ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

2018年04月

IMG_2887

『京葉道路』から『篠崎』駅方面へ向かい、『篠崎』駅のロータリーと信号を抜けます。1つ目の信号を過ぎてすぐに、左手に『個別教室のトライ』右手に『明治乳業』の看板が見えますので通りを右折するとすぐに左手にお店と駐車場があります。

 

電車の場合は『篠崎』駅北口から右手へ。『マクドナルド』のある通りを左折し、1つ目の信号を過ぎてすぐに、左手に『個別教室のトライ』右手に『明治乳業』の看板が見えますので通りを右折するとすぐに左手にお店があります。

 

こちらのお店の『山本 浩泰』シェフは、素晴らしい経歴を持つ『世界レベルのパティシエ』。調理学校を卒業後、広島市内のイタリアン料理店に就職しドルチェを担当することで、お菓子作りの魅力に目覚めます。

 

神戸『ダニエル』や他パティスリーでの勤務を経てフランスへ渡ります。世界中の限られたパティシエ・ショコラティエで構成された『ルレ・デセール』の会員店『ランペリアル』や『グランダン』同じく『ルレ・デセール』会員の『ブイエ』で研鑽を積みます。

 

その間に多くのコンクールに出場し素晴らしい実績を残しました。

・『ガストロノミック アルパジョンコンクール』アメ細工部門優勝

・『ガストロノミック ロモランタン、ソローニュ コンクール』アメ細工部門優勝と総合優勝

・『大統領杯』に優勝し『シラク大統領』から受賞

・『ガストロノミック ディジョン アメ細工部門』日本人初優勝

 

帰国後『日本橋 マンダリン オリエンタルホテル東京』スーシェフを任され、オープニングからペストリーの立ち上げまでを手掛けます。

 

その後『代官山レストラン マダム トキ』シェフパティシエ、『新宿伊勢丹 セバスチャンブイエ』シェフパティシエ、『イクスピアリ ピエール・エルメ パリ』シェフパティシエなどを歴任し独立。2011年『パティシエ・ヒロ ヤマモト』の開店に至ります。

 

IMG_0536



この『パティシエ・ヒロ ヤマモト』が提供するケーキは、フランスのオーセンティックな菓子をベースとしたもの。ケーキだけではなく、惣菜パンやフランス伝統の焼き菓子、コンフィチュールやチョコレートなども店頭に並び、見る者の目を楽しませます。

 

伝統に則った製法を守りながらも『アルパジョンコンクール』の優勝シェフらしい芸術的な装飾が施されたケーキの数々は、もはやケーキの『美術館』。

 

特に『エディブルフラワー』を用いた色使いが素晴らしく、思わずホールで購入して飾りたくなるくらいの美しさです。

 

外観は大きな窓が開放的なお洒落な雰囲気。一歩足を踏み入れると正面にケーキのショーケースがあり、色とりどりのケーキ達が出迎えてくれます。ケーキだけでなくクロワッサンなどのパンや焼き菓子にコンフィチュールなども豊富に並べられており見た目にも華やか。

店内には簡易ながらもイートイン用のテーブルも用意されております。

 

 

■モンブラン

523円(2018年4月現在)

サブレ生地、チョコレートでコーティングしたメレンゲ、イタリア産マロンを使ったクリームのモンブラン

 

IMG_2937




甘さのはっきりしたマロンクリームは細く美しく絞られ、栗の風味と相まって奥行きのある味わい。

IMG_2913


甘さを抑えて濃厚さを際立たせた生クリームの下にはパリパリのショコラでメレンゲが包み込まれており、チョコレートとメレンゲの食感が絶妙のアクセントになります。

IMG_2948


トップと土台の上に『マロングラッセ』が用意され、『クラッシュ』された甘い『メレンゲ』が土台周辺に散りばめられることで、多重な味わいと食感で楽しませてくれる素晴らしいモンブランです。

 

■シャルロットルージュ

540円(2018年4月現在)

ベリーのムースとバニラのババロアにベリーのコンポートベリー系フルーツでデコレーションしたケーキ

 

IMG_2930



ベリーのムースは舌の上で溶けだすほどの滑らかさ。

IMG_2940


上にもベリーのコンフィチュールがたっぷりかかっており、これがふんわりと口どけの良いババロアと混ざり合い絶妙な味わいとなります。


IMG_2923



デコレーションのベリー類もイチゴやクランベリーにラズベリーなどなどみずみずしく上質なもので、その甘酸っぱさと瑞々しさがこのケーキの真骨頂です。

IMG_2955


『エディブルフラワー』とミントがベリーの赤に彩りを添えて、とても美しいケーキです。

IMG_2943


 

■ナポレオン

550円(2018年4月現在)

5日間かけて丁寧に折り込んだパイ生地と濃厚なカスタードクリームに苺が彩りを添えるケーキ

 

IMG_2891


『729』

 

パイ生地を自ら焼いたことのある方は誰もがすぐに頭に思い浮ぶ数字でしょう。

パイ生地の折り方は大きく分けて3種類に分かれます。

 

