ガトショコのふらり食レポ

ケーキや和菓子などのスイーツから蕎麦、ラーメンまで、実際に食べ歩きした選りすぐりのレストラン・グルメ情報を紹介します。 Instagramもやってます。お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

2017年12月

IMG_1535


京王本線「上北沢駅」北口から出て左手、サミットストアを左手に見ながら北側の通りを少し進みます。

ほどなく「甲州街道」や「首都高」から「中央自動車道」につながる大通りに出ますので左手に進むとお店があります。

11月下旬の日曜日10時30分頃にお伺いしました。
行列もできる人気店ですが、この日は1巡目で入店できました。

【11月下旬の待ち状況】
10:30 並び0
10:40 並び3
10:55 並び6
11:30 店内満席 外待ち0

IMG_0072


こちらのお店は「ミシュランガイド東京2018」にて3年連続でミシュランビブグルマンに選出されたラーメンの名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

外観は昔ながらのラーメン屋さんをイメージした趣のある建物。
店名は「オバケのQ太郎」という藤子不二雄アニメに登場する
ラーメン好きなキャラクター「小池さん」が由来だそうです。

一歩踏み入れると職人さん達の気持ちの良い挨拶が出迎えてくれます。
まずは、店内すぐ左にある券売機にて食券を購入しましょう。

明るく綺麗な店内はダークブラウンを基調とした大きな木のカウンターが特徴的。

厨房の職人さんたちの連携の良さと雰囲気の良さはこのお店の明るい雰囲気をさらに輝かせています。

お席は厨房に面したL字カウンターが11席。
席と席の間隔が広めで、ゆったりとお食事ができ女性お1人でもご家族でも来店しやすでしょう。

今回は「特製煮干しラーメン」に「チャーシューマヨご飯」をいただきました。

【特製煮干しラーメン】
980円(2017年11月現在)
「特製」は鶏団子増し、チャーシュー増し、味玉付きとお得です

IMG_1537



まず特筆すべきは、その美しさです。
透き通った黄金色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなした美しき一杯。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる”黄金色に輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。


IMG_1536


器からはお席にまで煮干しが香り食欲をそそります。
一口いただくと、いい意味で裏切られます。上品な見た目とは裏腹な濃厚な味わい。

煮干しの芳醇な香りが押し寄せ、スープの旨みが余韻を残します。

麺はオレンジの箱でおなじみ「村上朝日製麺」製の中細ストレート麺。
茹で加減は絶妙で口の中で「パッツン」と切れる心地よさとコシの強さを堪能できます。
濃厚な煮干しの香りに押し切られることなく噛みしめるごと小麦の香りがふわりと広がる美味しい麺です。



IMG_1539

フレンチ発祥の真空低温調理の技法を用いられたチャーシューはローストビーフのような鮮やかさですがもちろん芯まで火はしっかり通っています。

繊維が高熱により崩れることを防ぐので、柔らかくジューシーで噛みしめるごとに肉の旨みが溢れる美味しさです。

ほのかに漂う燻製の香りが肉の味わいをさらに深めています。

軟骨入りの鶏団子はコリコリとした食感が楽しく、生姜の風味が鶏の旨みを際立たせています。
スープとの相性も抜群でお鍋をいただいたかのような満足感に誘います。



IMG_1538


味玉は黄身の味わいが濃厚で、理想的な半熟状態で出汁がよくなじんだ素晴らしい味わいです。

刻み玉葱は濃厚な旨みに慣れた舌をリセットし、スープの新たな旨みの発見へと導きます。

また、煮干しのように強い旨み成分のスープの場合、温度が少しずつ下がるにつれて「味覚」が塩分をより強く感じる性質を持ちますが

玉葱の甘みが少しずつスープに溶け出すことで味をまろやかにし、最後まで美味しくいただくことができます。




【チャーシューマヨご飯】
200円(2017年11月現在)


