ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

カテゴリ: 京都

IMG_2096

 

■1日2,000個以上売れる日本一の豆大福(豆餅)

京都の名店『出町ふたば』の『名代豆餅』。お店の前は常に行列ができ、日本一との呼び名も高いこの名品は1日2,000個から3,000個が売れるといいます。

創業は明治32年(1899年)。100年以上に渡り京都の人々に愛されてきた老舗の名店です。

 

関東では『豆大福』と呼ばれますが発祥の地である関西では『豆餅』と呼ばれ『えんどう豆』以外の豆を使用したものに『黒豆大福』などその名が使われていることが多いです。

IMG_2065




 

■飛行機で『豆大福』を運ぶ三越さん

京都に伺った際は必ず購入するこの名店の品を、今回は東京で購入させていただきました。

 

保存料などを使用していないため『賞味期限』が当日中である『出町ふたば』の『名代豆餅』を東京で購入できるチャンスは特別な催事を除き1か月に1日のみ。

 

毎月第3土曜日、京都の『出町ふたば』菓子工房で作られた、できたての『名代豆餅』を『三越』さんが、なんと航空便で東京まで取り寄せてくれるのです。

この日、15時から『日本橋三越本店 菓遊庵』『銀座三越本 菓遊庵』にて販売されるこの『名代豆餅』に、東京のみならず関東一円から『豆大福』ファンが押し寄せます。

 

■菓遊庵とは

菓遊庵は、三越が全国の銘菓を集めたお菓子のセレクトショップです。

 

その歴史は古く1950(昭和25)全国都道府県の老舗菓子店が「全国銘産菓子工業協同組合」を発足。その年、日本橋三越本店で「全国銘菓復興展示即売会」を開催したことに起源を持ちます。

 

全国各地の老舗の逸品や愛され続ける地元の味など『旅の思い出』や『地元』への思いを馳せ、全国各地の品々を東京で購入できる貴重なお店なのです。

 

■15時からの販売に13時からできる行列

『日本橋三越本店 菓遊庵』にて購入するのは下記の手順になります。

1.列に並び13時過ぎから配布される『数量カウント券』を受領します。
場所は本館地下1階C3『菓遊庵』行列は13時頃から。13時30分までには並びたいところです。そのまま14時まで並びます。

IMG_0185



2.『数量カウント券』と14時から配布される『整理券』を交換します。14時到着では数量に達し購入できないこともあるようです。

IMG_0189

3.整理券の受領後は15時まで自由行動

4.15時から16時までの間に場所を移しC8中央階段付近にて販売開始。急ぎの方は14時50分くらいから三越本店名所のアンモナイトの反対側の階段に並んでいきますが焦らなくても大丈夫です。

IMG_0193


 

【2018年1月20日土曜日の状況】

13:00 並び 約10名 数量把握用のカウント券が配布されます

13:30 並び 約40名

13:45 並び 約70名

14:00 並び 約90名 予約券が配布されます

 

 

■名代豆餅(5個入り) 

834円(2018年1月現在)

『日本橋三越本店 菓遊庵』では5個入りの販売となります。

IMG_2076


 

丸いフォルムにたっぷりのえんどう豆が顔を出している可愛らしい姿の一品。

餅とり粉の量は少な目ですが取り出す時にはお気を付けください。

IMG_2077


 

手に取った瞬間のきめ細やかな柔らかい感触がこちらの『豆餅』の特徴。

触れただけで一般的な『豆大福』との違いは明らかです。

 

一口頂くと口いっぱいに香る『もち米』の香り。少し厚めのお餅はよく伸び、とろけるほどの柔らかさです。噛みしめていくと小豆の芳醇な香りと甘さが押し寄せ、ふいに現れる赤えんどう豆の塩気と相まって最高の味わいを奏でます。

IMG_2082



少しだけ塩味のある餅と上質な甘さの濾し餡、ホクホクとしたえんどう豆のバランスが抜群ですが、このきめ細やかで香り高いお餅の食感が上品な漉し餡を引き立てています。

IMG_2093


 