1.フィユタージュ・ノルマル(一般的な折り込み・普通折り込み)

2.フィユタージュ・ラピッド(即席)

3.フィユタージュ・アンベルセ(逆折り込み)

 

1番オーソドックスで、料理教室や菓子専門学校でも基本として習う『フィユタージュ・ノルマル』はバターを折り込んだ生地を三つ折りにします。

 

これを繰り返すので、折り込むごとに3倍ずつ増えていくことになります

 

合計6回折り返すのが基本なので

 

3×3×3×3×3×3、つまり3の6乗、『729層』のパイ生地が出来上がることになります

 

ラザニアのように1枚ずつ『729』枚重ねていくわけではないのがポイントであり美味しさの秘密です。

 

作る過程でバターが溶けるとサクサクした生地にはなりません。生地とバターの展延性を合わせる温度管理がとても難しいからです。そこでパイを作るとき、リタードをしながら折り込んでいきます。

 

リタードとは生地を冷やすことです。通常は三つ折りを2回=1セットが終了したところで、 生地をビニール袋かラップフィルムで包み、冷蔵庫で休ませます。

 

わたしも『蕎麦打ち』と『お菓子作り』は趣味で時宜に行っておりますが、なぜか『パイ生地』作りは『蕎麦打ち』と通ずるところがあり好きな作業工程でもあります。とはいえ、パイ生地を作るのは、時間と集中力、根気を要する作業なのです。

これだけサクサクの生地を作るには生地の制作過程の温度管理が素晴らしいのが伺えます。

 

IMG_2956


『ナポレオン』といえば『マキシム・ド・パリ』を思い出させますが、こちらの『ナポレオン』はそれに勝るとも劣らない素晴らしい味わい。

IMG_2961



ぎっしり詰まった『ミルフイユ』を口に含めば『ザクザク』っとした食感と溢れんばかりのバターの香りが広がり、『イチゴ』とバニラの香り高い『カスタードクリーム』が混ざり合うことで混然一体となり、得も言われぬ至福の味わいを作り出します。

IMG_2889


 

見た目が華やかなケーキに目を奪われがちですが、こちらのお店でぜひ味わいたいのが、『ミルフイユ』やこの『ナポレオン』を代表とするパイ生地のケーキです。

 

これほど香り高く素晴らしい食感の生地には滅多に出会えません。自信を持ってオススメできる絶品といえる一品です。

 

 

■シシリー

532円(2018年4月現在)

シシリー産ピスタチオを使ったクリームとダックワーズ生地にフランボワーズジャムのケーキ

IMG_2899


 

テクスチャーの異なる3種類のピスタチオとショコラにフランボワーズが層を織りなす、香りと美しさを兼ね備えた一品。

カカオで表面を木目調に仕立てたショコラプレートが添えられています。

IMG_2901


 

土台となるピスタチオを織り込んだダックワーズ生地はしっとりとした口当たり。ムース・クリーム2種類のピスタチオは上層と下層の2段に折り重ねられています。

下層は舌の上でふわりと消えてなくなる素晴らしい口どけのムース。甘さは控えめながらも上品にピスタチオの香りが漂います。

IMG_2905



上層はよりピスタチオの風味を強く感じるクリーム。『ホワイトチョコレート』の甘さと風味の中、不意に現れるフランボワーズの酸味が絶妙なアクセントとなります。

 

 

舌で味わう前から楽しめる、見惚れてしまうほど『フォトジェニック』なケーキ達。小さなお子様ならば、そのあまりにも美しく華やかなショーケースに張り付いて動けなくなってしまうことでしょう。

シェフのケーキのレシピは180種類を超えるそうで、時期によりショーケースの商品が様々に入れ替わるのも魅力の一つ。また、『マカロン』や『クイニーアマン』などフランスの伝統的なお菓子も多く揃っておりこちらもオススメです。

 

フランスの伝統を守りながらも、創造と芸術性を感じさせるオリジナリティ溢れるケーキはまさに唯一無二の味わい。素材や製法にもこだわった名店です。

 

【パティシエ・ヒロ ヤマモト (patissier Hiro Yamamoto)までのアクセス】

東京都江戸川区篠崎町1-7-23-1ピラトゥス篠崎1号室

 

 【駐車場】

有 4

 

【電車の場合】

『篠崎駅』から徒歩5分ほど

 

【営業時間】

10:3019:30

 

【定休日】

水曜日・第三火曜(祝日を除く)

 

【備考】

保冷剤は有料 

 

【公式HP】

http://hiro-yamamoto.com/


にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ
人気ブログランキング

関連ランキング:ケーキ | 篠崎駅

IMG_2837

 

■『日本を代表するパン職人』

地下鉄『日本橋駅』から直結の『日本橋タカシマヤ』の地下にお店はあります。

 

店名の『シニフィアン シニフィエ』は、フランス語で『シニフィアン』が『意味するもの』つまり言語記号の表現面を表わし、『シニフィエ』が『意味されるもの』つまり概念を表わしています。少し難しいですが、いわゆる言語学用語です。