IMG_1533


ほかほかのごはんの上には低温調理されたチャーシューが細かなダイス状となり乗せられています。

海苔とマヨネーズが和えられているので、味わいはまるで「マヨゆっけ丼」なテイストです。

これは、本当に美味しい!おススメです


【らぁめん 小池までのアクセス】
東京都世田谷区上北沢4-19-18 上北沢ハイネスコーポ1F

【駐車場】



【電車の場合】
京王本線「上北沢駅」北口より徒歩4分

【営業時間】
[
平日]11:0014:30 / 18:0021:00
[
土日祝]11:0015:00 / 18:00
21:00

【定休日】

不定休
公式アカウントをチェックしてみてください
https://twitter.com/tsukemenkoike



関連ランキング:ラーメン | 上北沢駅八幡山駅桜上水駅

IMG_1478


初台駅北口を出て首都高速を背にしたらオペラ劇場を右手に見ながら通りを進みます。

不動尊入り口の信号を渡りまっすぐ進み、突き当りを左折、商店街を進んでいくと左手にお店があります。徒歩12~15分ほどです。


冷え込んできた11月下旬の土曜日10時30分頃にお伺いしました。

行列もできる人気店ですが、この日は並びはわたくしが最初で、その後開店までに少しずつお客様がいらっしゃいました。


【11月下旬土曜日の待ち状況】
10:30 並び無し
10:45 並び2名
11:00 店内空席4 並び0


こちらのお店は「ミシュランガイド東京2018」でミシュランビブグルマンに選出された名店。

選出店のほとんどが「醤油清湯」のミシュランガイドで唯一代表メニューが「味噌ラーメン」のお店です。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

外観は昔ながらのラーメン店。
店内も飾らない雰囲気の昔ながらのラーメン店でカウンターが7席とテーブルに6席の13席。お席などは綺麗に清掃されています。

IMG_0064

店内に入ってすぐ左手の券売機にて食券を購入します。
優しい女将さんの雰囲気を持った女性店主に食券をお渡しすると
「早くからお越しいただきありがとうございます」と声をいただき心も温まります。

お水はカウンターに置かれたポッドとコップにてセルフサービスです。

今回は「味噌らぁ麺」に「ミニカレー」をいただきました。

【味噌らぁ麺】
730円(2017年11月現在)


IMG_1476


スープをいただこうとレンゲを入れると、味噌の良い香りが漂います。
口に含むと奥深い味噌の風味と出汁のきいたスープの旨みが広がり、濃厚でありながら雑味がなく上品な味わいです。


こちらのお店では「動物系のスープ」に「煮干しや昆布」「椎茸」などを加え、味噌は4種類の信州味噌と麦味噌を合わせているそうです。

IMG_1477


 
麺は中太の縮れ麺でもちもち感とコシが絶妙なバランスで、濃厚なスープに押し切られることなく
噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がりスープとの相性は抜群です。
IMG_1481


提供前に塊からカットされていくチャーシューは厚切りの豚もも肉で、口の中でホロホロとほつれる程に柔らかく豚肉の旨みを存分に楽しめます。
IMG_1480



食べ進めていると不意にクルトンのカリッとした食感が現れ、これが絶妙のアクセントになります。

【ミニカレー】
250円(2017年11月現在)
IMG_1482

ミニカレーと侮るなかれ。私の会社の社員食堂のカレー並みの量があります。
こちらにラーメンの厚切りのチャーシューを少しまぜてみました。ポーク煮込みカレーにしていただきます。

カレーのルー自体はよくあるルーなのですが、ベースのスープが良い風味を出しているのでコクがあります。


【一福までのアクセス】
東京都渋谷区本町2-17-14 小泉ビル 1F

【駐車場】



【電車の場合】
初台駅より徒歩12分

【営業時間】
11:30
15:00 (LO)
(
都合によりしばらくランチ営業のみとなります)

【定休日】

月曜 (祝日の場合は営業して翌日が振り替え休日)

公式アカウントをチェックしてみてください
https://twitter.com/ichifuku1030



関連ランキング:ラーメン | 初台駅幡ケ谷駅西新宿五丁目駅

IMG_1466



目黒駅の東口を出て、目黒通りを東京都庭園美術館方面進んでいくとお店が見えてきます。徒歩5分ほどです。

11月下旬の金曜日、18時15分頃到着いたしました。
行列もできる人気店でお客様も絶え間なく来店されますが、この日は並ばずに入店でき、お席にも若干の余裕がありました。

お店の外観は白を基調とした高級感のある趣き。
蕎麦店や和食店のような佇まいです。

IMG_0062

こちらのお店はミシュランビブグルマンに選出されたラーメンの名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

まずは店内左手の券売機から食券を購入します。

内装も黒を基調とした落ち着いた雰囲気で
厨房に面したカウンター10席はお席とお席の間隔が広いこともありゆったりとしたお食事の時間が過ごせるでしょう。


今回は「特醤油らぁ麺」に「もち豚の塩バラ飯」をいただきました。

【特醤油らぁ麺】
980円(2017年11月現在)


