IMG_1393

 

今回はブログ師匠である「taka :a」さんとのコラボ企画第4弾!

taka :a」さんはカップラーメンのレビューで圧倒的大人気を誇るブログ界の重鎮。その詳細なレビューと的確な味の分析は1度読んだら虜になります。

その「taka :a」さんが「カップ麺」のレビューを!

そして私が実際のお店に突撃してレビューする!

という食品会社の思うつぼな企画の始まりなのです。


  taka :aさんPRESENTS
 ソラノイロ「カップ麺」レビュー


https://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

ぜひ上記レビューと合わせてお楽しみくださいませm(__)m




地下鉄「半蔵門駅」1番出口を出てすぐ右手に交差点があります。こちらを右に曲がり進んでいくと
お店が見えてきます。徒歩4分ほどです。

11月上旬の会社帰りの平日18時15分頃にお伺いしました。
海外からのお客様のグループがお待ちでしたがテーブル席をご所望とのこと。カウンター席に空きがあることから先に案内をいただき待ち時間は無く入店できました。

行列もできる人気店ですが、ラーメン店としては座席数が多いのでこの日は19時頃も待ちのお客様はいませんでした。

場所柄やヘルシーでフォトジェニックなメニュー「ベジソバ」効果もあり、女性客が半数以上を占めまた、海外からのお客様が多いのも特徴です。

こちらのお店も、3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

11年間、一風堂で研鑽を積まれた店主が開いた「ソラノイロ」は「色即是空 」にかけて、空の色のように変わり進化し続けたいとの思いを込めた店名だそうで、その名の通り、時には麺を全く新しいものに変えるなど大胆なリニューアルを続けるお店として知られています。

可愛い看板や旗に彩られた外観はお洒落なカフェそのもので、一見ラーメン店には全く見えません。
外にお客様がいらっしゃるのに気付くと扉を引いて店内に案内してくださるところもいい感じのカフェのようです。

IMG_0037


ボサノヴァが心地良く流れる店内は明るく綺麗で全体的な装飾も現代的なカフェのよう。
オリーブオイルやワインの瓶に雑貨のアクセサリーが随所に飾られています。

厨房を含めたスタッフの皆様の連携の良さと雰囲気の良さはこのお店の明るい雰囲気をさらに輝かせています。
居心地の良さはラーメン店であることを忘れてしまうほどです。

注文の方式は店内に入ってすぐ右手にある券売機で食券を購入する方式ですが、サイドメニューやドリンクメニューも豊富なため、テーブルにもメニュー表が用意されており、時間帯や混雑によるかもしれませんが追加で注文も可能です。(平日夜は追加可能でした)

お席はカウンターが9席にテーブル席が3つ12席の合わせて21席とミシュランガイドのラーメン店の中ではお席が多めで、カフェのように広く間取りされているのでお1人でもご家族でもグループでも来店しやすいでしょう。

1人1人に紙ナプキンをお使いになりますか?と聞いてくださったり、いすの下に手荷物用の籠を用意してくださるなど
細かな心使いもされています。

今回は「特製旨味出汁ソバ」に「チャーシューご飯」をいただきました。

【特製旨味出汁ソバ 】
1,100円(2017年11月現在)
IMG_1391


まず特筆すべきは透き通るような飴色のスープの美しさです。
スープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”は”淀みのない美しさを見せ作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事が伺えます。

スープをいただこうとレンゲを入れると、香味油の香りが漂い食欲を刺激します。
口に含むと鶏の風味と魚介出汁の旨みが広がり、見た目とは裏腹で濃厚ながらも雑味がなく醤油の風味が活かされた上品な味わいです。

こちらのお店では熊本の地鶏「天草大王」の鶏ガラ、もみじ、ほんじり、豚のげんこつをメインとした動物系と香川県産の「息吹いりこ」に鯖節、宗田節、真昆布を使用した魚介系のダブルスープだそうです。

醤油は無農薬、無化学肥料にこだわった契約農家製の大豆を原料とした天然醸造丸大豆醤油できりっとしたかえしの基礎となっています。

香味油は天草大王の鶏油とカメリアラードを合わせてあり、しつこさはなく上質な旨みを添えています。

トッピングは少し珍しく、「ごぼうのバターソテー」、「玉ねぎ」、「鶏チャーシュー」「豚チャーシュー」「青ネギ」「味玉」
IMG_1392


ゴボウは出汁の風味が浸み込んだ上品な味わいでバターでソテーすることで濃厚な仕上がりになっています。
トッピングで「ゴボウ」というと同じビブグルマンの「篝」を思い浮かべますがどちらも麺とよく合っています。

玉ねぎはさらして辛みが除かれたサラダ仕立て。全体に溶け込んで味が変わりすぎないように端にまとめられており
スープに溶かしいれると上質なオニオンスープのような風味となり箸休めとしても最適です。
IMG_1394


鶏の低温調理チャーシューは柔らかくジューシー。これが甘みのあるスープに見事にあっています。

ブランド豚「瀬戸のもち豚」のチャーシューは噛みしめるごとに豚肉の旨みが広がる美味しい一品です。

そして半分にカットされた味玉は黄身にほんのりと出汁の風味がきいており上質な味わいです。 

麺は少しウェーブのかかった中細麺。
IMG_1396

コシの強さとモチ感のバランスが良く濃厚なスープに押し切られることなく噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がりスープとの相性は抜群です。


【チャーシューご飯】
320円(2017年11月現在)
IMG_1398


こちらのチャーシューご飯の最大の特徴はお肉が2種類乗っていることです。
香ばしい豚チャーシューのダイスカットと低温調理の鶏チャーシューに甘辛いたれがかかり2つの異なる食感が楽しく、ご飯との相性も抜群です。


味もさること、人気店でありながらお客様へのホスピタリティを忘れないところがこのお店の魅力の一つ。来てよかった、誰かと一緒にまた来たいそんな気持ちにさせる名店です。


【交通】
東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1B

【駐車場】



【電車の場合】
地下鉄「半蔵門駅」1番出口から徒歩4分
地下鉄「麹町駅」1番出口から徒歩4分

【営業時間】
11:00
22:15LO22:00

【定休日】
土・日曜日

関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