休業(11月下旬から4月下旬)

●駐車場

無料駐車場80台

●キッズルーム 

0歳~4歳までのお子様が利用できるキッズルームがございます。ベビーベットもありますのでおむつ交換などにご利用下さい。

 

4.中社(ちゅうしゃ)

戸隠に来たら必ず参拝したいのが中社です。

IMG_0307


 

大鳥居の周辺には樹齢800年を超えるご神木があります。

 

手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)で清めます

IMG_0313



 

拝殿です

IMG_0310


 

拝殿の横にはパワースポットの滝があります

IMG_0311


 

 

 

小さなお子様と一緒に楽しめる戸隠神社周辺スポットとオススメコースを紹介いたしました♪

 

景色も食べ物も美味しいおススメのパワースポットですよ

 

お時間があればこちらもおすすめです


・宝光社 
中社から車で5分ほど。距離1.5km

女性や子供の守り神である天表春命(あめのうわはるのみこと)が御祭神の神社です。


・戸隠蕎麦

うずら家そばの実そば茶屋極楽坊など名店が揃っています

IMG_0288



 

・小布施

戸隠神社から車で1時間ほど。栗の郷には様々な栗料理がそろっています。
栗料理 小布施堂本店福栗焼き
スィーツ ロントメロンパン

IMG_0358


 

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

IMG_01781


年間の乗客数が80万人にも達する人気のトロッコ電車、黒部峡谷鉄道。その始発駅である宇奈月駅は宇奈月温泉駅に隣接し、周辺には温泉宿を中心にお土産物屋などが立ち並びます。

この駅の構内に軽食をいただけるお店があります。
ちなみに終点の欅平駅にも同系列のお店がありますのでどちらでお食事をとるのかはお時間やプランに合わせてお好みで選べます。

IMG_01841


お店は50席とゆったり広めです。お席はよくあるファミレスタイプのものですが、窓側の席からはエメラルドグリーンに輝く黒部川が一望できます。

IMG_01971


こちらのお店では、入り口で食券を購入してお渡しの上で番号を呼ばれたら取りに行き、セルフサービスでお水や片づけを行う高速道路のSAタイプのスタイルです。

9月の3連休、日曜日の午前10時30分頃にお伺いしました。
駅には多くのお客様がいらっしゃいましたがお席はわたくしたちともう一組でした。
IMG_01781


【白えびかきあげうどん(氷見うどん)】 
うどんの麺は氷見うどん風で細いながらもコシのある美味しい麺です。おだしの風味もほどよく十分に美味しいうどんです。

IMG_01831


【珈琲と栗のモンブラン】 
白い山が特徴のモンブランはさくさくで柔らかくクリームも程よい甘さです。
ベルリーベの「珈琲とモンブランのケーキ」は安定した美味しさのケーキです。

【交通】
お車の場合

「黒部IC」より
約20分(時間帯により渋滞することがあります。)

電車の場合

電車をご利用の方は富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」で下車、徒歩5分です。

【営業時間】
10:00~15:30(不定休)
1
5:00L.O.

【駐車場】
近隣に有料駐車場があります。
1日900円(2017年9月現在)

レストイン黒部定食・食堂 / 宇奈月駅宇奈月温泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

関連ランキング:定食・食堂 | 宇奈月駅宇奈月温泉駅

新潟県新潟市にある観光物産施設
ピアBandai」の中にお店があります。

この施設はお米や鮮魚にお酒や珈琲など
新潟の美味しい食材が集うオススメスポットです。

ラテアートの美しい
新潟珈琲問屋 THE BAROQUE
この施設にあります。

9月中旬、連休初日の土曜日の午前中にお伺いしました。

人気の施設のようで正午には駐車場は満車でしたが10時30分くらいは、まだ空きがあります。

【いかのお寿司】
新鮮なイカは心地よい歯ごたえ。噛みしめるごとにほのかな甘みが広がります。

IMG_01761

【のどぐろのフライ】
こちらは持ち帰りで、岩塩やつゆ出汁でいただきました。
フライのさくさく感とのどぐろの脂とうまみが美味しいフライでした。


【交通】
北陸自動車道−新潟西IC(新潟バイパス)−紫竹山インターより、約10
磐越自動車道−新潟中央JCT−新潟亀田ICより、約15
日本海東北自動車道−新潟亀田ICより、約15

