IMG_1401



荻窪駅南口を出て正面に見える商店街をまっすぐに進んでいきます。


商店街を抜けて左手に注意しながらゆっくり進むと右手にお店があります。

徒歩4~5分ほどです。


11月中旬の会社帰りの平日18時15分頃にお伺いしました。
行列のできる人気店ですが、この日は並びが1名で15分後の18時30分には入店できました。

【2017年11月平日 夜】
18:15 待ち人数1
18:30 待ち人数2
19:00 待ち人数3

こちらのお店は「ミシュランガイド東京2018」にてミシュランビブグルマンに選出されたラーメンの名店。なんと4年連続の選出です。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年12月現在)


IMG_0040



外観と待合席はファッションブランド店やお洒落な美容院といった趣き。

マンションの1階部分をリノベーションしてあり、奥がお店で手前が待合席になるので、屋根と壁に囲まれており雨風と日をしのげます。

このほぼ店内に近い待合席にはイスやベンチがあり、ヒーターも用意してくださる心使いです。


Tシャツや雑貨が飾られ本も用意されているので待ち時間は快適に過ごせます。


並んでいる途中でスタッフの方がメニューを持ってきてくださり
注文を受けてくださるスタイルです。
並ばずに入店できた際にはお席にあるメニュー表で注文します。

お代は後払いなので、特に発券機のラーメン店に慣れている方は前払いした気になって
元気よく「ごちそうさまでした!」とお店を後にしないよう気を付けてください。

店内の全体な装飾は白とブラウンを基調とした木のぬくもりが感じられる雰囲気。

そこはラーメン店というよりカフェのような空間です。
BGMにはJ-POPのロックミュージックがかかっており気取らずに麺をすすることができます

厨房に面したカウンターと壁沿いのカウンター合わせて9席と4人掛けテーブル1つ13席の店内は、お席の間隔や導線が広く取られており、これはベビーカーでも通れるようにとの配慮から来ているそうです。

カウンター越しに伺える整然とした調理場からはこのお店の料理に対する気概が感じられます。

お水はセルフですが「レモン」が入っています。
口をすっきりさせるだけでなく美容と健康にもよくて嬉しい配慮です。

席に案内されると程なく、並び中に注文した料理が提供されます。

前回は「軍鶏そば」をいただいたので
「鈴蘭」という「煮干し」の名店ご出身の店主が提供する「煮干し」をいただきたく
「特製煮干しそば」に「チャーシューご飯」を注文しました。

【特製煮干しそば 】
1,050円(2017年11月現在)
IMG_1403


まず特筆すべきはその香りです。
器が提供されたとたんに席まで漂う「煮干し」の香り。
美しい盛り付けと相まって視覚と嗅覚の双方から食欲が刺激されます。

見た目にはあっさりとした醤油清湯スープにも見えますがレンゲを入れると昆布由来のかすかなとろみも感じられます。


口に含むと煮干しの香りと旨みが広がり、濃厚で奥深い味わいのスープは思わず飲み干してしまうほどの美味しさ。

群馬県から取り寄せているというこだわりの醤油を使用したかえしはふくよかな余韻を残し味わいを深めています。


麺は「三河屋製麺」の中細ストレート麺。
「三河屋製麺」は同じミシュランビブグルマンの「ドゥエイタリアン」や「篝」など全国200以上にそのお店に合ったオリジナルの麺を提供するなど、京都の「麺屋棣鄂(ていがく)」と並び称される製麺所です。

加水率低めの麺は「パッツン」と切れる心地よさとコシの強さで
濃厚なスープに押し切られることなく噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がりスープとの相性は抜群です。
IMG_1405


豚肉の低温調理チャーシューはローストビーフのような色合いと噛み応えで通常のチャーシューよりも噛みしめるごとに肉本来の旨みが味わえる逸品です。

鶏胸肉の低温調理チャーシューは柔らかくもしっかり繊維の角が立っており鶏の旨みが広がる絶妙な一品。

味玉も出汁の風味が浸み込み、黄身の濃厚な味わいが楽しめます。
IMG_1402


メンマは同じミシュランガイド店の「蔦」や「びぎ屋」「不如帰」と同じタイプの見た目にインパクトのある細長い穂先メンマ。
独特のシャキシャキ感はこのスープと相性抜群の美味しさです。

レモン水や上に乗っている玉ねぎのみじん切りは旨みに慣れてしまった味覚をリセットしてくれ次の一口を新たな発見に導くでしょう。

【チャーシューご飯】
200円(2017年11月現在)
IMG_1399


ダイスカットが多い「チャーシューご飯」業界において珍しい1枚肉タイプ。

ローストビーフのような色合いと噛み応えの低温調理チャーシューに

ダイスカットの鶏の低温調理チャーシューが少し混ぜ合わされており食感が楽しいです。

振り掛けられている醤油ベースのタレが肉の旨みを引き立てご飯との相性は抜群です。


さすがは煮干しの名店出身の実力派が作る煮干しラーメンです。
軍鶏も煮干しも美味しい。ぜひ限定の麺も食べてみたくなりました。

【麺尊RAGEへのアクセス】
東京都杉並区松庵3-37-22

【駐車場】



【電車の場合】
JR「西荻窪駅」南口より徒歩4分

【営業時間】
水・木・金・土  11:0015:00 18:0021:00
日・祝 11:0016:00 


11:0015:00
MONDAY RAMEN
として営業(通常メニューなし)
公式https://twitter.com/menson_rageをチェックしてみてください

※スープ切れ次第終了

【定休日】
火曜日

麺尊RAGE

関連ランキング:ラーメン | 西荻窪駅