ガトショコのふらり食レポ

日々の「美味しいもの」を中心に ダイエットやスポーツジムについて綴っていきます(^-^) Instagramもやってます お気軽にフォロ―してください https://www.instagram.com/gateau_au_chocolat_0823/

IMG_1393

 

今回はブログ師匠である「taka :a」さんとのコラボ企画第4弾!

taka :a」さんはカップラーメンのレビューで圧倒的大人気を誇るブログ界の重鎮。その詳細なレビューと的確な味の分析は1度読んだら虜になります。

その「taka :a」さんが「カップ麺」のレビューを!

そして私が実際のお店に突撃してレビューする!

という食品会社の思うつぼな企画の始まりなのです。


  taka :aさんPRESENTS
 ソラノイロ「カップ麺」レビュー


https://taka27cupmen.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

ぜひ上記レビューと合わせてお楽しみくださいませm(__)m




地下鉄「半蔵門駅」1番出口を出てすぐ右手に交差点があります。こちらを右に曲がり進んでいくと
お店が見えてきます。徒歩4分ほどです。

11月上旬の会社帰りの平日18時15分頃にお伺いしました。
海外からのお客様のグループがお待ちでしたがテーブル席をご所望とのこと。カウンター席に空きがあることから先に案内をいただき待ち時間は無く入店できました。

行列もできる人気店ですが、ラーメン店としては座席数が多いのでこの日は19時頃も待ちのお客様はいませんでした。

場所柄やヘルシーでフォトジェニックなメニュー「ベジソバ」効果もあり、女性客が半数以上を占めまた、海外からのお客様が多いのも特徴です。

こちらのお店も、3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

11年間、一風堂で研鑽を積まれた店主が開いた「ソラノイロ」は「色即是空 」にかけて、空の色のように変わり進化し続けたいとの思いを込めた店名だそうで、その名の通り、時には麺を全く新しいものに変えるなど大胆なリニューアルを続けるお店として知られています。

可愛い看板や旗に彩られた外観はお洒落なカフェそのもので、一見ラーメン店には全く見えません。
外にお客様がいらっしゃるのに気付くと扉を引いて店内に案内してくださるところもいい感じのカフェのようです。

IMG_0037


ボサノヴァが心地良く流れる店内は明るく綺麗で全体的な装飾も現代的なカフェのよう。
オリーブオイルやワインの瓶に雑貨のアクセサリーが随所に飾られています。

厨房を含めたスタッフの皆様の連携の良さと雰囲気の良さはこのお店の明るい雰囲気をさらに輝かせています。
居心地の良さはラーメン店であることを忘れてしまうほどです。

注文の方式は店内に入ってすぐ右手にある券売機で食券を購入する方式ですが、サイドメニューやドリンクメニューも豊富なため、テーブルにもメニュー表が用意されており、時間帯や混雑によるかもしれませんが追加で注文も可能です。(平日夜は追加可能でした)

お席はカウンターが9席にテーブル席が3つ12席の合わせて21席とミシュランガイドのラーメン店の中ではお席が多めで、カフェのように広く間取りされているのでお1人でもご家族でもグループでも来店しやすいでしょう。

1人1人に紙ナプキンをお使いになりますか?と聞いてくださったり、いすの下に手荷物用の籠を用意してくださるなど
細かな心使いもされています。

今回は「特製旨味出汁ソバ」に「チャーシューご飯」をいただきました。

【特製旨味出汁ソバ 】
1,100円(2017年11月現在)
IMG_1391


まず特筆すべきは透き通るような飴色のスープの美しさです。
スープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”は”淀みのない美しさを見せ作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事が伺えます。

スープをいただこうとレンゲを入れると、香味油の香りが漂い食欲を刺激します。
口に含むと鶏の風味と魚介出汁の旨みが広がり、見た目とは裏腹で濃厚ながらも雑味がなく醤油の風味が活かされた上品な味わいです。