土日祝日は駐車場がとても混雑しますので
施設の隣にある朱鷺メッセB駐車場を利用すると
混雑を回避できます
1時間無料+30分利用券発行)





万代島鮮魚センターその他 / 新潟駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

関連ランキング:その他 | 新潟駅

IMG_05171

 

戸隠に来たらぜひ参拝したい、戸隠神社最大のパワースポットである奥社


一歩足を踏み入れると誰もがその神秘的な風景に圧倒されます。

 

その奥社への道のりはこの大鳥居から始まります。

IMG_05021




戸隠神社の奥社へ続く大鳥居の付近には、奥社参拝用の駐車場が用意されており、こちらも中社と同じく無料駐車場と有料駐車場があります。

ここから奥社まで約2kmあり、途中から山道もありますのでゆっくり散策しながら歩いて片道45分から~60分くらいの道のりとなります。


大鳥居からは整備された参道を歩いていきます。

IMG_05071


 


野鳥のさえずりが響く木々に包まれ、両脇には小川が流れています。

IMG_05081


 

 

歩き続けると前方にうっすらと赤い建物が見えてきます。

IMG_0511




この建物が随神門(ずいしんもん・ずいじんもん)です。

IMG_0513




建物の藁葺き屋根には植物の緑が色づき、なんとも趣のある佇まいです。

IMG_05471



そしてこの随神門をくぐると景色と雰囲気が一変します。
IMG_05171


 

 

 

高さ30m以上、樹齢400年を越える巨大な杉の並木が両側を守るように包み込んでいます。

IMG_0520


 

この日は雲一つない快晴でしたが木々に囲まれ薄暗くひんやりとしています。この空気が参道の神聖さと神秘性を作り出しています。

 

まるで「千と千尋の神隠し」の門をくぐってしまったかのように世界が変わるのを肌で感じ取ることができるでしょう。

しかし、映画と違い、今感じているのはまさにプラスのパワーなのです

 

さあ、ここからがこの参道の後半です。


参道を進むとご神木も見られます。

IMG_05241



 

苔むした木々は芸術性すら感じさせます。

IMG_05251



 

そしてラスト15分間は軽い山登りとなります。

IMG_05271



無理せずに休みながら進みましょう。途中にお手洗いやベンチも用意されています。


右手に小さな滝が見えてきたらゴールです。

そして奥社の社務所(御朱印所)もこちらにあります。

IMG_05281


 

 

手水舎 こちらで清めます。

IMG_0531


 

まず左手には、梨が大好物、水を司る神様である九頭龍大神様を祭る九頭龍社があります。

IMG_05321



 

そして、その先に奥社

IMG_0535


 

神話のころ、天手力雄命が飛ばした「天岩戸」で出来たのが、戸隠山でありその山麓に広がったのが「戸隠神社」と言い伝えられています。

IMG_05381


 

【奥社に向かうために】

・お時間について

駐車場のある奥社の大鳥居から奥社までは往復1時間から1時間30分はかかります。探索や参拝、御朱印の受領や休憩などを入れるとさらに時間が必要ですので余裕をもってお伺いください。

 

・道について

大鳥居から随神門までは平たんな整備された道ですので、奥社まで簡単にたどり着けそうに感じますが、随神門から奥社まではかなりの険しい石段になります。

足や腰にお怪我などがある方や、小学校低学年以下のお子様などは道中のお時間や険しさを考慮し随神門までにするなど無理をされない配慮をしたほうが良いでしょう。

 

・靴について

革靴やヒールなどかかとの高い靴でたどり着くのは困難です。

スニーカーやトレッキングシューズなど歩きやすい靴で向かいましょう

 

