ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

カテゴリ:長野 > 小布施

IMG_0428


人口1万5千人ほどの小さな町に年間120万人もの観光客が訪れる長野県小布施町

”栗の郷”と呼ばれるその街道沿いにはお土産物屋から栗料理屋・甘味処など様々なお店が立ち並びます。

この「栗の郷」小布施に”長野県で1番美味しいケーキ屋”と称されるパティスリーがお店を構えています。

こちらのお店では、持ち帰りはもちろんイートインのカフェスペースもあり、パティシエがじっくりと焼き上げてくださる「ベーカリー」の品々や「マカロン」をはじめとした「焼き菓子」などケーキや本格的なフランス菓子が楽しめ、その数はなんと150種類にもなります

この本格的フランス菓子をつくるパティシエは樋田昌朗シェフ。
日本トップクラスのパティシエでその経歴は輝かしいものがあります。

「料理の鉄人」坂井宏行シェフのお店「ラ・ロシェル」で5年


厚生労働大臣から現代の名工を受賞した「フランス菓子の第一人者」 河田勝彦シェフのお店「オーボンビュータン」で5年


フランスに渡り「Michel belin」や「星付きレストラン」で研鑽を積んだのちに、長野の老舗菓子店を経てこの小布施で

 

「フランス人の方が来店してもこれはフランス菓子 だと言われるものを日々作り続ける努力をしています」とこのお店を開きました。


IMG_0380


9月下旬の平日10時頃と早めの時間にお伺いしました。
一歩店内に足を踏み入れるとパンやパイ生地が焼ける香ばしい香りが出迎えてくれます。

開店は朝9時30分と早いのですが、焼き菓子のコーナーにはすでに種類豊富な「パン菓子」や「焼き菓子」が並んでおり、垣間見える厨房では手際よく次々にケーキや菓子が作られている姿が伺えます。

人気店なのでお客様は絶え間なくいらっしゃいますが、やはりイートインコーナーにはまだお客様はおりませんでした。

今回は持ち帰りでケーキを購入です。


【ファーブルトン】

250円(2017年9月現在)

IMG_0430


クレープ生地のようでいてプディングケーキのようなもっちりとした食感は絶品!

卵の豊かな風味とほのかな甘みが生地全体をやさしく包み込んでいます。

 

「ファーブルトン」はフランスのブルターニュ地方に伝わる伝統菓子です。

ブルターニュ地方のお粥という意味で、もともとは牛乳と小麦粉を煮て作ったシンプルなお菓子だったそうですが、近年では生クリームや卵を加え、濃厚でコクのある味わいに変化しています。

【パラディ】 
420円(2017年9月現在)

IMG_0434


フランス産のチーズを使ったレアチーズのムースを赤い実のゼリーが包み込んでいる美しいケーキです。
レアチーズの濃厚な風味とベリーの爽やかな酸味は相性抜群。これは美味しいです!

【タルトカンパーニュ】 
250円(2017年9月現在)
IMG_04291


サクサクのパイ生地はバターの豊潤な香りと小麦の香ばしい香りが相まって最高の美味しさを奏でています。

 

このパイ生地の美味しさと香りはさすが1流パティシエの技、絶品というほかありません。

 

この素晴らしいパイ生地が瑞々しいリンゴを包み込んでいます。彩も鮮やかで素敵な品です!これが250円とはコストパフォーマンスが良すぎです。近くにあったら間違いなく毎日買いに行くでしょう♪

 
【モンブラン】
 380円(2017年9月現在)

IMG_0433


メレンゲそのもののようにフワフワで柔らかく繊細な台の上に乗る栗のクリームは口に入れると栗の甘い香りが広がり最高の美味しさです!