IMG_1468
有田焼の器に盛られるのは、見事なまでに透き通った飴色のスープに具材が映える美しいラーメン。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

厨房からお席にまで届く節の香りは、これからいただく出汁への期待を高めます。


IMG_1469


スープを一口いただくと口中に広がる節系の出汁の旨みと香り。
あとから醤油の芳醇な香りと動物系の濃厚なスープの旨みが押し寄せてきます。

一流の蕎麦屋や料亭で頂いたお出汁にも引けを取らない上品な味わいと温かみで
節の香りと旨みの余韻は食べ終わってからもしばらく残るほどです。

こちらのスープは「もち豚のげんこつ」に「比内地鶏」「名古屋コーチン」のガラを軸にした数種類の鶏のブレンドに
「秋刀魚節」「鰹節」「鯖節」「ムロアジ」等を使い仕上げた魚系を合わせているそうです。

雑味の少ない澄んだスープをとるために、鶏ガラに至っては1時間かけて肉の汚れや余分な部分を取り除いて掃除するそうで
逆浸透膜で不純物を除去した純水で炊くのも妥協なきスープへのこだわりです。

「返し」にもこだわり生の醤油に火入れしたものをスープに合わせているそうです。

「返し」とは蕎麦やラーメンで使われる調味料で
出汁やスープと割ることで「そばつゆ」や「ラーメンのスープ」が完成します。

一般的には醤油と砂糖を混ぜ合わせた後に熟成させることで
醤油の角をとり味わいを深めたもので、大きく分けると3通りの手法があります。

1.本がえし
醤油と砂糖を加熱して合わせたもの。
2.生がえし
醤油と砂糖を混ぜて加熱しないもの。
3.半生がえし
加熱したものと、しないものを合わせる手法。

これらの製法や、味醂などの追加材料やねかせる期間はお店により様々で
特にお蕎麦屋さんでは味の違いが強く表れるところでもあり
こちらのお店の醤油への強いこだわりがここからも伺えます。
 
麺は国産小麦(ハルユタカ・春よ恋・ゆめちから・キタホナミを時期によりブレンド)を使用した自家製麺。


IMG_1470
全粒粉入りストレートの中細麺は優しい口当たりとのど越しの良さ。
噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がり上品なスープとの相性が抜群です。

トッピングは「チャーシュー2種」「ワンタン」「メンマ」「味玉」
「九条ネギ」


IMG_1467

チャーシューは真空低温調理された豚チャーシューと鶏チャーシューの2種
豚チャーシューはローストビーフのように噛みしめるごと肉の旨みが溢れる美味しさです。
鶏チャーシューも柔らかくジューシーな仕上がりで、上品なスープと相まってお鍋をいただいたかのような満足感に誘います。

ワンタンはモチモチした皮に餡がギュッと詰まっており、上品なスープと相まって最高の味わいを作り出します。

味玉も理想的な半熟の黄身に出汁の風味がよくしみこんでおり素晴らしい味わいです。


【もち豚の塩バラ飯】
350円(2017年11月現在)



IMG_1471

こちらのお店はチャーシューではなく、もち豚のバラ肉を塩だれで頂くスタイル
臭みの全くない上質なお肉はごはんとの相性が最高です。


王道の「醤油清湯ラーメン」ながらも「節系」の出汁が香り高く洗練された絶妙な味わい。
自家製麺も優しい口当たりでスープによくあっています。おススメの名店です。

【紹介したメニュー以外の代表的なメニュー】
醤油らぁ麺   750円
柚子塩らぁ麺  850円
細つけ麺    800円

【維新までのアクセス】
東京都品川区上大崎3-4-1 サンリオンビル 1F

【駐車場】
店舗周辺に有料駐車場複数有


【電車の場合】
JR、東急目黒線、地下鉄「目黒駅」より徒歩5分

【営業時間】
11:30
15:00 18:0022:00

【定休日】

日曜日


公式HPをチェックしてみてください

http://ameblo.jp/ishinkouta/




関連ランキング:ラーメン | 目黒駅白金台駅五反田駅

IMG_1458

西武新宿線「鷺ノ宮駅」を出て左手に進むとすぐにドラッグストアがありますので通りを横断しネットカフェ横の路地に入ります。
通りからもう看板が見えており駅から徒歩1分~2分ほどでお店に着きます。