こちらのお店では熊本の地鶏「天草大王」の鶏ガラ、もみじ、ほんじり、豚のげんこつをメインとした動物系と香川県産の「息吹いりこ」に鯖節、宗田節、真昆布を使用した魚介系のダブルスープだそうです。

醤油は無農薬、無化学肥料にこだわった契約農家製の大豆を原料とした天然醸造丸大豆醤油できりっとしたかえしの基礎となっています。

香味油は天草大王の鶏油とカメリアラードを合わせてあり、しつこさはなく上質な旨みを添えています。

トッピングは少し珍しく、「ごぼうのバターソテー」、「玉ねぎ」、「鶏チャーシュー」「豚チャーシュー」「青ネギ」「味玉」
IMG_1392


ゴボウは出汁の風味が浸み込んだ上品な味わいでバターでソテーすることで濃厚な仕上がりになっています。
トッピングで「ゴボウ」というと同じビブグルマンの「篝」を思い浮かべますがどちらも麺とよく合っています。

玉ねぎはさらして辛みが除かれたサラダ仕立て。全体に溶け込んで味が変わりすぎないように端にまとめられており
スープに溶かしいれると上質なオニオンスープのような風味となり箸休めとしても最適です。
IMG_1394


鶏の低温調理チャーシューは柔らかくジューシー。これが甘みのあるスープに見事にあっています。

ブランド豚「瀬戸のもち豚」のチャーシューは噛みしめるごとに豚肉の旨みが広がる美味しい一品です。

そして半分にカットされた味玉は黄身にほんのりと出汁の風味がきいており上質な味わいです。 

麺は少しウェーブのかかった中細麺。
IMG_1396

コシの強さとモチ感のバランスが良く濃厚なスープに押し切られることなく噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がりスープとの相性は抜群です。


【チャーシューご飯】
320円(2017年11月現在)
IMG_1398


こちらのチャーシューご飯の最大の特徴はお肉が2種類乗っていることです。
香ばしい豚チャーシューのダイスカットと低温調理の鶏チャーシューに甘辛いたれがかかり2つの異なる食感が楽しく、ご飯との相性も抜群です。


味もさること、人気店でありながらお客様へのホスピタリティを忘れないところがこのお店の魅力の一つ。来てよかった、誰かと一緒にまた来たいそんな気持ちにさせる名店です。


【交通】
東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1B

【駐車場】



【電車の場合】
地下鉄「半蔵門駅」1番出口から徒歩4分
地下鉄「麹町駅」1番出口から徒歩4分

【営業時間】
11:00
22:15LO22:00

【定休日】
土・日曜日


ソラノイロ Japanese soup noodle free style 本店ラーメン / 麹町駅半蔵門駅永田町駅
夜総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:ラーメン | 麹町駅半蔵門駅永田町駅

IMG_1382




今回はブログ師匠である「taka :a」さんとのコラボ企画第3弾!

taka :a」さんはカップラーメンのレビューで圧倒的大人気を誇るブログ界の重鎮。時には弟子の麺リフトにダメ出しをしながらも、その詳細なレビューと的確な味の分析は1度読んだら虜になります。

その「taka :a」さんが「カップ麺」のレビューを!

そして私が実際のお店に突撃してレビューする!

という食品会社の思うつぼな企画の始まりなのです。


    taka :aさんPRESENTS
   金色不如帰「カップ麺」レビュー

サンヨー食品「サンヨー 金色不如帰 極にぼ」(ローソン限定商品)

サンヨー食品「サンヨー 金色不如帰 濃厚貝だし醤油そば」(ローソン限定商品)

 

サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 醤油そば」[サンヨー食品]

サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば」[日清食品]


ぜひ上記レビューと合わせてお楽しみくださいませm(__)m





京王新線「幡ヶ谷駅」北口を出て左手に進みます。
たこ焼き屋さんの角を左折、上を見て「6号通り商店街」の看板が出ている通りに移り
そのまま商店街を進んでいくと、左手に黒い壁のお店『ねじ式』がありますのでその角で左折するとすぐ左手にお店があります。
徒歩4~6分といったところです。