栗餡を裏ごしたものが織り込まれた風味豊かなペーストに生クリームが重ねられモンブラン全体を引き立てます。

栗の香り豊かで多重な奥深さを楽しめる最高のケーキです。

生地一つとってもケーキによって織り込む素材を変えて焼き上げるなど、一つ一つの品が厳選された素材で構成されていて、かつ手の込んだ造り込みをされています。

豊かな自然と風景に1流のパティシエが織りなす最高の味わい
小布施への観光に来たらぜひ立ち寄りたい、本当に素晴らしいケーキショップです。

【パティスリーロントまでのアクセス】
お車の場合

上信越自動車道「信州中野IC」「小布施PAスマートIC」より
約7分(時間帯により渋滞することがあります。)
上信越自動車道「須坂長野東IC」より
約15分(時間帯により渋滞することがあります。)

電車の場合
電車をご利用の方はJR長野駅で下車
長野電鉄
普通34分
特急20分
小布施駅か徒歩10分ほどです。

【駐車場】

店舗の前と近隣に無料駐車場が有ります。
また、小布施の待ちを探索するなら近隣に有料駐車場が沢山あります
町営駐車場 1日500円(2017年9月現在)

Patisserie Rond-toケーキ / 小布施駅都住駅
昼総合点★★★★ 4.9

関連ランキング:ケーキ | 小布施駅都住駅

IMG_0420

 

全国展開している人気のメロンパン店のアルテリアベーカリー

原材料はもちろん、発酵のタイミングや焼く温度・焼き方にこだわっているので冷めても美味しく食べられるのがウリです。

 

小布施店では限定の商品もあります。

IMG_0378



 

今回は持ち帰りでメロンパンとアップルパイを購入しました。


【メロンパン】 

200円(2017年9月現在)

甘いビスケット生地は外がカリカリで香ばしく、食べ進めていくと中はふわっとした柔らかさ。最高の焼き加減です。

 

 

【アップルパイ】 

250円(2017年9月現在)

手に取るとずっしり重みのある重厚なアップルパイ。厚みのあるサクサクのパイ生地の中にたっぷりのリンゴが詰まっています。一口いただくとパイ生地のバターの香りとリンゴのさわやかな甘みと酸味が混ざり合い最高の味わいです。

 

小布施への観光に来たらぜひ立ち寄りたい、美味しいメロンパン専門店です。

 

【アルテリアベーカリー小布施店までのアクセス】

お車の場合

 

上信越自動車道「信州中野IC」「小布施PAスマートIC」より

約7分(時間帯により渋滞することがあります。)

上信越自動車道「須坂長野東IC」より

約15分(時間帯により渋滞することがあります。)

 

電車の場合

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

長野電鉄
普通34分

特急20分

 小布施駅か徒歩10分ほどです。

 

【駐車場】

近隣に有料駐車場が沢山あります

町営駐車場 1日500円(2017年9月現在)徒歩5分

アルテリア・ベーカリー 長野小布施店パン / 小布施駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:パン | 小布施駅

IMG_0371
 


人口1万5千人ほどの小さな町に年間120万人もの観光客が訪れる栗の郷長野県小布施町

 

IMG_0375



栗きんとん栗おこわなど様々な栗料理がもてなしてくれるこの街の名物の1つがこの福栗焼きです。

 

新栗シーズンの初頭、9月下旬の平日10時30分頃お伺いしました。

小さなお店ですが、お客様が絶え間なくいらっしゃいます。

この日は運よく焼き立てを待ち時間なしでいただくことができました。

IMG_0377



【福栗焼き】 

まず目を引くのはその形。

栗好きなら飛びついてしまいそうなそのかわいいお菓子は、手に取ると見た目のかわいさとは裏腹にずっしりとした重量感、栗餡がいかにたっぷり詰まっているかが伺えます。

IMG_0425


 

外側は大判焼のような生地で、こんがりと焼かれ甘く香ばしい香りがたまりません。大判焼の生地は隠し味に蜂蜜や練乳を混ぜることが多いのですが、こちらのお店の生地もほんのりと甘く焼き加減絶妙な美味しい生地です。

 

中の栗餡はしっとりとした食感の餡で外の皮との相性は抜群。

もちろん、その中心部にはこの小布施の名物の栗が入っています。

お土産としても最適ですよ♪

IMG_0421



 