 

シェフの『志賀 勝栄』氏は、新潟県出身。上京した際に食べたパンの味に感動しパン職人の道へ進みます。『アートコーヒー』を経て『カフェ・アルトファゴス』シェフ・ブーランジェに就任。『パティスリー・ペルティエス』『ユーハイム・ディー・マイスター丸ビル店』『フォートナム・アンド・メイソン』などを経て2006年東京・世田谷にお店を開きます。

 

そして、瞬く間にパン好きにその名を知らぬ者はいない名店となりました。『食べログ』パン部門で全国ランキングトップ10に入るなど、雑誌やTVでも高い評価を受けている大人気店なのです。

この日は本店ではなく『日本橋タカシマヤ店』にお伺いしました。

 

■酵母まで手作り

その人気の秘密はパンの特徴にあります。

 

こちらのお店は、生地を膨らますのに使う『酵母』をシェフが自家培養している『自家培養発酵種』いわゆる『天然酵母パン』のお店なのです。

『自家培養発酵種』を使用したパンは、複数の酵母菌や乳酸菌を含むため、イーストを使用した通常のパンと比べて独特の旨味、風味、食感が生まれます。

 

また、長時間発酵により素材の旨味を引き出し、生地が発酵する際に醸された様々な香りが含まれるガス(気泡)を積極的に残し、パンの味わいにつなげているそうです。

オーブンも煉瓦を積み上げて造られた特製ガス窯。ガスの炎によって美味しさと水分をしっかりと封じ込めています。

 

 

■パン オ ヴァン

1/4  950円(2018年4月現在)


IMG_2827

 

赤ワインを使い練り上げたパン。 具材は(白イチジク煮、クランベリー、ピスタチオ、クルミ、アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツ)



IMG_2829


特筆すべきはその重さ。パンとは思えないほどのズッシリとした重さです。


この重さの正体は具材。パン生地よりも具材のほうが多く、また、具材の種類も多いので、食べるごとに別の食感と味が現れ、最後の一口まで同じ味には出会いません。

 

IMG_2831



 

ひと口頂けば、赤ワインの芳醇な風味が広がり、微かにシナモンの爽やかなが香り抜けていきます。食べ進めると次々にナッツのカリッとした食感が現れしっとりと柔らかいクラムへのアクセントとなり、このナッツ類の香ばしさと生地の甘みドライフルーツの酸味が一体となり最高の味わいを作り出しています。



■パン オ ノア

ハーフ 972円(2018年4月現在)

 

IMG_2847



生地にたっぷりの『クルミ』と『ピーカンナッツ』が入ったパンです。

カリッとしたクラストと、しっとり『モチモチ』したクラムのコンストラストが絶妙。

 

IMG_2848



 

このもっちりした弾力は『ジャガイモ』を練り込むことで造りだされ、ほんのりグレーがかった生地はクルミの自然の色が生地に染み込んだものです。



■スペルト ルヴァン

ハーフ 756円(2018年4月現在)

IMG_2849

古代小麦と呼ばれる『スペルト小麦』を使用し長時間発酵させたパンです。




IMG_2850


『スペルト小麦』を50%に『スペルト小麦』の全粒粉を50%配合した香りの豊かさが特徴で、『ルヴァン』種特有の『ほんのり』とした酸味と『全粒粉』の口当たりが絶妙の野趣あふれる一品です。



■パン オルジュ

ハーフ 864円(2018年4月現在)

 

IMG_2844


『レーズン』と『くるみ』『ヘーゼルナッツ』がたっぷり入ったパン。

『大麦』を配合した生地に『いちじくを煮た赤ワインシロップ』仕込み焼き上げたパンです。

『オルジュ』はフランス語で『大麦』を意味します。

 

IMG_2845


クラストはカリッとした仕上がり、クラムはモチモチとした食感で、定番の『レーズン』と『ナッツ類』という組み合わせは相性抜群。ここに、このお店ならではの大麦と赤ワインの香り高い生地が加わり深みのある多重な味わいを作り出しています。



■抹茶かのこ

ハーフ 972円(2018年4月現在)

 

IMG_2838



 

たっぷりと練り込まれた『抹茶』の風味が楽しい一品。京都の抹茶やイタリアのはちみつ、北海道のかぼちゃペーストなどを練り込んでしっとりとした生地に、北海道産の3種類のかのこをたっぷり入れて焼き上げています。



IMG_2836



 

『小豆』と『手亡豆』に『青えんどう豆』の『かのこ』がホクホクした食感と甘みを彩ります。『伊予柑』のピールも織り込められており、香りと食感に絶妙なアクセントを加えてくるスィーツのような一品です。

 



パンを焼かれる方の中には、ご自分で『種を起こす』ことにチャレンジなさる方も多いかと思います。私も基礎的ですが『ヨーグルト』や『レーズン』で種をおこして焼いたことがあります。『種をおこすこと』自体は難しくありませんが、発酵力が弱かったり酸味が強くなりすぎたりと安定させることがとても難しい行程でもあります。

