IMG_2611

 

■本格ドイツパンから惣菜パンまで

上信越自動車道『上越高田IC』を降りて直進『高田新田』交差点を左折し『高田公園』方面へ。『南本町二丁目』交差点を過ぎてすぐ右手にお店はあります。


北陸自動車道『上越IC』からはICを降りて長野方面へバイパスを直進し『今池』交差点を右折し直進、『南本町二丁目』交差点を右折してすぐ右手です。

 

通りに面した大きな看板が特徴のこのお店。一歩店内に伺うと香ばしい香りとともに綺麗に並べられたパン達が出迎えてくれ、店内の奥には『パン工房』も伺えます。

 

お店に立ち並ぶパンは、日本人になじみ深い惣菜パンや菓子パンから、本格的なドイツパンフランスパンまで種類豊富で見ているだけでも楽しくなります。

IMG_0409
 


■酵母まで手作り

こちらのお店の特徴は『自家製の天然酵母』です。なんと商品の全てに『自家製の天然酵母』を使用しているそうです。

 

例えば、パンの本場フランスでは、そのお店の職人が『小麦選び』から『生地作り』焼成の工程まで行わなければ店名に『ブーランジェリー』と名乗ることができないという『法律上』の厳しい基準があります。


ところが、こちらのお店は、そうした工程はもちろん生地に使う『酵母』までシェフが自家培養している『自家培養発酵種』いわゆる『天然酵母パン』のお店なのです。

 

パンを焼かれる方の中には、ご自分で『種を起こす』ことにチャレンジなさる方も多いかと思います。私も基礎的ですが『ヨーグルト』や『レーズン』で種をおこして焼いたことがあります。『種をおこすこと』自体は難しくありませんが、発酵力が弱かったり酸味が強くなりすぎたりと安定させることがとても難しい行程でもあります。

 

こちらのお店で作られる『発酵種』は、ライ麦など穀物などから起こされたこだわりのもので、ふっくらとすだちがよいパンからは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

 

こうした『自家培養発酵種』を使用したパンは、複数の酵母菌や乳酸菌を含むため、イーストを使用した通常のパンと比べて独特の旨味、風味、食感が生まれるのです。

 

■お店を代表する名品

フルヒテブロート

レーズン、オレンジピール、くるみ

ハーフ 800円(2018年3月現在)


IMG_2610

『フルヒテ』はドイツ語で『フルーツ』を意味し『ブロート』『大きめのパン』を意味します。

粉の計量など、準備から焼きあがるまで4時間以上かかるという逸品です。  

 

特筆すべきはその重さ。手に取ると想像の何倍も重たく、もはやパンの重さではないくらい。

この重さの正体は具材。パン生地の2倍も具材が織り込まれています。具材の量が多いので、食べるごとに別の食感と味が現れ、最後の一口まで楽しめます。

 

IMG_2611

ひと口頂けば、パン生地の芳醇な香りが広がります。食べ進めると不意にくるみのカリッとした食感が現れしっとりと柔らかいクラムへのアクセントとなり、このテクスチャーの異なる2つの香ばしさとフルーツの甘みや酸味が相まって最高の味わいを作り出しています。

オーブンで少し温めることで、さらに香りや食感が高まります。

 

具材は(レーズン、オレンジピール、くるみ)もしくはいちじく、レモンピール、くるみ)が織り込まれたものと2種類が用意されており、いちぢく、レーズンはそれぞれラム酒に漬け込んで風味を高めています。

 

これは、本当に素晴らしい美味しさです。お店を代表する人気の品で、焼き上がりにも時間がかかるので確実に入手するならお問い合わせをしてからお伺いした方が良いでしょう。

 

■伝統のパン

カンパーニュ

ハーフ 400円(2018年3月現在)

  

IMG_2613

フランス語で『田舎』を意味する『カンパーニュ』。フランスで古くから愛されている伝統的なパンです。


配合はお店により様々でそれがお店の個性となります。こちらのお店ではフランス粉にライ麦粉が20%入っているので麦の風味が際立ちます。

 

カリッとしたクラストと、しっとりモチモチしたクラムが絶妙のコンストラストをあやなした一品。


生地はそれだけでも十分美味しいのですが、オーブンで少し温めることで、さらに香りや食感が高まります。

 

■和の伝統とパンの融合

くるみみそおやき

180円

IMG_2605

味噌と粟飴を生地に包んで『おやき』のように仕立てられたパンです。

 

IMG_2608
しっとりモチモチした生地に味噌の濃厚な旨みと粟飴の甘さとが組み合わさりくるみのカリッとしたアクセントが絶妙な一品です。


地元の老舗『杉田味噌屋』の『雪の花みそ』と創業1624年の老舗『高橋あめや』の『粟飴(あわあめ)』を使ったこだわりの品です。

 

■くまちゃんがいな~い

くまちゃん

150円

IMG_2600

フワリとした生地の中にチョコレートのクリームがつまった一品。

オーソドックスなチョコパンながら、生地の食感や旨みがこのお店ならではの美味しさを作り出しています。

 

IMG_2603
       くまちゃん真っ二つ

お店のブログで『くまちゃんがいな~い』という可愛いエピソードの記事が印象に残り、思わず購入してしまいました。

 

 

どのパンもレベルが高いですが、特におススメしたいのが『天然酵母』の複雑な旨みや風味がダイレクトに味わえる本格的なハード系のパンです。その味わいは全国ランキング上位のパン屋と比べても遜色のないほど。地元のフランス料理店などでも使用されています。


オリジナリティ溢れるパンはまさに唯一無二の味わい。素材や製法にこだわったおススメの名店です。

 

【紹介した品以外の代表的なメニュー】

ハンブルガーロッゲンブロート(ライ麦90%)

パン・オ・ノア

シュトレン

ケルニッシュ(信州産ライ麦粉50%、信州産小麦粉50%)

 

【ソフィーまでのアクセス】

新潟県上越市南城町1-13-21

 

【電話番号】

025-526-6366

 

【駐車場】

有 10台

 

【営業時間】

8:0018:00

 

◎菓子パン、調理パン8:00

◎食パン 9:00

◎サンドウィッチ 8:30

◎フランスパン 9:00

変更になる場合もございます

 

お電話でのお取り置きも受け付けてくださるそうですので、確実にお求めになるには、お電話でのお取り置きをオススメいたします。

 

【定休日】

日曜日、第3月曜日 

他に臨時休業が有りますのでHPをチェックしてみてください。

 

【公式HPなど】

http://pansophie.jugem.jp/




関連ランキング:パン | 南高田駅

にほんブログ村 グルメブログへ
人気ブログランキング