759a4dfa3d768e07cbfe31e0d15a397d_l

 

『柔らかいお餅』の中に『豆の食感』

『餡子の甘み』に『程良い塩気』と食べ進めるうちに相反する風味が広がり、それがやみつきになる『豆大福』。『豆』『餅』『餡子』が三位一体となった奥の深いお菓子でもあります。

 

見た目の可愛らしさと相まって大人気の和菓子であるこの『豆大福』。数ある名店の中で、今回は東京の頂点と称される『東京三大豆大福』の3店舗と西のNo1、京都『出町ふたば』を紹介します。

 

個性と魅力あふれる「豆大福」の世界!至福の味をお楽しみくださいませ!

 

 

文豪達も愛した名店

【群林堂】

豆大福 180円(201712月現在)

IMG_1739



 

手に取った瞬間に感じるお餅の柔らかさ。まさにフワフワの感触です。

IMG_1765
 

 

フワフワと赤えんどう豆のゴツゴツが気持ちよく『ずっと持っていたい』気持ちになってしまうほど。

InkedIMG_0112_LI
 

詳しいレビューは・・・・・こちら 

【群林堂 までのアクセス】

東京都文京区音羽2-1-2

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

地下鉄「護国寺駅」5番出口から徒歩約1

 

【営業時間】

9:3017:00 

 

【定休日】

日曜、月曜


1.豆大福の豆 

1d17794623eecf898ac936768a24add8_s



豆大福の豆に使われている豆は『赤えんどう豆』です。

この『えんどう豆』の名前の由来は原産地である『大宛国』から来ています。現在の『ウズベキスタン』周辺ですが、遥々中国を経て日本へ伝わったのは9世紀から10世紀ごろと言われています。

 


 

厚めの餅に上品な漉し餡

【瑞穂】

豆大福 238円(2018年1月現在)

IMG_1965


 詳しいレビューは・・・・・こちら

一口頂くと口いっぱいに香る『もち米』の香り。少し厚めのお餅はよく伸び、小豆の芳醇な香りと甘さが押し寄せ、赤えんどう豆の塩気が後押しをします。

餅と餡子、えんどう豆のバランスが抜群ですが、この美味しい餅の香りと食感が上品な漉し餡を引き立てています。

IMG_1974
 

 

小豆は漉し餡で餅に負けないしっかりとした甘みですがしつこさは全く感じません。その断面は美しく紫がかっておりまるでアメジストの断面図のようです。

IMG_0176


 

【瑞穂(みずほ)までのアクセス】

東京都渋谷区神宮前6-8-7

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

地下鉄『明治神宮前駅』から徒歩約5分

地下鉄『表参道駅』から徒歩約8分

JR『原宿駅』から徒歩約12分

 

【営業時間】

8:30 (売り切れ次第) 

予約は前日までなら1個から可能ですが、引き取りは14時まで。

 

【定休日】

日曜、お盆、年末年始など

 

2.小豆は美容食

613956ea67c3dfef04361486c79261b5_l
 

小豆には、他の豆類同様に多くの栄養素が含まれています。

良質のたんぱく質が多く含まれる他、ビタミン類(B1・B2)

カリウム、リン、鉄、食物繊維と、その幅広さはまるでサプリメントのようです。

なかでも、ビタミンB1・B2は体内で脂肪を分解するの不可欠な栄養素で、ビタミンB2は体内の代謝を活発にし皮膚を美しく保つのにも役立つのです。

 

 


薄めのお餅に粒餡がぎっしり

【松島屋】

豆大福 180円(2018年1月現在)

IMG_2150
 

小豆は石狩産の小豆を6時間かけて仕上げたもの。水分が少なめの粒餡で上品な甘さの中に小豆の皮の食感が楽しめます。

IMG_2144
 

 

こちらでは十勝産の赤えんどう豆を『煮ずに蒸す』ことで独特のホクッとした食感を作り出しています。

粒餡の甘さと赤えんどう豆の塩気が交互に、時には同時に感じられ得も言われぬ至福の味覚に誘います。

IMG_0217


 詳しいレビューは・・・・・こちら

【松島屋 までのアクセス】

東京都港区高輪1-5-25 

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

地下鉄「泉岳寺駅」より徒歩5分

 

【営業時間】

9:30頃~18:00

 

【定休日】

日曜・月2回月曜不定休

 

 

1日2,000個以上売れる日本一の豆大福

【出町ふたば】

名代豆餅

180円(2018年1月現在)

IMG_2093



手に取った瞬間のきめ細やかな柔らかい感触がこちらの『豆餅』の特徴。

触れただけで一般的な『豆大福』との違いは明らかです。

IMG_2096

 

きめ細やかさの秘密は2度打ち。滋賀羽二重もち米の新米をを炊き上げ、2度に分けて機械でついているそうです。2度丹念につくで、きめ細やかなモチモチの生地が完成します。

 

詳しいレビューは・・・・・こちら

【出町ふたば までのアクセス】

京都市上京区出町通り今出川上ル青竜町236

 

【駐車場】

無  

 

【電車の場合】

京阪「出町柳駅」から徒歩約5分

市バス・京都バス「河原町今出川」バス停から徒歩2分

京都駅から市バス205系統「葵橋西詰」バス停すぐ

 

【営業時間】

 8:3017:30

 

【定休日】

火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)お正月休みは長め

 

店名

品名

価格

豆の量 

餅の厚さ

餡子の種類

群林堂

豆大福

180円

とても多い

普通

粒あん

瑞穂

豆大福

238円

普通

厚め

漉し餡

松島屋

豆大福

180円

多い

薄め

粒あん

出町ふたば

名代豆餅

180円

多い

厚め

漉し餡

 
お気に入りの『豆大福』は見つかりましたか?
ぜひ食べ比べてみてお好みの『豆大福』見つけてみてください♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村