 

こちらのお店で作られる『発酵種』は、ライ麦など穀物などから起こされたものやフルーツから起こしたものまでこだわりの『発酵種』で、その焼き上がりから、作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

 

 

『どんなパンがお好きですか?』パンを選んでいるとスタッフの方が声をかけてくださることもしばしば。


どんな食べ方がオススメか、お客様にあったパンはどのパンか、そうしたお客様とのコミュニケーションの中でいろいろ提案をしてくださるのも『シニフィアンシニフィエ』の特徴であり、多くの人に愛される理由でもあります。

 

【シニフィアン シニフィエ 日本橋タカシマヤ店 (Signifiant Signifie) までのアクセス】

東京都中央区日本橋2-4-1日本橋タカシマヤ B1F

 

 【駐車場】

 

高島屋駐車場利用:有料 買い物金額に応じたサービスあり

提携Pも複数有り 

 

【電車の場合】

地下鉄『日本橋駅』から直結

 

【営業時間】

10:3019:30

 

【定休日】

不定休(高島屋に準ずる)

 

【公式HP】

http://www.signifiantsignifie.com/


にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ

関連ランキング:パン | 日本橋駅東京駅京橋駅

IMG_2785

 

■日本のトップパティシエ達の師匠

こちらのお店は『菓子作り』に携わる者や『ケーキ』『チョコレート』好きにその名を知らぬ者はいない、名ショコラティエでありパティシエ『アルノー・ラエール』氏がプロデュースするパティスリー。

 

『アルノー・ラエール』氏は16歳から職人をめざし、ブレストでのパティスリー勤務を経てパリへ向かいます。『ペルティエ』『ダロワイヨ』『フォション』で働き、当時『フォション』のシェフパティシエだった『ピエール・エルメ』氏に師事し、その後25歳で独立します。

 

パリに開いたお店は評判となり、世界中の限られたパティシエ・ショコラティエで構成されたルレ・デセールの会員に選ばれ、2007年にはM.O.F(フランス国家最優秀職人章)を取得。現在では審査員を務めます。

 

またC.C.C.(ル・クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)では2015年より3年連続『欠かすことのできないショコラティエ』という名誉ある賞に選出されました。

 

直訳すると『チョコレートをかじる人たちの集まり』という面白い名称ですが、この『C.C.C.』はフランスの権威あるチョコレートのガイドブック。『ミシュラン』と異なるのは自ら応募したものを審査し賞を与えるという点にあり、世界中のショコラティエが目指す栄誉ある賞です。

 

そんな名店『アルノー・ラエール』のパリにあるお店では数多くの日本人パティシエも修業しています。

 

食べログケーキ部門で全国ランキングトップ10に入る自由が丘の『パティスリーパリセヴェイユ』金子美明シェフもこのお店で修業し、『パティスリーパリセヴェイユ』の代表作『ムッシュアルノー』は師である『アルノー・ラエール』氏の名を冠したケーキとして有名です。

 

他にも、全国ランキングトップ10に入る高輪の『パティスリー リョーコ』竹内良子シェフなど数多くの日本人パティシエがこのお店で研鑽を積んでいます。まさに日本のトップパティシエ達の師匠でもあるのです。

 

日本においては百貨店の催事にて数千個のチョコレートを初日で完売したこともある、その名店が2018年1月、ついに日本にオープンしたのです。

IMG_0475


『明治通り』を『恵比寿』方面から『三田』方面へ直進し『広尾五丁目』交差点を左折『さわやか信用金庫』手前にお店があります。駐車場は近隣に複数点在する有料駐車場を利用するとよいでしょう。

 

電車では『広尾』駅1番もしくは2番出口から『広尾橋』交差点を右折、『有栖川宮記念公園』と反対方向に向かいます。突当りまで進むとお寺が見えますので『さわやか信用金庫』隣にお店が見えてきます。徒歩2~3分程です。

 

高級感のある街『広尾』において一際目立つこのお店は1Fがショップ、2Fが厨房になっており、ガラス張りの厨房からはパティシエ達が作業している姿が垣間見えます。

 


IMG_0477

『チョコレート』をイメージさせるドアを開けて店内に入ると、オレンジをテーマとした装飾が広がります。洗練された雰囲気のお洒落な店内には、エッフェル塔を模したオブジェなども飾られ高級感の中に不思議と温かみを感じます。


ショーケースには煌びやかな『チョコレート』が多く飾られ、世界のトップ『ショコラティエ』らしい、その美しい『チョコレート』の数々はまるで美術館の絵画を見ているように、見る者をその世界に引き込んでいきます。

 

お店にイートインスペースはありませんのでテイクアウトのみとなります。

 

店内の一角に配送伝票と机が用意されており、チョコレートや焼き菓子の地方発送も承ってくださいます。

 

■画家の名を冠したお店のスペシャリテ

【トゥールーズ・ロートレック】 

750円 税込(2018年4月現在)


IMG_2806


 

