IMG_02361

 

佐野実氏といえばラーメン好きなら誰もがその名を胸に刻み込んでいる名職人です。

白い厨房服にオールバックの髪型が印象的で「ラーメンの鬼」と呼ばれTV番組にも頻繁に出演していました。

自家製麺が珍しかった時代に「スープは自分で作るのに麺はなぜ作らないのか?」という名言を残し現在の自家製麺ブームを作り出した人とも言われています。

 

そんな、今は亡き佐野氏のラーメンに対する想いを受け継ぐお店の一つが富山にあります。

 

富山西ICから車で10分ほどの場所、瓦屋根の家が多いこの富山においてそのその例にもれなく瓦屋根の落ち着いた外観の建物が見えてきます。

 

駐車場は雪の降るこの地域にそぐった広めでゆったりとしたものです。

IMG_02371



 

9月の3連休、日曜日にお伺いしました。土日祝日は通し営業をなさっています。17時頃到着しましたが先客は3組とお席には余裕がありました。

”支那そばや”と聞くと緊張してしまいますが、このお店はご主人も女将さんも気さくな感じの方で、お1人でもグループでも来店しやすいお店です。わたしがお伺いした際も、女性お1人のお客様もいらっしゃいました。



IMG_02341

 

【醤油ラーメン】 

860円(2017年9月現在)

見事にまで飴色の美しいスープには香味油の薄い膜が張っています。

 

こちらのスープは「北海道産の利尻昆布」「山形産のあご節」「宮城県産のさんま節」「徳島産の干海老」「名古屋コーチン」を使用して作られています。

 

まさに厳選された食材の集大成です。

 

スープを一口いただくと見た目とは裏腹の濃厚で奥深い味わい。

節の香りと旨みに鶏の濃厚な旨みが相まって、多重な奥深さを見せるスープは最後まで飲み干してしまうほどの美味しさです。

 

このお店で打つ自家製麺の麺はストレートの中細麺でしっかりと茹で上がっており、コシが強く噛みしめるごとに小麦の香りが漂う素晴らしい麵です。九条ネギもよいアクセントとなり最後の一口まで美味しくいただけました。

 

IMG_02331



【醤油ワンタンメン】

 1,010円(2017年9月現在)

ベースは醤油ラーメンと同一のものですが、静岡県産の桜エビを使用したワンタンが入っています。

 

もちもちした皮に包まれたワンタンが美味しいおススメの品です。

 

富山への観光に来たらぜひ立ち寄りたい、おススメの名店です。

 

【交通】

お車の場合

 

北陸自動車道「富山西IC」より

約10分(時間帯により渋滞することがあります。)

 

【営業時間】

平日11151430 173021002030L.O.
土日祝日111521002030L.O.
定休日 木 第3水 その他年末年始など

支那そばや 翠月ラーメン / 呉羽駅
夜総合点★★★★ 4.4

関連ランキング:ラーメン | 呉羽駅