11月下旬の祝日の夜17時30分頃にお伺いしました。
17:30 並び0
17:45 並び4
17:55 並び8
18:30 店内満席 並び7
人気店で行列となりますので、少し早目の来店がよろしいようです。

こちらのお店はミシュランビブグルマンに選出されたラーメンの名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

お店の外観は木のぬくもりを基調とした落着きのある雰囲気。
暖簾や看板が昔ながらのラーメン店もイメージさせる趣のある造りです。
IMG_0059


店内入ってすぐ左の券売機にて食券を購入するスタイルです。
コップとお水は券売機の横に設置されたサーバーからいただき、お代わりはカウンターに置かれているポッドからいただきます。

調理場には「支那そばや」関連のロゴ入りシャツを着た店主ともう1人の職人さん。

店主は、ある日食べた「支那そばや」のラーメンに感動しそこで修業するに至ったそうです。

「支那そばや」の佐野実氏といえばラーメン好きなら誰もがその名を胸に刻み込んでいる名職人です。

白い厨房服にオールバックの髪型が印象的で「ラーメンの鬼」と呼ばれTV番組にも頻繁に出演していました。

自家製麺が珍しかった時代に「スープは自分で作るのに麺はなぜ作らないのか?」という名言を残し現在の自家製麺ブームを作り出した人とも言われています。

味や作風は独自路線に歩みましたが、そんな、今は亡き佐野氏のラーメンに対する想いを受け継いでいらっしゃる1人がこちらの店主です。


厨房に面したL字カウンター10席のお店。
ダークブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気の店内。BGM代わりにはTVが流されています。
お席の間隔も広めでゆったりとお食事ができ、女性お1人でも来店しやすい雰囲気です。

今回は「醤油特製らぁ麺」に「チャーシューご飯」をいただきました。

【醤油特製らぁ麺】
1,000円(2017年11月現在)
特製は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー、味付き玉子、ワンタン2個が入ったお得なメニューです。

IMG_1461


見事な飴色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなした美しき一品。
中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

スープを一口いただくと見た目とは裏腹の濃厚で奥深い味わい。
主張しすぎずも"旨みの相乗効果"を彩る鰹節や煮干しに鶏や豚の濃厚な旨みのスープが相まって
多重な奥深さを見せるスープは最後まで飲み干してしまうほどの美味しさです。

こちらのスープは「鶏ガラ、豚骨、魚介、香味野菜」を時間差で投入して煮込むことで、雑味やえぐみの無いスープを作り出しているそうです。

醤油ダレも生醤油などを5種類風味や力強さを引き出しているこだわりです。


麺は同じミシュランビブグルマンの「やまぐち」も使用している
京都の老舗製麺所「麺屋棣鄂(ていがく)」製。

全粒粉が入った中細ストレートの麺は「パッツン」と切れる心地よさとコシの強さで、噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がります。
IMG_1463


豚チャーシューはバラとロースの2種類。
バラチャーシューは昔ながらの煮豚。柔らかく口の中でほろほろとほつれスープとの相性が抜群。
ロースは真空低温調理の技法でジューシーに仕上がり、ローストビーフのような噛みごたえで口の中に肉の旨みが広がります。

鶏チャーシューも胸肉を低温調理技法で仕上げられており、繊維が崩れずしっとりとした食感が楽しめます。

メンマは穂先部分の柔らかいところだけを使用したタイプ。
シャクシャクした食感が楽しくも味わい深い一品です。
IMG_1460



ツルツルした食感のワンタンは風味も喉越しも良く、餡は肉の旨みが溢れ、具材に手間をかけていることを伺わせます。

理想的な半熟状態の味玉はしっかりと下味がつけられており黄身の風味が強く香る素晴らしい美味しさです。


【チャーシューご飯】
300円(2017年11月現在)
IMG_1459

ダイスカットの煮豚チャーシューがごはんを覆うほどたっぷりと盛られた一品。

九条ネギがさっぱりとさせ、上質な肉の旨みが存分に味わえる品で、こちらもさすがのクオリティです。

【紹介したメニュー以外の代表的なメニュー】
醤油らぁ麺  750円
塩らぁ麺   750円
醤油つけ麺  800円

【らぁ麺 すぎ本へのアクセス】
東京都中野区鷺宮4-2-3

【駐車場】



【電車の場合】
西武新宿線「鷺ノ宮駅」から徒歩1分。

【営業時間】
    11:3015:00 18:0021:00
月曜日 11:30
15:00

【定休日】

火曜(祝日の場合翌日に振り替え休業)

