IMG_1561


京浜急行本線「大森海岸駅」から「大森駅」方面に出て道なりに進みます。イトーヨーカドーと「TSUTAYA」がある交差点を渡り右折。


「いすず病院」を左手に過ぎ、南大井交番の交差点を左折。ビジネスホテル「ホテルマイステイズプレミア大森」向かい側の道路にお店があります。


南大井交番の交差点は歩道橋なので、ホテル前を通り次の信号で交差点を渡る方が楽でしょう。

JR「大森駅」からも同様に、「大森海岸駅」方面に出て左手に進み、ビジネスホテル「ホテルマイステイズプレミア大森」や「南大井交番」方面に進むとお店が見えてきます。

2016年のオープン以来、都内トップクラスの行列店でしたが、この度「ミシュランガイド東京2018」にてビブグルマンに掲載されたとあり行列は必至です。
12月上旬の土曜日10時00分頃に到着しました。早めについたこともあり、この日は1巡目で入店できました。

【11月下旬の待ち状況】
10:00 並び 5 椅子をお店の外に3脚出してくださいます。
10:30 並び10
10:45 並び12
11:00 並び20
11:15 並び28
12:00 店内満席 並び30

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

麦のロゴがお洒落で一見カフェのような外観のお店
店内は右手に券売機があり、厨房に面したカウンターが9席です。

IMG_0082


カフェをイメージするブラウンを基調とした店内は
ヴィンテージ風のウッドカウンターにカフェ風のカウンターチェアが特徴的で不思議と温かみを感じます。

BGMにはボサノヴァ風のカフェミュージックが流れており
店内の雰囲気と相まって「並んでいたことを忘れるほど」外の時間とは隔絶されたゆったりと流れる時間を楽しめます。
女性も過ごしやすい空間でわたしがお伺いした際にも女性のお客様が複数いらっしゃいました。

ご夫婦で切り盛りなさってるそうで笑顔溢れる気持ちの良い応対が素晴らしいです。


今回は【特製醤油らあめん】と【実家の魚飯】をいただきました。

【特製醤油らあめん】
990円(2017年12月現在)
特製は「味玉半分」「海老肉ワンタン」「チャーシューが+2枚」「海苔+2枚」が追加でトッピングされるお得なメニューです。
特には「チャーシュー」はデフォルトが「2種2枚」のところ「4種4枚」となりますのでチャーシュー好きにはたまりません。
IMG_1563

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”黄金色に輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

器からフワッと良い香りが漂う「盛り付け」も美しい一杯。
一口いただくと鶏の濃厚な風味が広がり醤油の芳醇な香りと味わいが後押しをします。余韻を残す旨みには昆布や節など様々な乾物の味わいが絡み合い多重な奥深さを奏でています。

こちらのお店では「やまがた地鶏の丸鶏・ガラ」「枕先産本枯鰹節」「煮干し」「産直の道南産真昆布」などを使用したスープに、醤油は静岡、兵庫、長野など全国各地から数種類をブレンドしているそうです。

まさに豪華食材の集大成。特に「本枯れ鰹節」は一流の料亭や蕎麦店で使われる食材で、ラーメンに使われることは珍しく、このお店の食材へのこだわりが伺えます。


水にもこだわり、同じミシュランビブグルマンの「麺や維新」も用いている逆浸透膜で不純物を除去した純水を使用しています。

麺は、北海道産「春よ恋」を中心に数種類の小麦をブレンドし、毎日、店舗内で製麺しているそうです。時期や天候により、配合や加水率を調整するこだわりよう。


中細ストレート麺は絶妙の茹で加減で「のど越し」のよさとコシの強さを堪能できます。

 

出汁の香りに押し切られることなく噛みしめるごと小麦の香りがふわりと広がる美味しい麺です。

IMG_1564



特製のチャーシューは4種が1枚ずつ乗る豪華さ。
○豚肩ロース
真空低温調理の技法で調理された上質なお肉は、まるでローストビーフのような美しい色合い。もちろん中まで火はしっかり通っています。高熱で繊維が崩されないので柔らかく肉本来の旨みが味わえる一品です。
○豚バラ
塩をすり込み焼かれた香ばしいチャーシューは脂身の旨みも存分に味わえますがしつこくなくクリアな旨みです。
デフォルトの上記チャーシューと、特製には加えて2種
○豚もも肉
吊るし焼きされた香ばしいチャーシューです。
○鶏もも肉
自家製のタレに漬け込んで焼かれた柔らかく味わい深い一品
IMG_1562


味玉
那須御用卵を使用したバターのように濃厚な黄身の味玉で、よく出汁が浸み込んでおり味わい深い品です。

海老肉ワンタン
店主の実家の魚屋から仕入れた天然海老に豚ひき肉の餡を手包みしたワンタンだそうです。ツルツルの皮に豚肉の旨みに海老のぷりぷり感が相まって最高の味わいを作り出しています。

ネギ
日本農業大賞受賞の「那須の白美人ネギ」を使用しており、辛みがなく香りが良いので上品なスープによく合います

メンマ
3日間かけてもどすメンマはシャクシャクした食感がたまりません。


ほうれん草

箸休めとしても最適で、ほのかな苦みがスープの次の一口の甘みを際立たせます。

【実家の魚飯】
380円 (2017年12月現在)
店主の実家から仕入れた鮮魚が、数量限定で味わえます。

仕入れによって内容が毎日変わるのも楽しみの一つ。

IMG_1566

 

この日はなんと「本マグロ」に新鮮なイカ。紅白の彩も鮮やかな一品です。

豪華に厚切りにされたマグロは赤身の旨みがギュッと詰まった上質な一品。イカも新鮮で歯ごたえがしっかりしており、噛みしめるごとに甘みが溢れる美味しい品です。

 

お米も玄米の状態で仕入れた南魚沼産など国内ブランドを店内の土鍋で炊いてます。

早く来店した方々への感謝の品として「採算度外視」で提供しているとの言葉通りの素晴らしい丼ぶりです。

 

店主も忙しい調理の合間に帰り際のお客さまへの挨拶を欠かしません。

帰り際には「早くから来店ありがとうございました」の一声をかけてくださるところも心地よいです。

 

黙っていても行列ができる人気店になっても、お客様へのホスピタリティを忘れないところが、伺う者を魅了してやまない理由の一つだと思われます。


こだわりの素材で作られる無化調の素晴らしい味わい。一度食べたら虜になる美味しさです。お店の雰囲気も良いオススメの名店です!

【Homemade Ramen 麦苗までのアクセス】
東京都品川区南大井6-11-10

【駐車場】

駅周辺にコインパーキング複数有り


【電車の場合】
京浜急行本線「大森海岸」駅より徒歩7分
JR
京浜東北線「大森」駅北口より徒歩7分


【営業時間】
平日
11:3014:30
18:00~売り切れ次第閉店

土・日・祝
11:30
16:30(売り切れ次第閉店)
公式アカウントをチェックしてみてください
https://twitter.com/fukaya_akihiro

【定休日】
毎週木曜と不定休
公式アカウントをチェックしてみてください
https://twitter.com/fukaya_akihiro

関連ランキング:ラーメン | 大森海岸駅大森駅立会川駅