InkedIMG_0035_LI


11月上旬の会社帰りの平日、開店時間直前の18時20分頃にお伺いしました。
並びは1名とこの日はほぼ待ち時間無しで入店できました。

行列のできる人気店でこの日も19時頃には5人の待ちができていました。
並び方などは英語表記もされており海外の方の来店も多いことが伺えます。

それもそのはず、こちらのお店も、3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

注文は1組ずつ入店し入口右手の券売機で食券を購入するスタイルです。
並びがある場合は店内にも数名立ってお待ちになり、外は壁沿いに並びます。

店内は黒を基調としたモダンで落ち着いた空間。
厨房に面したL字カウンターのでこの日は
「J-POPアーティスト」のライブミュージックがBGMとして流れていました。

厨房には瓶やタレにつけられた玉子など調味料や食材が整然と並び
独特のリズムの見事な湯切りや、チャーシュー、トリュフオイルなどを
手際よく盛り付けしていく姿をカウンター越しに楽しめます。

今回は「味玉そば醤油」に「煮豚丼」をいただきました。

【味玉そば 醤油】
950円(2017年11月現在)
IMG_1385


飴色の深い色味のスープと香味油のコンストラクトが美しいスープには「ねぎ」「白髪ねぎ」「チャーシュー」「チャーシューの上にセップ茸のフレークとオイル」「メンマ」「トリュフオイル」「玉子」が並べられており黒い皿に白い器と趣のある食器が彩を添えています。

スープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”は”淀みのない美しさを見せ、作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事が伺えます。

一口スープをいただくと、まず広がるのは蛤の芳醇な香り。
それから複雑で奥深いスープの旨みがあふれだします。
料亭でいただく蛤のお吸い物と比べても遜色のない素晴らしい味わい。

すべて飲み干してもまだ飲みたくなるほどです。
蛤など貝の風味が前面に出ていますが、ベースの味わいは王道の醤油清湯で豚を中心とした動物系スープと節などの魚介出汁が絶妙のバランスです。

こちらのスープは動物系と和風だし、蛤のスープを合わせたトリプルスープに、島根県産生醤油と長野県産丸大豆醤油に牛肉、貝類、乾物、鮮魚を使用したタレで完成させているそうです。
IMG_1383


動物系スープと魚介系出汁に蛤まで混ぜ合わせるなんて入れすぎでは?と思ってしまうかもしれませんがこれは科学的にも理にかなった方法なのです。

うま味を構成する物質は、大きく3種
核酸系、アミノ酸系、有機酸系に分けられます。

•核酸系
イノシン酸:煮干し、鰹節、肉
グアニル酸:乾物のキノコ

•アミノ酸系
グルタミン酸:昆布、野菜類、発酵食品、蛤

•有機酸系
コハク酸:貝類
他:酢酸、クエン酸、乳酸

これらのうま味物質は単独よりも
組み合わせることで飛躍的に向上することが科学的に実証されており
これを「うま味の相乗効果」と呼びます。

科学的な分析がされたのは1960年代以降ですが
実は古くからこの知恵は活かされてきておりました。

ヨーロッパでは”フォン”や”コンソメ”など各種の肉と野菜を組み合わせたものを
中国料理でも”清湯スープ”など肉と野菜を組み合わせたものを

和食では昆布で出汁をとってからさらに鰹節で出汁を取る技法で料理に使われてきました。

不如帰のスープは蛤の旨み成分である
「グルタミン酸」と「コハク酸」に
豚骨や煮干しや節の旨み成分の「イノシン酸」が組み合わされた
まさに多重な味わいを彩るスープなのです。