パリ、モンマルトルのお店の通り沿いに住んでいたフランスを代表する画家『トゥールーズ=ロートレック』



『アルノー・ラエール』氏のイメージする彼はいつも『黒い』衣服に身を包んでいる人物だそうです。そんな『トゥールーズ=ロートレック』にオマージュを捧げた作品。

 

IMG_2765

『ビスキュイショコラ』の土台に濃厚な『クレームブリュレショコラ』と軽い『ムースショコラ』が合わさり、チョコレートの『グラサージュノワール』で黒く包み込んだ一品。


IMG_2774

上部と側面には銀色に輝くラメ入りチョコがデコレーションされていますが、これは、画家の持つ筆とパレットを描写しており、芸術的センスも感じさせてくれる品です。


口に含めるとグラサージュ、ビスキュイ、クレーム、ムースそれぞれのショコラの香りが混ざり合いまるでオーケストラのように多重な奥深さを作り出しています。

 

IMG_2823

世界のトップ『ショコラティエ』の技術を堪能できる品で、チョコレート好きにはたまらない、パリでも人気の逸品です。


■開業以来の代表作

【モンテ・クリスト】

690円 税込(2018年4月現在)

 

IMG_2796

『ムースショコラ』『クレームフランボワジェ』『ビスキュイショコラ』『ガナッシュフランボワジェ』『ビスキュイショコラノワール』が層を織りなし『フランボワーズ』が乗った美しいケーキ。



IMG_2762

『ビスキュイショコラ』の香ばしさと『ガナッシュフランボワジェ』の甘さ『フランボワーズ』の酸味が絶妙なバランスの一品です。



IMG_2797


 

チョコレートベースにフランボワーズという定番の組み合わせながら『ショコラ』の香り高さと口解けの良さが『アルノー・ラエール』ならではの味わいを奏でています。


■サクフワ生地

【エクレール・ショコラ】

480円 税込(2018年4月現在)

IMG_2799


ふわふわの『シュー生地』の中にはカカオの香りが濃厚な『クリーム』がたっぷり。上部に添えられた『ショコラプレート』が特徴的な『エクレア』です。

 

IMG_2761


『シュー生地』は小麦の香りが香ばしくサクサクで、中はフワリとした絶妙な焼き加減。とろけるような『クリーム』とパリパリした『プレート』というテクスチャーの異なるチョコレートは、それぞれが主役になり得る素晴らしい味わい。

IMG_2818




口の中で混ざり合うことで全体に調和し深みを持たせています。
 

■甘いキャラメルとサクサク生地のハーモニー

【ミルフォイユ キャラメル】

650円 税込(2018年4月現在)

 

IMG_2775

サクサクのミルフィーユ生地に『シャンティキャラメル』『クレームキャラメル』が折り重ねられた一品。通常のミルフィーユと異なり横に重ねられています。


ケーキナイフを入れてみると、手に伝わる小気味よいサクサク感が味に期待を持たせます。

 

一口いただくと、ふんわりと『キャラメル』の香りが広がり、ほのかに漂う『キャラメルサレ』の塩気が『ミルフィーユ』のサクサク感と相まって奥行きのある味わいを作り出しています。

 

IMG_2822


ミルフィーユ生地は小麦の風味が活かされ、外側は絶妙なサクサク具合。フランス菓子らしい重厚感のある甘さです。


 

IMG_2815

支社がある関連でフランスには仕事でよく滞在しており、パリの『アルノー・ラエール』本店にも何度かお伺いさせていただきましたが、パリの本店と全く同じ姿のケーキ達には軽く感動を覚えます。



IMG_2785



『ビビッドな甘さ』が特徴である『フランス菓子』の王道の味わいながらも、『抹茶』を使用したケーキをパリで販売するなど、枠にとらわれず、時代に合わせ洗練されたケーキを提供する『アルノー・ラエール』


『フランスのトップパティシエ』がプロデュースするケーキはアートを感じさせる逸品。芸術的なその世界をぜひ味わってみてください。

 

 

【アルノー・ラエール 広尾本店 ARNAUD LARHERまでのアクセス】

150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目19-9

 

【駐車場】

無し 近隣に有料駐車場複数有り

 

【電車の場合】

『広尾駅』1番・2番出口より徒歩3分

  

【営業時間】

11:0020:00

 

【定休日】

不定休

 

【公式HPなど】

http://www.arnaudlarher.jp/


にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ

関連ランキング:ケーキ | 広尾駅恵比寿駅

IMG_2680

 

■三ツ星シェフプロデュースのパティスリー

車で六本木通りを直進し、六本木2丁目交差点を直進、次の信号で右折するとホテルの車廻りに到着します。


電車では首相官邸にほど近い『溜池山王』駅から駅構内通路にて改札から徒歩5分程で『ANAインターコンチネンタルホテル東京』に着きます。


IMG_0339
 

こちらのお店は『ミシュラン三ツ星』シェフの『ピエール・ガニェール』氏がプロデュースするパティスリー専門店。『ANAインターコンチネンタルホテル東京』内には36Fにレストラン、2Fにパティスリー専門店があります。

 

