IMG_0607

お店が位置するのは、新潟県の西部に位置する都市「上越市」。
日本三大夜桜一つ「高田公園」が見どころの上杉謙信ゆかりの街です。



IMG_0588



9月下旬の平日に滞在地の長野からお伺いしました。
11時の開店に10時50分頃到着いたしましたが、先客は1組です。

上信越自動車道”上越高田IC”で降りて1分ほど、ホームセンターやスーパーが集合している交差点のから1本裏側、”JA上越”の裏にお店があります。


IMG_0587

店内はダークブラウンを基調とした木目調の落ち着いた空間。
随所に配置されたアンティークな置物が古民家のような雰囲気を作り出しています。


IMG_0592
まず長細い待合席があり、扉を開けると小さな待合席がもう一つあり、雪深いこの地域にそぐった造りのようです。


IMG_0591


テーブル席とカウンター席がありますので1人でもご家族連れやグループでも過ごしやすいでしょう。


IMG_0601


【鶏塩麺】(数量限定) 
50円(2017年9月現在)



IMG_0602

こちらのお店で担担麺を初めて頂いたときに、その彩りの美しさに見とれてしまいましたが、この鶏塩麺もやはり美しくアートを感じさせる一品です。

IMG_0603

金色に輝く美しいスープには
「鶏チャーシュー」「豚低温調理チャーシュー」「鶏団子」「鶏の炭火焼」「赤カブ」「青梗菜」が並べられており「素揚げされた鶏皮」がフレンチの立体的な盛り付けをイメージさせます。



IMG_0608

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”鶏清湯スープ”を彷彿とさせる”淀みのない美しいスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

豚のチャーシューは”とみ田”や”蔦”のような低温調理チャーシューで噛みしめるごとに肉本来の旨みが味わえる逸品。

鶏のチャーシューも柔らかく調理されレモングラスのような下味のさわやかな風味が器全体の調和に彩りを添えます。

炭火焼はスープに香ばしさを添えて味の複雑さを増しており、軟骨入りの鶏団子もこれ一品でも料理として提供できそうな美味しさです。



IMG_0614

麺は中太麺で茹で加減も抜群、最後の一口まで美味しくいただけました。

【担担麺】
 900円(2017年9月現在)



IMG_0367

ゴマの風味とコクをきかせた濃厚なスープで甘味と辛みのバランスが絶妙。盛り付けがとにかく美しい一品です。

食べ進めるとふいに、カシューナッツのカリッとした食感が感じられこれが絶妙のアクセントになります。



IMG_0366

まずは、「担担麺」からいただきたい。新潟への観光に来たらぜひ立ち寄りたい、おススメの名店です。

【龍馬軒 メニュー】(2017年9月現在)
IMG_0595



【交通】
お車の場合
北陸自動車道「上越IC」より
20分(時間帯により渋滞することがあります。)

上信越自動車道「上越高田IC」より
1分
【駐車場】
17台

【電車の場合】
北陸新幹線 
上越妙高駅から1700m

えちごトキめき鉄道 
南高田駅から900m

【営業時間】

11:30~14:30(LO) 
18:00~21:00(LO
定休日 月 




龍馬軒ラーメン / 南高田駅
昼総合点★★★★ 4.2

関連ランキング:ラーメン | 南高田駅