IMG_0001


JR「中野」駅北口を出て、中野区役所や

JSパンケーキハウス」の反対側の右手へ進むとお店が見えてきます

11月上旬の平日会社帰り、19時頃にお伺いしました。
お客様は絶え間なくいらっしゃいますが、この日はタイミングよく待たずにお席に着けました。

外観は屋台のイメージがあり味があります。店内はL字カウンター13席

券売機で食券を購入してから店員さんにお渡しするスタイルです。

こちらのお店は「ダブルスープ」の元祖としてラーメン好きに知らぬ者はいない名店であり
3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた実力店です。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

【特製中華そば】 
900円(2017年11月現在)

醤油の飴色と豚骨白湯が混ざることで白濁したブラウンをあやなすスープ。
トッピングには「海苔」「味付き玉子」「チャーシュー」「メンマ」「なると」と昨今ではノスタルジックといえる王道のラインナップが並べられています。

スープは前述したとおり、動物系と魚介系を合わせたダブルスープ。
煮干しの風味が前面に広がりますが主張しすぎずバランスの良い風味です。
雑味がなく端麗な味わいながらも旨みは濃厚で、思わず飲み干してしまう美味しさです。

こちらのお店では、昆布、鰹節、煮干し、鯖節を使う和風だしと、20時間煮込み、脂を除いた豚骨だしを合わせているそうです。

同じミシュランビブグルマン「GOTTSU」のWスープは「鰹節」が前面に出たスープですが「青葉」は煮干しが前面に出ているなど、「豚骨醤油」のWスープでも味わいが異なるので飲み比べるのも楽しみの一つでしょう。

チャーシューは外側に強いタレの風味、中はほろっとした美味しい一品。

メンマも濃い色合いで、しっかり出汁の風味が浸み込んでいます。

「味付き玉子」は、カットされており見た目を彩っています。

麺は加水率高めの中太麺でスープとよく馴染み、茹で加減は抜群。
もちもちとのど越しがよく、小麦の香りもしっかり漂う美味しい麵です。

自家製の柚子唐辛子は店員さんに声をかけ頂くスタイル。
柚子の香りと唐辛子の辛みが加わることで新たな風味で楽しむことができるのも楽しいです。


【青葉へのアクセス】
東京都中野区中野5-58-1 なかのまるひる 1F

【電車の場合】

JR「中野駅」北口より徒歩4分

【駐車場】
無し

【営業時間】
11:30
15:30
18:00
22:00

【定休日】 

火曜日





関連ランキング:ラーメン | 中野駅新井薬師前駅