こちらのお餅は、滋賀羽二重もち米の新米をを炊き上げ、2度に分けて機械でついているそうです。2度丹念につくで、きめ細やかなモチモチの生地が完成します。

 

また、北海道・十勝産の小豆は炊き上げた後、丹念に皮を除去することで、餅に負けない『なめらか』で『しっとり』とした食感の漉し餡に仕上げています。しっかりとした甘みですがしつこさは全く感じさせない上品さ。

IMG_2096


 

そして赤えんどう豆は北海道の美瑛や富良野の契約農家から仕入れたもの。その中から適した豆だけを選別するというこだわりようです。

 

そうした、こだわりの素材の風味を損なわないよう手早くあんを詰めていくのが、1日2000個を作り上げる熟練の職人さんの技なのです。

 

これは並んででも食べる価値のある素晴らしい逸品です。

 

 

■招福だんご

371円(2018年1月現在)

IMG_2074



甘く味付けされたお餅はもっちりとした柔らかさ。上品な甘さの味付けが施されています。

 

 

100年以上愛されてきた、京都が誇る伝統の和菓子は、こだわりの素材と熟練の職人が織りなす芸術品ともいえる逸品です。

 

また、航空便を使い価格は据え置き、行列整理のための人員配置などで、儲けどころか大幅な赤字のはずですが、それでもお客様のために美味しいお菓子を提供したいという三越さんのプロとしての気概やホスピタリティにも感動するものがあります。

 

【出町ふたば までのアクセス】

京都市上京区出町通今出川上る青竜町236

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

京阪「出町柳駅」から徒歩約5分

市バス・京都バス「河原町今出川」バス停から徒歩2分

京都駅から市バス205系統「葵橋西詰」バス停すぐ

 

【営業時間】

 8:3017:30

 

【定休日】

火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)*お正月休みは長め

 

 

【菓遊庵 日本橋三越本店  までのアクセス】

東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本店 本館 B1F

 

【駐車場】

有 提携Pも複数有り  

 

【電車の場合】

地下鉄「三越前駅」

 

【営業時間】

 10:0019:00

 

【定休日】

日本橋三越に準ずる

 