IMG_0424

黒とピンクをテーマとした装飾が洗練された雰囲気を表現しているお洒落なお店。


IMG_0428

お店の外には簡易ながらイートインスペースが3テーブル6席用意され、購入したケーキやパン、デリカなどをいただけます。

IMG_0426


正面には黒やピンクに対して白が映えるひときわ明るいショーケースに美しいケーキ達が並んでおり

IMG_0427

店内には他にも本場パリのレシピで作られる種類豊富なパンが用意され、デリカテッセンや焼き菓子・ジャムも並べられています。



IMG_0425

 

■ピンクのヒョウ柄がキュートな人気のケーキ

【ラ・パンテール・ローズ】 

650円 税込(2018年3月現在)

IMG_2661
 


ビスキュイジョコンドにストロベリームースをベースとし、マスカルポーネクリームと『苺』のコンフィチュールの層が織り込まれています。表面には『豹柄』が散りばめられ、ナパージュで優しく包み込まれた一品。


お店の名を冠したプレートと『苺のパートドフリュイ』が添えられ優美なその姿に彩りを加えています。


IMG_2721
 

ひと口頂くと、ストロベリームースからは苺の香りが爽やかに香り、しっとりとした食感に上品な甘さが広がります。食べ進めるとマスカルポーネクリームの濃厚な甘みとコンフィチュールの酸味がアクセントとなる、複雑かつ多重な味わいの一品です。

 

■重厚感のある栗たっぷりのモンブラン

【モンブラン】

650円 税込(2018年3月現在)

IMG_2674



渋皮色をした『マロンペースト』の上に大きな栗が乗った美しいモンブラン。


マロンペーストの中にはたっぷりのクリームが詰まっていて、土台は厚いタルト生地。上に乗った『マロンコンフィ』は栗本来の風味と甘みが伝わります。

 

ケーキナイフを入れてみると、手に伝わるのはずっしりとしたマロンペーストの重厚感。

IMG_2727
 


まずはこのペーストを一口いただくと、ふんわりと栗の香りが広がり、ほのかに漂うラム酒の香りが『栗』の風味と相まって奥行きのある味わいを作り出しています。

 

甘さを抑えて濃厚さを際立たせたクリームは口どけが良く、中には大きな『マロンコンフィ』がもう一つ織り込まれており、絶妙なアクセントを加えています。

分厚いタルトの土台は表面がさくさく、中はしっとりとした食感で卵の風味と相まって素晴らしい味わい。全体的に重厚感のあるモンブランです。

 

■サクフワ生地

【エクレールフレーズ】

650円 税込(2018年3月現在)

IMG_2714

ふわふわの『シュー生地』の中を真っ白な『生クリーム』と真っ赤な『苺』が彩り、表面を苺のフォンダンで包んだ彩り鮮やかな『エクレア』です。

 

『シュー生地』は香ばしくサクサクで、中はフワリとした絶妙な焼き加減。これだけでも美味しくいただけます。『生クリーム』は微かに『ラム酒』で香り付けされた濃厚な味わい。

半分にスライスされた『苺』がごろごろ入っているので、甘さと食感の双方にアプローチを仕掛けてきます。

 

■甘いタルトと苺のハーモニー

【タルト・オ・フレーズ】

650円 税込(2018年3月現在)

 

IMG_2677

甘く瑞々しい上質な『苺』がたっぷり乗せられたタルト。

 

タルト生地は卵の風味が活かされ、外はサクサク中はしっとりとしており、フランス菓子らしい重厚感のある甘さです。

 

持ち帰り用の手提げ袋もお洒落。

IMG_2728
 


梱包箱も高級感があります。

 

IMG_2640

『ミシュラン三ツ星』シェフがプロデュースするケーキはアートを感じさせる逸品。芸術的なその世界をぜひ味わってみてください。

 

【ケーキ以外のメニュー】

海老カツサンド ¥1,040

ポークカツサンド ¥1,350

クロワッサン ¥250はフランス産の小麦を焙煎した粉とフランス仕込みの天然酵母を生地に練り込んだ逸品。

※その他テイクアウトでお楽しみいただけるサンドウィッチやバケットサンドを豊富にご用意しております。

 

【ピエール・ガニェール パン・エ・ガトーまでのアクセス】

東京都港区赤坂1-12-33ANAインターコンチネンタルホテル東京

 

【駐車場】

500台収容可能な駐車場をご用意しております。(24時間営業・予約不要) 

ご利用代金¥5,0002時間まで無料

ご利用代金¥10,0004時間まで無料

 

【電車の場合】

地下鉄銀座線

『溜池山王』駅 13番出口より徒歩1分(溜池山王駅改札より約5分)

 

地下鉄南北線

『溜池山王』駅 13番出口より徒歩1分(溜池山王駅改札より約7分)

『六本木一丁目駅』 3番出口より徒歩2分(六本木一丁目駅改札より約5分)

 

地下鉄丸の内線

『国会議事堂前駅』より『溜池山王』出口をご利用ください

(国会議事堂前駅改札より約13分)

 