麺は「三河屋製麺」の全粒粉入り中細ストレート麺。
「三河屋製麺」は同じミシュランビブグルマンの「ドゥエイタリアン」や「篝」など全国200店以上にそのお店に合ったオリジナルの麺を提供しており、京都の「麵屋棣鄂」と並び称される製麺所です。
IMG_1387


口の中で気持ち良く「パッツン」と切れるコシの強い麺は
噛みしめるごとに小麦の香りが広がりスープの複雑なコクと相まって最高の味わいです。

トリュフオイルを溶かしいれるとさらに豊かな香りが鼻に抜けてその味わいを更なる深みに導きます。

同じく溶かしいれることで味わいを高めるセップ茸はポルチーニ茸のフランス読みで、日本のイタリアンレストランでパスタによく使用されるように麺との相性は抜群の香りです。

低温調理チャーシューはローストビーフのような色合いと噛み応えで
通常のチャーシューよりも噛みしめるごとに肉本来の旨みが味わえる逸品です。

メンマは同じミシュランガイド店の「蔦」や「びぎ屋」と同じタイプの
見た目にインパクトのある細長い穂先メンマと細切りのメンマ。
独特のシャキシャキ感はこのスープと相性抜群の美味しさです。

煮玉子は厨房で濃いタレに漬け込まれたものを別鍋で湯煎してから器に合わせています。こちらも味わい深い一品です。


【煮豚丼】
350円(2017年11月現在)
IMG_1389


ガーリックチップの風味と香味油のコクをきかせた濃厚な味わいのチャーシューご飯です。
ダイスカットされたチャーシューは肉の甘味と脂の旨みのバランスが絶妙。盛り付けも美しい一品です。


一言では語ることができないほどの奥深いスープ。ここは並んででも通いたいおススメの名店です。


【交通】
東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12

【駐車場】



【電車の場合】
京王新線「幡ヶ谷駅」北口より徒歩4分

【営業時間】
月・火・水・土・日
11:30
15:00
18:30
22:00
木金の別業態の営業状況については

公式ツィッターをチェックしてみてくださいhttps://twitter.com/ptwgqjbfwgjw

【定休日】
木金の別業態の営業状況については諸事情で変更があるようです
公式ツィッターをチェックしてみてくださいhttps://twitter.com/ptwgqjbfwgjw

金色不如帰ラーメン / 幡ケ谷駅初台駅笹塚駅
夜総合点★★★★ 4.9

関連ランキング:ラーメン | 幡ケ谷駅初台駅笹塚駅

IMG_1376



JR「小岩」駅南口を出て、交番と反対側の右手へ進み
「フラワーロード」という商店街へ向かいます。

商店街を進みながら道路反対側にサミットストアが見え、ケンタッキーを過ぎたら次を右手の路地に入ると、黄色い暖簾とガラスに張られた赤いミシュランのシールが目印のお店が見えてきます。
IMG_0032


こちらのお店も、3年連続でミシュランビグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

11月上旬の日曜日、13時30分頃にお伺いしました。
お客様は絶え間なくいらっしゃいますが、この日は待たずにお席に着けました。

外観は昔ながらのラーメン店そのもので味があります。

店内の装飾も気取らずラーメン店そのものですが、整理された厨房と
綺麗に清掃されたテーブルからはお店の料理に対する気概が感じられます。

お席は厨房に面したカウンター4席に4人掛けテーブル2つとシンプルな作り。

店内に流れるFMラジオがこのお店の雰囲気をうまく纏めています。

食券機はないので、席に着いてから壁のメニュー表を見て注文します。

お会計は食べ終わった後に女将さんにお支払いをしますので、
食券機に慣れている方は、先払いしたつもりで「ごちそうさまでした!」と元気よく外に飛び出してしまわないように注意してください。


【玉子ラーメン】 
780円(2017年11月現在)
IMG_1378


このお店でおススメしたいのが「味付き玉子」です。
「味付き玉子」は他のメニューにはつかないので、「玉子ラーメン」かトッピングで「味付き玉子」を注文する必要があります。