・あるとよいもの

前述の通り後半の10分間は険しい山道です。タオルや水分補給のペットボトルや水筒を用意しましょう。

 

・マナー

参道の中央は神様の通り道になるので、左右どちらかに寄って歩きます。すれ違う時などどうしても横切らなくてはいけない場合は「渡ります」と浅く一礼をします。

鳥居は端に立ち一礼をしてからくぐります。足は参道の外側になる足から踏み入れましょう。

手水舎では両手と口を清めましょう。

 

 

 戸隠神社 Togakushishrine

【交通】

お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

 

IMG_0313

 

日本屈指のパワースポットとして有名な戸隠神社。

 

長野市街からは車で1時間ほど、JR長野駅からはバスも運行しておりアクセスは抜群です

 

その神秘的な姿はもちろん風光明媚な景色と近隣の豊かなグルメも相まって多くの観光客が訪れます。


IMG_0490

 

戸隠神社の歴史は古く、創建は紀元前210年までさかのぼると言われています。

 

その起こりは神話の岩戸隠れ伝説が舞台となります。

戸隠山は「天の岩戸」が飛来して現在の姿になったといわれ、地主神の九頭龍神と「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々が祭られています。


よってこの戸隠神社、実は1社だけではなく、奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の5社からなりたっています。

IMG_0450




そして、5社それぞれにご利益の異なる祭神が奉られているのです。

 

<戸隠神社5社の主なご利益>

 

祭神

主なご利益

奥社

(おくしゃ)

天手力雄命

あめのたぢからおのみこと)

 

開運

心願成就

五穀豊熟、スポーツ必勝

中社

(ちゅうしゃ)

天八意思兼命

(あめのやごころ

おもいかねのみこと)

 

学業成就

商売繁盛

開運・厄除・家内安全

宝光社

(ほうこうしゃ)

天表春命

(あめのうわはるのみこと)

 

開拓学問技芸裁縫の神

安産の神

女性や子供の守り神

九頭龍社

(くずりゅうしゃ)

九頭龍大神

(くずりゅうのおおかみ)

 

水の神

縁結の神

火之御子社

(ひのみこしゃ)

天鈿女命

(あめのうずめのみこと)

舞楽芸能の神

縁結の神

火防の神

 

戸隠神社の5社は、南側に2社少し離れて中社、そして奥社と九頭龍社の大きく3地区に建立されています。

御朱印集めでは5社すべてにお伺いしたいところですが、参拝するのであれば、それぞれのご利益を鑑みてお伺いするのもよいかもしれません。

【中社】

IMG_04891
中社付近には参拝車用の無料駐車場や有料駐車場が多くあります。
中社の大鳥居を過ぎ右手に駐車場があり、そのすぐ先にも大きな駐車場があります。

この駐車場から中社へ向かうと鳥居が見えてきます
IMG_0307

清めます
IMG_0314

ご神木
IMG_0317

中社
IMG_0310

中社の横には小さな滝があります。
この滝も人気のパワースポットです。
IMG_0311

中社への階段は急なのでお気を付けください。
IMG_0441

中社大鳥居
IMG_0459



中社へ参拝に行かれたのちに、お蕎麦をいただいて帰路に就くことも多いかと思いますが、お時間に余裕があればぜひ奥社へ足を延ばしてみてください。

 

そこは、厳かで神秘的な風景が広がり、戸隠のパワースポットを肌で感じることができる場所なのです。


奥社の特集はこちら
 

戸隠神社 Togakushishrine

【交通】


お車の場合

 

上信越自動車道「長野IC」より

1時間(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「信濃町IC」より

30分。

 

【駐車場】

【奥社・九頭龍社】奥社参道入口付近に約100台分
【中社】約100台分
【火之御子社】鳥居前に3台分
【宝光社】約20台分
その他有料駐車場が各社付近にあります。
※冬季は雪のため上記の駐車場が御利用いただけない場合がございます。詳しくはお問い合わせしたほうが良いでしょう。