【小布施味麓庵までのアクセス】

お車の場合

 

上信越自動車道「信州中野IC」「小布施PAスマートIC」より

約7分(時間帯により渋滞することがあります。)

上信越自動車道「須坂長野東IC」より

約15分(時間帯により渋滞することがあります。)

 

電車の場合

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

長野電鉄
普通34分

特急20分

 小布施駅か徒歩10分ほどです。

 

【駐車場】

近隣に有料駐車場が沢山あります

町営駐車場 1日500円(2017年9月現在)徒歩5分

小布施 味麓庵和菓子 / 小布施駅
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:和菓子 | 小布施駅

IMG_0357




秋も深まりはじめ新栗のシーズンがやってきました。

栗の郷と呼ばれる長野県小布施町、人口1万5千人ほどの小さな町に
年間120万人もの観光客が訪れます。


この「栗の郷」小布施には、毎年
新栗の収穫期である9月半ばから10月半ばまで
1ヶ月間だけ提供される幻のスイーツがあります。

 

それが「朱雀」

IMG_0351




朝採りの新鮮な新栗をほかほかと蒸し、素麺状に裏ごして
砂糖も何も加えず栗餡の上にたっぷりと盛った
栗そのものの香りと甘みを心行くまで味わえる一品です。


新栗の繊細な風味を損なわぬよう
注文をいただいてから栗菓子工場へ取りに走るという手の込みよう。


その繊細さゆえに、新栗の仕込み時季
仕込み場のあるこの小布施本店でしか味わえない
究極の栗菓子なのです。

IMG_0352




2017年は9月15日(金)から販売が開始され
例年通り10月中旬までの期間限定となります。

 

この究極の栗菓子をいただくために全国各地から栗好きが集まり
ある人は前日の深夜から並ぶといいます。

 

そんな私も栗が大好きで新栗のシーズンになると
岐阜県に在住の頃は恵那に
長野県に在住の際は毎年この小布施にお伺いしておりました。

 

そして今年は遅めの夏季休暇をこの「朱雀」に合わせて小布施へ。

 

9月20日(水)平日の早朝5時30分にお店に到着いたしました。

IMG_0331




・・・が、やはりお店の駐車場は満車です。

IMG_0335



毎年平日の朝5時30分に到着しておりますが
毎回先客で満車となっております。

でもご安心を、お店のHPにも掲載されておりますが
近くに町営の駐車場がありますので、こちらに駐車ができます。
徒歩5分くらいの距離です。
IMG_0326




5:30 13組目 25名ほどの待ち

6:00      50名ほどの待ち

7:00      70名ほどの待ち

7:30      90名ほどの待ち

8:00     120名ほどの待ち

8:30     200名以上の待ち 

 

IMG_0347




新栗シーズン初頭、連休明け中日の水曜日と
おそらくシーズン中最も空いている日ではないかという
この日でさえ大行列でした。


ただしこの日は9時過ぎでも売り切れになっていませんでした。

IMG_0336


今回は初回9:00の回に本店の個室に案内されました。
IMG_0348





個室はテーブルが3組と落ち着いた雰囲気です。

個室内にはバッグや小さな荷物を置くことができる

「棚」が用意されるなど細かな配慮もされています。

【朱雀】

IMG_0361



まず特筆すべきはその造形美です。


幾重にも重なる糸の1本1本が細く裏ごしされた栗のペースト。
お箸でつまむと「ほろほろ」「サラサラ」とほつれるほど
1本1本が繊細です。

 

これは、もはや栗の羽織をまとった芸術品と呼べるでしょう。

IMG_0358




通常のモンブランとの1番の違いは
かぶせの部分のペーストに砂糖や香りつけのお酒などが
加えられていない点です。


何も加えられていないため
新栗の香りと風味そのものがいただけます。

IMG_0354



そしてこの美しい栗の羽織の中心部に
甘く味付けをされた栗餡が用意されています。



最初は新栗の香りとほんのりとした甘みを楽しみ
次に栗餡と混ぜていただいていきます。

IMG_0365




口に含めると新栗のペーストと栗餡
それぞれの甘みが混ざり合い多重な奥深さを作り出しています。



これはまさに絶品というほかありません。


【販売期間】 

2017915日(金)~10月中旬


【お値段】

1,500円(税込) お茶付き

【朱雀券配布時間】

8:30〜(土日祝:8:00〜)