しかし「玉子ラーメン」でもこのお値打ち価格

トッピングに至ってはビブも驚きの100円ですのでぜひ味わいたい逸品です。

スープは透き通った飴色でトッピングには
「小松菜」「白髪ねぎ」「味付き玉子」「チャーシュー」「メンマ」が並べられています。
IMG_1377


一際目を引くのは色濃く下ごしらえされた「味付き玉子」「チャーシュー」「メンマ」の濃い色合い。
手間暇かけて下味をつけられていることが伺えます。

スープは動物系と魚介系を合わせたダブルスープ。
煮干しの風味が広がりますが主張しすぎずバランスの良い風味です。
雑味がなく端麗な味わいながらも旨みは濃厚で、思わず飲み干してしまう美味しさです。

チャーシューは外側に強いタレの風味、中はほろっとした美味しい一品。

メンマも濃い色合いで、しっかり出汁の風味が浸み込んでいます。

そして「味付き玉子」は、まるで「ピータン」のような色合い。
白身の表面だけでなく深層にまで色が染みており手間暇かけていることが伺えます。
黄身もバターのように濃厚で味わい深い品です。

麺は手もみの中太平打麺でしっかりと茹で上がっており
もちもちと噛みしめるごとに小麦の香りが漂う美味しい麵です。
IMG_1380



【ネギ肉ご飯】
 200円(2017年11月現在)
IMG_1381


ダイスカットされたチャーシューを味噌で味付けしてネギをたっぷりと絡めた一品。
味噌で合えることで回鍋肉のような味わいになっておりごはんとの相性も抜群です。
これは美味しい!おススメの一品です。

店主は厨房から声かけを、女将さんはお帰りになるお客様一人一人に声をかけ出口まで見送ってくださります。人気店でありながらこうしたお客様へのホスピタリティを忘れないところが、伺う者を魅了してやまない理由の一つだと思われます。


【えどやへのアクセス】
東京都江戸川区南小岩6-30-6

【電車の場合】

JR
小岩駅より徒歩3分

【駐車場】
無し
小岩駅周辺に有料駐車場多数有

【営業時間】
11:30
15:30
18:00
22:00

【定休日】 

火曜日

麺 えどやラーメン / 小岩駅
昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ラーメン | 小岩駅

IMG_1368


学芸大学駅東口を出て左右にお店が立ち並ぶ通りを道なりに進んでいきます。左手に見える小さな公園を過ぎたらもう少し、そのまま進むと左手にお店が見えてきます。駅から徒歩5分程です。

11月上旬の土曜日18時頃にお伺いしました。
お客様が絶えずいらっしゃる人気店ですが、この日は運よく待ち時間無しで入店できました。


IMG_0031

こちらのお店は、「中華」と「洋食」出身の店主が、名店「せたが屋」の店長を経て独立したお店で、3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店なのです。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

店内に入ってすぐ右手の券売機で食券を購入し、店員さんにお渡ししたら着席するスタイルです。
お水はカウンターに設置されているサーバーからセルフで用意しましょう。

お席は厨房に面したLの字カウンター7席と
4人がけテーブルが一つ。席と席の間隔も程よい広さ。木のぬくもりを感じさせる店内は清潔感と温かみがあり、壁にはコートを掛けられるハンガーもあるなど女性お1人でもお食事しやすい雰囲気です。

今回は「醤油らーめん全部入り」に「炙りチャーシューご飯」をいただきました。

【醤油らーめん全部入り 】

IMG_1370

有田焼の見事な器に盛られるのは透き通った飴色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなした美しき一品。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”飴色に輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。