 

電車の場合

 

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

路線バス:アルピコ交通
長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」にご乗車下さい。(約1時間)冬季注意

P1010891





エクシブ京都八瀬離宮は会員制リゾートホテルで
場所は京都東I.Cから約30分ほどの閑静な山あいにあります






P1010894





山と川など途中の景色が素晴らしいので
運転していてもとても気持ちよく走れます♪

到着するとそこはまさに
風光明媚な自然に囲まれた現代の「離宮」です

施設はとても広くて大きめの学校くらいの
敷地面積がありますので京都の季節を感じながら
ゆったりと庭内を散策することができます

お部屋は「スィートグレード」に宿泊いたしました



P1010858




LDKタイプのお部屋は広々としたリビングに
ベッドルームと和室があしらわれています



P1010866

【リビング】
部屋に置かれた家具や装飾品は
どれも手触りと使い心地の良い上質な品です


とても静かで自然の中にいる気分が味わえます


【バスルーム】


P1010867


【ザ・スパ】(大浴場)
エクシブ京都八瀬離宮にはお部屋のバスルームの他に
「露天風呂・内風呂・サウナ・寝湯・バイブラバス
天然石熱気浴を兼ね備えた」

素晴らしい天然温泉がありますので
そちらに入ることが多いかもしれません


【スパ】(リラクゼーションスパ)
贅沢なヒーリングタイムを過ごすことができる
スパ&トリートメント ロサージュ」では

「自然薬草との調和」をコンセプトに
よもぎなどの薬草を使った
多彩なエステティックメニューを楽しめます


「京禅」と呼ばれる儀式を取り入れた
スパのコースメニューがあるのも
珍しく京都ならではです


【レストラン】
宿泊する際に日本料理・フランス料理
イタリア料理・中華料理が選べます

今回はイタリア料理を選びました。
詳細はこちら






P1010865


会員制宿泊施設ですので
会員権がないと宿泊することができませんが

普通のリゾートホテルや旅館とは違う
ワンランク上の上質感を味わうことができます


P1010892


宿泊施設でありながら
自宅よりも心地よい空間がここにあります

日常の喧騒から離れ仕事の疲れを癒すには
最高のシチュエーションです




【場所】
京都府京都市左京区八瀬野瀬町74-1


【施設情報】
エクシブ京都八瀬離宮

image3


デザインアートミュージアム21_21 DESIGN SIGHT

六本木駅8番出口から出てすぐ
「東京ミッドタウン」の敷地内にあります


そこで開催されている
そこまでやるか展に行ってまいりました♪

2017
623日より企画展
「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
を開催しています

image7



一見実現不可能ではないかと思われるような
壮大なプロジェクト
が集う展示会
もちろん実際にこの場所で展示できないものも
ありますのでこちらは映像や模型などで紹介されています


image5


【西野達】
カプセルホテル21
カプセルホテルをモチーフにしたアートですが
実際に宿泊するイベントも実施されました

実際に中に入れますので
横になってみましたが・・・・・

意外と快適(*'▽')

外からの視線が気になりますけどね♪

image1



【浅井裕介】
実はこの作品は日本全国各地で採取された
土や泥も使って描かれています
壁面いっぱいの大きな絵画は
躍動感があふれて生きているかのような
質感が感じられます

image4


【ジョルジュ・ルース】
円のように見えますが
実は白い角材が無数に組み合わされたアートです
真円となって浮かび上がるように見えるのは
ある一点から見たときだけ

image2



仕事やプライベートで
新たなインスピレーションを得るには
絶好の施設です

image6



【場所】
東京ミッドタウン
107-0052 東京都港区赤坂
9-7-1

【開催日時】

2017
623()101()
10:00
19:00(入場は18:30まで
)
六本木アートナイト特別開館時間(予定)
930日(土)10:00-24:00(入場は23:30まで
)
【休館日】火曜日





スポンサードリンク

このページのトップヘ