【朱雀券配布場所】

・小布施堂本店

・お時間になりましたら、順番に朱雀券の販売を開始いたします。ご購入まで、お並びのままお待ちください。

・料金は先払いです。

・並ぶのは1人で大丈夫ですが、周りの方に声をかけて連れがいることを告知の上8時30分になったら全員で合流のうえで朱雀券をいただくのが良いでしょう。

・また、この季節の小布施はとても寒いので防寒具と足元を温めるタオルケットに折り畳み式の椅子があるとよいです。椅子が難しい場合はレジャーシートでも大丈夫です。

・お手洗いは行列の並び沿い本店の真裏の駐車場側にあります。大きな門と提灯が目印の建物横です。

 

IMG_0334

【料理ご提供時間】

9:0014:00
・記載時間10分前になりましたら、指定の店舗にご来店ください。

・料理提供時間までは並ばずに近隣へ自由に散策ができます。
・畑で朝採れた新栗を工房へ運ぶ様子も伺えます。

 

IMG_0341

【料理をいただく場所】

・店舗は、小布施堂本店・本宅のいずれかを小布施堂が指定します。

 

【駐車場】

・お店の駐車場は5:30前に満車になることが多いようです。

・近隣にコインパーキングや町営駐車場(1日500円)がありますのでこちらにお止めになるのが良いでしょう。

 

IMG_0327


【備考】

・ご予約やお持ち帰りはできません。

・並ぶ(記帳なし)→8:30に券をもらい料金を払う→自由時間→料理指定時間10分前に戻る→順番に席へ→食べるの手順です。

IMG_0339



小布施堂界隈では、秋限定の「朱雀」以外にもいろいろな「栗菓子」や「栗ごはん」に「栗おこわ」「栗きんとん」などの栗料理が楽しめます。

専門店“えんとつ”でご提供している「モンブラン朱雀」レストラン傘風楼で楽しめる「朱雀パルフェ」
IMG_0342

これらは栗の風味が詰まった朱雀をアレンジしたデザートで新栗の時期以外にも通年でいただけます。
IMG_0343


また、アレンジされたケーキの朱雀モンブランも新宿伊勢丹などのアンテナショップで販売されています。

 

商品名             販売時期        提供場所
朱雀(栗菓子)         9月中旬~10月中旬     小布施堂本店のみ

モンブラン朱雀(ケーキ)       通年            えんとつ

朱雀モンブラン(ケーキ)     9月~10月       全国の百貨店催事場

IMG_0419


栗好きなら並んででも味わいたい究極のモンブラン「朱雀」
新栗のシーズンに長野県小布施でしかいただけませんが
秋の行楽シーズンにぜひいかがでしょうか。

IMG_0376

栗好きなら絶対に満足するおススメの名店です!

さらに信州を満喫するのなら車で小布施から1時間ほどの戸隠神社がおススメですよ♪

【小布施堂本店までのアクセス】

お車の場合

 

上信越自動車道「信州中野IC」「小布施PAスマートIC」より

約7分(時間帯により渋滞することがあります。)

上信越自動車道「須坂長野東IC」より

約15分(時間帯により渋滞することがあります。)

 

電車の場合

電車をご利用の方はJR長野駅で下車

長野電鉄
普通34分

特急20分

 小布施駅か徒歩10分ほどです。

 

【駐車場】

近隣に有料駐車場が沢山あります

町営駐車場 1日500円(2017年9月現在)徒歩5分





小布施堂本店甘味処 / 小布施駅
昼総合点★★★★ 4.9

関連ランキング:甘味処 | 小布施駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