定休日について、詳しくは公式twitterでチェックしてください
https://twitter.com/ramen_sugimoto


関連ランキング:ラーメン | 鷺ノ宮駅都立家政駅

IMG_1449



地下鉄「要町」駅6番出口を出て要町一丁目交差点を左折。首都高速中央環状線沿いを「立教小」方面へ向かい「千早一丁目」交差点を左折するとすぐ右手にお店が見えてきます。
徒歩5~6分ほど。JR池袋駅からは西口から立教大学方面へ向かい、立教大学を過ぎそのまま直進するとお店があります。徒歩15~20分ほどです。

こちらのお店は「ミシュランガイド東京2018」でミシュランビブグルマンに選出された名店。なんと4年連続の選出です。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から
ミシュランガイド東京2018で選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン24店舗の計26店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

11月下旬、祝日の10時45分頃にお伺いしました。

行列ができる人気店なのでお客様は絶え間なくいらっしゃいますが
この日はお席に若干の余裕があり11時30分頃にも並ばずに入店できるようでした。

外観は一見するとお洒落なカフェや美容院のよう。外待ちのお客様用に数席のいすが用意されています。


IMG_1447

BGMに2000年代のJ-POPが流れる店内は厨房に面した9席のカウンター席。
ダークブラウンを基調とした落ち着いた雰囲気の店内はカフェのような趣きでもあり、女性1人でも入りやすいでしょう。
お席の間隔も広いためにゆったりとお食事ができます。

店内右手にある「券売機」にて食券を購入しお席に着くスタイルです。
また麺は中盛り(250g)と並盛り(180g)が同料金で選べるのもうれしいポイントです。

この日は"特製中華そば”に”チャーシューごはん”をいただきました。

【特製中華そば 並盛】 
1,050円(2017年11月現在)

IMG_1448

見事にまで飴色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなす美しさ。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”飴色に輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

一口スープをいただくとまず「鶏や豚の動物系」の甘みと風味が口いっぱいに広がり
「煮干しや節の出汁」の旨みと芳醇な醤油の香りが余韻を残します。

輝くほど表面を覆う香味油はしつこさを全く見せずにコクを添えてきます。
最後の一滴まで飲み干してしまった美味しさです。


IMG_1450

こちらのお店では、秋田県産比内地鶏を中心にした鶏と豚のスープに、煮干しや昆布などを使った魚介系の出汁を合わせているそうです。

醤油は老舗の醤油蔵で造っている秋田県産醤油を使用しており、香り高くキレのあるかえしの要となっています。

また、九条ネギなどは秋田にある自社農園から直送されているそうで、他にも素材の多くを店主の地元である秋田県南部から取り寄せているそうです。

麺は自家製麺でストレートの中細麺。
茹で加減は絶妙で「もちもち」感とのど越しがありながらコシがしっかりしており
最後の一口まで奥行きと上品さを兼ね備えたスープによく調和します。



IMG_1454


トッピングはメンマや味付け玉子、チャーシュー、九条ネギとバランスの良いラインナップ。

チャーシューは外が香ばしく中はほろほろと柔らかい最高の状態。
一口噛みしめると肉のうまみが口の中にあふれますが脂くどさは全くありません。



IMG_1452

味玉はしっかりと下味がつけられており黄身の風味が強く香る素晴らしい美味しさ。


【チャーシューごはん】
300円(2017年11月現在)


IMG_1455

チャーシューがたっぷりとご飯の上に盛られ
白髪ネギと九条ネギの彩りが鮮やかな一品。

味わい深い上質なお肉とご飯の相性は抜群です。


IMG_1457

洗練された”醤油清湯”のスープが香り高い自家製麺と絶妙に合うおススメの名店です。

【紹介したメニュー以外の代表的なメニュー】
中華そば    800円(並み180g・中盛250g同料金)
煮干しそば   800円
煮干しつけそば 800円
夜は、稲庭うどんに比内地鶏のスープを合わせた「稲庭中華そば」のみ。

【中華そば しながわ までのアクセス】
東京都豊島区西池袋4-19-14

【駐車場】


【電車の場合】
地下鉄「要町駅」から徒歩6分
JR「池袋駅」西口から徒歩13分

【営業時間】
11:30
15:30 18:0021:00

【定休日】
月曜日




関連ランキング:ラーメン | 要町駅椎名町駅

スポンサードリンク

このページのトップヘ