地下鉄千代田線

『国会議事堂前駅』は『溜池山王』出口をご利用ください

『赤坂駅』5番出口より徒歩10

 

地下鉄日比谷線

『神谷町駅』 4B出口より徒歩10

 

都営バス

都バス01系統(渋谷~新橋)『赤坂アークヒルズ前』下車、徒歩約1

 JR新橋駅よりバス10分)

 

http://anaintercontinental-tokyo.jp/access/subway.pdf

 

 

【空港から】

羽田空港・成田空港からリムジンバスあり

http://anaintercontinental-tokyo.jp/access/

  

【営業時間】

7:0022:00、土日祝7:0020:30

※ケーキ・デリカテッセンは10:00より販売

 

【定休日】

年中無休

 

【公式HPなど】

http://www.anaintercontinental-tokyo.jp/restaurants/pierre_gagnaire_pg.html


にほんブログ村 スイーツブログ 東京スイーツ食べ歩きへ

関連ランキング:パン | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅

IMG_2753

今回はブログ仲間の『かーと』さんに影響されて『花』の写真を撮ってみました♪

『かーと』さんはラーメンやカップラーメンのレビューで大人気のブロガーさん。その詳細なレビューと的確な味の分析は1度読んだら虜になります。

その『かーと』さんが綺麗な『花』の写真も季節ごとに記事になさっていたので、私も挑戦してみました(*’▽’)

『かーと』さんの素敵なブログもぜひ訪問してみてください(*´▽`*)

He can eat anything but himself!

https://fairysbible.blog.fc2.com/

 


■日本三大夜桜の名所

今回お伺いしたのは新潟県上越市にある『高田城』。お城の公園内に見事な桜が咲き誇る『日本三大夜桜』と称される名所です。

IMG_2747
 


この日は、友人の引越しの手伝いがメインの目的でしたが、時間を見てお伺いしてみました。

IMG_2745


・・・が、
IMG_2746


東京とは気候が違う日本海沿岸。東京ではすでに桜が散った3月30日にお伺いしましたが、こちらではまだ『蕾』の状態。

IMG_2748

道中の『上信越道』など長野県内の高速道路沿いは満開でしたが・・・
どうやら見どころになるのは4月上旬のようでした。

 

IMG_2752

ということで、また来年伺う機会があれば夜桜の撮影にチャレンジしてみます(#^.^#)
IMG_2751



IMG_2750


IMG_2623

 

■上信越地方屈指の実力店

上信越自動車道『上越高田IC』を降りて直進『中田原南』交差点を左折し反対車線側すぐ右手、セブンイレブンやラーメン屋さんと同じ敷地内にお店はあります。

 

北陸自動車道『上越IC』からはICを降りて長野方面へバイパスを直進し『島田』交差点を右折し直進、『中田原南』交差点を右折してすぐ右手です。

 

こちらのお店の『澤田俊太郎』シェフは素晴らしいキャリアを積み上げてきた一流のパティシエでありショコラティエ

 

東京の名店『テオブロマ』の『土屋公二』シェフの下で過ごし『製造責任者』を任され、新店舗立ち上げにも従事しました。

 

『テオブロマ』の『土屋公二』シェフといえば、チョコレート好きにその名を知らぬ者はいない日本トップクラスの『ショコラティエ』。ドラマ化もされた人気漫画『失恋ショコラティエ』のコラボ企画で作中に登場するチョコレートの再現を手掛けたショコラティエとしても有名です。

 

その名店での在籍中にフランスに渡り、南フランス・エクスアンプロヴァンスにあるM.O.F.(フランス国家最優秀職人章)にも選ばれた名パティシエの店に勤務し、帰国後の200911月、新潟県上越市に『パティスリー オ ラランティ』オープンしました。

 

Au Ralenti (オラランティ)』とはフランス語で『ゆっくりと』という意味。『忙しい毎日の生活の中で少しでも心が豊かになるようなお手伝いが出来たら嬉しいです』という願いが込められています。

 

この『パティスリー オ ラランティ』が提供するケーキは、フランスのオーセンティックな菓子をベースとしたもの。

 

リキュールや甘みの強さが特徴のため、決して『日本人の万人好み』とは言えない『フランス菓子』をベースとしたケーキながら、リキュールや甘さを抑え、子供から大人まで楽しめる普遍的な美味しさを作り上げたものや、日本人が考案した日本独自のケーキである『ショートケーキ』を模した『シャンティフレーズ』なども取り扱っていますので、皆に好まれる幅広いラインナップが魅力の一つです。

 

外観は南フランスのカフェを思わせるお洒落な雰囲気。一歩足を踏み入れると正面にケーキのショーケースがあり、色とりどりのケーキ達が出迎えてくれます。

 

IMG_0410

ケーキだけでなく焼き菓子にコンフィチュールなども並べられ、マカロンやチョコレートも美しく並んでいます。一流の『ショコラティエ』が手掛けるチョコレートは
『エクアドル』『サントメ』など世界各国の様々な厳選したカカオを使用し『産地』や『製法』による違いを珈琲やワインのように味わうことができます。