器からはお席にまで節系の出汁の香りが漂い食欲をそそります。
一口いただくと、いい意味で裏切られます。上品な見た目とは裏腹な濃厚な味わい。

醤油の芳醇な香りが押し寄せ、鶏ガラを中心としたスープの旨みが余韻を残します。
魚介系と動物系のバランスが絶妙でまさに多重な味わいを奏でる素晴らしいスープです。


IMG_1373

こちらのお店では大山鶏の鶏ガラ、もみじ(足の部分)、丸鶏、トンコツ
煮干、アジ干し、宗田節、かつお節、さば節、日高昆布、利尻昆布、羅臼昆布、干し椎茸など、季節に応じて産地を指定した物を使用しスープを作り出しているそうです。

醤油もこだわり、静岡御殿場にある「天野醤油」の国産丸大豆を使用した濃い口醤油と甘露醤油を使用しているそうです。

甘露醤油は、完成した生醤油を食塩水の代わりとして、再び糀の中に入れて二度目の醗酵・熟成を行い、米糀等の原料を追加して完成します。
二年以上の歳月と 二倍の原料を使用する高級品で濃厚な味わいと芳醇な香りが特徴。ふくよかな余韻を残すスープの秘密はここにありそうです。




特注だという麺は口の中で「パッツン」と切れる心地よさとコシの強さで
噛みしめるごとに小麦の香りがふわりと広がる美味しさです。

IMG_1374

「全部入り」のトッピングは「チャーシュー」「メンマ」「味玉」「ねぎ」「海苔」とこちらも王道のラインナップ。

しかし一品一品が驚くほど上質です。

IMG_1369


チャーシューは3種。

肩ロースは秘伝のタレに一昼夜漬け込んでオーブンで焼き上げた焼き豚で噛み応えがしっかりした旨み溢れる一品。
豚バラはじっくり煮込んだ煮豚で柔らかく口の中でとろけます。
鶏チャーシューは柔らかくジューシーで噛みしめるごとに鶏の旨みが広がりスープとの相性が抜群です。


メンマも2種で食感を楽しませてくれます。「蔦」や「金色不如帰」と同じく長細い穂先メンマはしゃくしゃくの食感も楽しめ、細切りメンマは下味がしっかりした味わい深い品です。

ねぎも2種が乗せられ、異なる風味でスープの味わいが単調にならないよう工夫されています。


そして、格別な美味しさの味玉。中身は黄金色に輝く半熟卵でコクのある深い味わいが絶品です。

【炙りチャーシューご飯】
300円(2017年11月現在)
IMG_1372


香ばしく炙られたチャーシューはダイスカットされてごはんの上にたっぷり乗せられており、白髪ねぎが彩を添えています。
濃い目の味付けとねぎの風味が味わい深い一品です。

王道ながらも、雑味の無い洗練されたスープは絶品。おすすめの名店です。

【交通】
東京都目黒区鷹番2-4-9

【駐車場】



【電車の場合】
東急東横線「学芸大学駅」から徒歩5

【営業時間】
平日
11:30
14:45 
18:00
22:30

土・日・祝

11:30
14:30
18:00
22:30

スープ切れ次第終了


【定休日】
無し

麺処 びぎ屋ラーメン / 学芸大学駅祐天寺駅
夜総合点★★★★ 4.7

関連ランキング:ラーメン | 学芸大学駅祐天寺駅

IMG_1352

東急線「旗の台」駅東口を出て商店街を歩くとすぐ右手にお店が見えてきます。
徒歩1分ほど。お店が2階にありますので、右手上方向に注目するとカフェのような大きな看板が見えます。
IMG_0026


こちらのお店も、3年連続でミシュランビブグルマンに選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)
IMG_0025


11月上旬、平日の会社帰り19時00分頃にお伺いしました。

人気店なのでお客様は絶え間なくいらっしゃいますが
この日はお席に若干の余裕があり並ばずに入店できました。

店内はテーブル席と厨房に面した6席のカウンター席があります。
店内の雰囲気はまさにカフェの趣きで、カウンター席も席の間隔が広いためにゆったりとお食事ができます。

店名もさることながら「ラーメンカフェ&美容」がコンセプトという個性的なこのお店。
店内の一角に女性専用のエステルームを備え、体の内と外、両方から健康にという思いから、食材も無添加にこだわります。