【公式HPなど】

http://www.mitsukoshi.co.jp/store/kayuan/


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連ランキング:和菓子 | 出町柳駅今出川駅

P1010891





エクシブ京都八瀬離宮は会員制リゾートホテルで
場所は京都東I.Cから約30分ほどの閑静な山あいにあります






P1010894





山と川など途中の景色が素晴らしいので
運転していてもとても気持ちよく走れます♪

到着するとそこはまさに
風光明媚な自然に囲まれた現代の「離宮」です

施設はとても広くて大きめの学校くらいの
敷地面積がありますので京都の季節を感じながら
ゆったりと庭内を散策することができます

お部屋は「スィートグレード」に宿泊いたしました



P1010858




LDKタイプのお部屋は広々としたリビングに
ベッドルームと和室があしらわれています



P1010866

【リビング】
部屋に置かれた家具や装飾品は
どれも手触りと使い心地の良い上質な品です


とても静かで自然の中にいる気分が味わえます


【バスルーム】


P1010867


【ザ・スパ】(大浴場)
エクシブ京都八瀬離宮にはお部屋のバスルームの他に
「露天風呂・内風呂・サウナ・寝湯・バイブラバス
天然石熱気浴を兼ね備えた」

素晴らしい天然温泉がありますので
そちらに入ることが多いかもしれません


【スパ】(リラクゼーションスパ)
贅沢なヒーリングタイムを過ごすことができる
スパ&トリートメント ロサージュ」では

「自然薬草との調和」をコンセプトに
よもぎなどの薬草を使った
多彩なエステティックメニューを楽しめます


「京禅」と呼ばれる儀式を取り入れた
スパのコースメニューがあるのも
珍しく京都ならではです


【レストラン】
宿泊する際に日本料理・フランス料理
イタリア料理・中華料理が選べます

今回はイタリア料理を選びました。
詳細はこちら






P1010865


会員制宿泊施設ですので
会員権がないと宿泊することができませんが

普通のリゾートホテルや旅館とは違う
ワンランク上の上質感を味わうことができます


P1010892


宿泊施設でありながら
自宅よりも心地よい空間がここにあります

日常の喧騒から離れ仕事の疲れを癒すには
最高のシチュエーションです




【場所】
京都府京都市左京区八瀬野瀬町74-1


【施設情報】
エクシブ京都八瀬離宮

P1010886


会員制リゾートホテル「エクシブ京都八瀬離宮」
に宿泊した際にディナーでお伺いしました。
お宿の詳細記事はこちら

エクシブ京都八瀬離宮は
京都東I.Cから約30分ほどの閑静な山あいにあります。

P1010892




風光明媚な自然に囲まれたまさに現代の「離宮」です。

P1010891




今回は個室をあてがっていただきました。
個室内はとても落着きのある空間です。


P1010873


その調度品は高級感の中にぬくもりを感じさせます。

広いガラス窓からは見事な庭園の風景を見渡せ
京都の季節を感じ取ることができます。

P1010865




【玉葱のズペッタ地鶏スモークにカレー風味のクリーム】

P1010875

濃厚でしっかりとしていながら
複雑に絡み合う味わいはコクが深く
どこか京料理をイメージさせるような一品。

ズペッタは濃厚なスープを意味します。



P1010877


【真蛸と季節野菜のインサラータ 生姜風味】

P1010876



特筆すべきは野菜のみずみずしさです。
つやつやで照明の光を帯び輝いております。

口に入れるごとに広がる野菜の旨みと甘みはまさに絶品というほかありません。

【ドライトマトのピッツァ 赤ベビー水菜添え】



P1010879

生地の上にはみずみずしい水菜がふんだんに乗っています。
これがもちもちの生地とピッツァソースと絶妙にマッチします。





【モルタデッラ アスパラガスとプチトマトのスパゲティーニ】

P1010882


モルタデッラはイタリアのボローニャ地方特産の
ソーセージの一種です。


モルタデッラの白アスパラの緑トマトの赤が

イタリアの3色を彩った鮮やかなスパゲティー二です。

 


【特選和牛ロース肉のグリル季節野菜添え 山椒の香るバルサミコソース】

P1010883



プラス料金で限定の品をいただきました。
付け合わせにアスパラとプチトマトに

インゲンのソテーが添えられている
色鮮やかで美しい一品です。


贅沢なグリルは外側がパリッとして中は柔らかくジューシーな最高の焼き加減。ナイフがお豆腐に入れたかのようにスッと入る最高の柔らかさ。

 

上質な牛の旨み、バルサミコのソース、山椒の香りが渾然一体となって
噛みしめるたびに甘みも感じられるコクの深い素晴らしい味わいのグリルです。

本当に美味しい!


【仔牛ロース肉の椎茸詰め アーモンドのサルサ】

P1010884



仔牛ロース肉を華やかにロールして中には
奥深い味付けがほどこされた
香り高い椎茸が包まれています。

盛り付けられたソースが絵画のように美しく

アートを感じさせる一品です。


【パティシエオリジナルドルチェ】
P1010887


ドルチェは数種類の中から選べます。
冷たさと甘さにパリッとした食感も加えられ
多重な味わいが楽しめる贅沢なスィーツです。

会員制宿泊施設ですので会員権がないと宿泊することができませんが

普通のリゾートホテルや旅館には無い
ワンランク上の上質感を味わうことができます。


日常の喧騒から離れ最高の料理を味わいながら
仕事の疲れを癒すには最高のシチュエーションです。

【場所】
京都府京都市左京区八瀬野瀬町74-1 エクシブ京都八瀬離宮



関連ランキング:イタリアン | 八瀬比叡山口駅三宅八幡駅

ジョバーノイタリアン / 八瀬比叡山口駅三宅八幡駅
夜総合点★★★★★ 5.0

スポンサードリンク

このページのトップヘ