 

店内奥にはイートインスペースも用意され、ケーキの他にこだわりのショコラドリンクなどを頂くこともできます。

 

また、土日祝日限定ですがこだわりの素材で焼き上げたパンも販売しています。アンティークな雰囲気に纏められた内装で、随所にフランスのポスターや『フェーブ』などの小物が立ち並び、まるで本場フランスのパティスリーに足を踏み入れたような楽しい気持ちにさせてくれます。

 

■美しく輝くお店のスペシャリテ

【セトム】 

410円(2018年3月現在)

IMG_2615


『ビスキュイショコラ』
に『ショコラムース』と『ショコラクリーム』の層が重なり『金箔』を星のように散りばめた『グラサージュ・オ・ショコラ』が優しく包み込む一品。

 

IMG_2622

黒く輝くグラサージュの上にはお店の名を冠したプレートが添えられ優美なその姿に彩りを加えています。

 

口に含めると『グラサージュ』に『ビスキュイ』、『ショコラムース』に『ショコラクリーム』とそれぞれのショコラの香りが混ざり合い、まるでオーケストラのように多重な奥深さを作り出しています。これはまさに絶品というほかありません。

IMG_2614



『ビスキュイショコラ』には香ばしいアーモンドと芳醇なラム酒の香りが織り込まれ、奥行きのある味わいを作り出しています。

 


生クリームで濃厚さを増した『ショコラクリーム』の甘み、ビターに仕立て香りを際立たせている『ショコラムース』、同じビターながらテクスチャーの異なる『グラサージュ』が舌の上でコンストラストをあやなし、複雑かつ多重な味わいを奏でています。

 

IMG_2616

特に口の中でフワッと溶ける『ショコラムースの口解けの良さ』が『パティスリーオ ラランティ』ならではの味わい。

 

ショコラにはエクアドル産カカオ70%が使用されており、甘さ控えめながら香り高くチョコレート好きにはたまらない一品です。

 

■正統なフランス菓子の味わい

【モンブラン】

410円(2018年3月現在)

IMG_2635


マロンペーストの下にはたっぷりのクリーム、本場フランスと同じく土台はメレンゲのモンブランです。

IMG_2631

 

マロンペーストはほのかにラム酒の香りが漂い『栗』の風味と相まって奥行きのある味わい。甘さを抑えて濃厚さを際立たせたクリームは口どけが良く、メレンゲの土台のさくさくとした食感と相まって素晴らしい味わいのモンブランです。

IMG_2630

 

■究極の『ジェノワーズ』

【シャンティフレーズ】

450円(2018年3月現在)

 

IMG_2624

ふわふわの『ジェノワーズ(スポンジ)』を真っ白な『生クリーム』と真っ赤な『苺』が彩る、いわゆる『ショートケーキ』です。

 

IMG_2625

周知のとおり『ショートケーキ』は日本発祥の『ケーキ』で日本ならではの食べ物です。もちろんシェフの修業先のフランスには『ショートケーキ』なる『ケーキ』は存在しませんので名称も『シャンティフレーズ』となっています。

 

IMG_2626

ザクッとひと口食べたいところですが、ぜひ、まずは少しだけ生クリームを口に含んで香りと味を楽しんでみてください。口の中に広がるミルクの芳醇な香りと濃厚な味わいからは、いかに上質な生クリームであるかが伝わると思います。

 

IMG_2627

そして、特質すべきは『スポンジ』です。まるで空気をつかむかのように柔らかで『ふわふわ』の『スポンジ』は『しっとり』と滑らかな食感。口の中で溶けていくようです。ここまで
きめ細やかでやわらかい『スポンジ』は他では味わえない『パティスリーオ ラランティ』ならではの逸品です。

 

『スポンジ』と『生クリーム』の間にはキルシュ酒風味のシロップが塗られ味わいに深みを持たせています。

 

前述の生クリームは北海道産生クリームを使用しているそうです。乳脂肪分が高く濃厚でしっかりとした味わいで、こちらも口どけが良く『ふわっと』舌の上で溶けていきます。

 

クリームの間に織り込まれている苺は厚めにスライスされており、甘さと食感の双方にアプローチを仕掛けてきます。上に乗った苺も瑞々しく甘い上質さで味を締めくくり、まさに絶品と言える一品です。

 

4月下旬〜11月下旬まで『苺』はお休みです

 

東京の名店やフランスで研鑽を積んだ一流のパティシエがフランス菓子の伝統を元に織りなすケーキはまさに唯一無二の味わい。素晴らしい世界をぜひ味わってみてください。

 

【パティスリー オ ラランティ (AU RALENTI)までのアクセス】

新潟県上越市中田原153-14

 

【駐車場】

30台(共有)

  

【営業時間】

10:0019:00(イートインL.O.18:00)

 

【定休日】

毎週水曜日、第1・第3火曜日

 

【公式HPなど】

http://auralenti.com/


にほんブログ村 スイーツブログへ

関連ランキング:ケーキ | 南高田駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