お水にもこだわりを持ち、スープに逆浸透膜水、野菜洗いにオゾン水、茹で麺に軟水飲み水は、水素水という徹底ぶりです。

コンセプトと雰囲気、フォトジェニックなかき氷などが受けているようで
この日は若い女性客が8割と「むぎとオリーブ」などと同様
女性に人気のあるお店なのが伺え、いわゆる普通の「ラーメン屋」とは一線を画しています。

メニューの豊富さもこのお店の特徴の一つ。
”塩・醤油ラーメン”などの他に種類豊富な"かき氷”が充実し訪れる客を楽しませます。

みんな食べている"かき氷"を頼みたい気持ちをぐっとこらえ
この日は”醤油ラーメン全部乗せ”に”アグー叉焼丼”をいただきました。

【醤油ラーメン全部乗せ】 
1,200円(2017年11月現在)


IMG_1357

まず特筆すべきはその美しさ。
飴色のスープに香味油の輝きがコンストラストをあやなし
翡翠色の麺とクレソンの緑に玉子やチャーシューの白色が差色として鮮やかなその姿はまるで宝石箱のよう。

中華料理のスープの中でも一層手間のかかる技法”清湯スープ”を彷彿とさせる
”飴色に輝く澄み切ったスープ”からは作り手の手間暇をかけた丁寧な仕事も伺えます。


IMG_1353

一口スープをいただくと鶏の風味が口いっぱいに広がり
煮干し出汁の旨みと芳醇な醤油の香りが後から押し寄せます。
輝くほど表面を覆う香味油はしつこさを全く見せずにコクを添えてきます。
店名とは裏腹で、そのスープは王道の鶏ガラベースのスープが洗練され極限まで研ぎ澄まされた逸品。
最後の一滴まで飲み干してしまった美味しさです。

こちらのスープはハーブ鶏と霧島鶏をメインに青森シャモロックを用い
白口煮干しと、青口煮干しなどから旨味を抽出したスープと合わせアグー豚の背脂から作られたラードで仕上げているそうです。

トッピングは2種のチャーシューとワンタン、クレソン、白ネギ、味玉、アサイーの芽とバランスの良いラインナップ。


IMG_1354

チャーシューはアグー豚のモモ肉のローストと、低温調理された国産鶏のムネ肉の2

アグー豚のモモ肉のローストは外が香ばしく中はほろほろと柔らかい最高の状態。
一口噛みしめると肉のうまみが口の中にあふれますが脂くどさは全くありません。

低温調理の鶏チャーシューは柔らかくジューシーで噛みしめるごとに鶏の旨みがあふれだす一品です。

アサイーの芽は酸味がすっきりとした味わいで食感は筍のよう、丁度良い箸休めになります。

味玉はしっかりと下味がつけられており黄身の風味が強く香る素晴らしい美味しさ。



IMG_1355

クレソンと白髪ネギに加えワンタンはそのツルツルした小気味よい食感が上質なスープと相まって
まるでお鍋をいただいたかのような満足感にいざなってくれます。

そして最大の特徴である麺
翡翠色の綺麗な麺は「スピルリナ」という藻類入りストレートの中細麺。


IMG_1358

海藻などを練りこんだ麺として思い浮かぶのは、
ラーメンでは「多賀野」の「布海苔」入りの麺や蕎麦では新潟の「へぎそば」ですが
こちらの麺ははるかに緑色が前面に出されています。

茹で加減は絶妙で「もちもち」感とのど越しがありながらコシがしっかりしており
最後の一口まで奥行きと上品さを兼ね備えたスープによく調和します。

【アグー叉焼丼】
350円(2017年11月現在)


IMG_1361

アグーチャーシューがたっぷりとご飯の上に盛られ
白髪ネギの彩りが鮮やかな一品。

味わい深い上質なお肉とご飯の相性は抜群です。


店名に惑わされることなかれ、洗練された王道のスープに前衛的な麺が絶妙に合うおススメの名店です。

【交通】
東京都品川区旗の台3-12-3 J.BOX 2F

【駐車場】



【電車の場合】
東急大井町線・東急池上線「旗の台駅」東口より徒歩1


【営業時間】
12:00
15:00 18:0023:00L.O22:30

日曜・祝日
12:00
16:00 (L.O15:30

【定休日】
水曜日



ブン ブン ブラウ カフェ ウィズ ビーハイヴラーメン / 旗の台駅荏原町駅長原駅
夜総合点★★★★ 4.7

関連ランキング:ラーメン | 旗の台駅荏原町駅長原駅

IMG_1340

お店は要町駅から要町一の大きな交差点を池袋駅方面に向かい祥雲寺を通り過ぎたらすぐ左手に見えてきます。池袋駅からは逆に立教大学や要町方面に向かい徒歩10分程です。

11月上旬の会社帰りの平日1830分頃ちょうど開店時間にお伺いしました。開店前の待ちのお客様は5名です。人気店なので絶え間なくお客様はいらっしゃいますが、この日は並ばずに入店できました。


InkedIMG_0023_LI

東十条の名店「麺処 ほん田」ご出身の店主が開いたこのお店も、ミシュランビブグルマン2017に選ばれた「ラーメン」の名店。

ミシュランビブグルマンとは星は取得していないものの
5,000円以下で楽しめるとしてミシュランガイドで紹介されているお店のことで

ミシュランのコーポレートキャラクター「ビバンダム」の愛称である「ビブ」と
食いしん坊を意味する「グルマン」を掛け合わせて「ビブグルマン」となっています。

東京に約3,300店以上あるというラーメン店の中から選ばれているのは
1つ星2店舗
ビブグルマン27店舗の計29店舗なのです。
(データ引用:都道府県別統計とランキングで見る県民性 2017年11月現在)

外観は木目調に白い看板が印象的の明るくモダンな雰囲気。




店内入ってすぐ左手の券売機で券を購入してから、お席に案内していただくスタイルです。

店内は、厨房に面したカウンターが9席です。

 

今回は「特製醤油そば」に「ほぐし豚飯 小」をいただきました。

【特製醤油そば 】
1,050円(2017年11月現在)

IMG_1341



見事なまでに飴色の深い色味のスープと香味油のコンストラクトが美しいスープに「海苔」「ねぎ」「味玉」「チャーシュー」「メンマ」が並べられており「三つ葉」「ほうれん草」が彩を添えています。

IMG_1344

スープを一口いただくと、これが素晴らしい奥行き。



 

醤油の豊潤な香りに鶏や豚の濃厚な旨みが広がります。そして、鯛の風味に加えて、ほんのりと、しかし確実に感じるしじみなど貝の旨みが混然一体となり多重な奥深さを奏でるスープは、濃厚ながらも雑味がなくキレのある素晴らしい味わい。口に含むたびにその表情を変えてくるので思わず飲み干してしまうほどの美味しさです。

IMG_1342



こちらのお店は、丸鶏、鶏ガラ、豚骨、牛骨、鯛、野菜、果物からとったスープに昆布、煮干し、蛤や牡蠣など貝からとった出汁を加えるなど、素材の旨味を最大限に活かした無化調スープだそうです。

 

昆布の旨み成分である「グルタミン酸」と貝の旨み成分「コハク酸」に鶏や煮干しの旨み成分の「イノシン酸」が組み合わされた「うま味の相乗効果」を堪能できるスープです。

IMG_1345



醤油もこだわり、創業元禄元年(1688年)の「柴沼醤油」の生しょうゆをベースにブレンドしたもので、スープの深い色と味わいを作り出しています。

 

麺は「とみ田」で知られる「心の味食品」特注品の中太ストレート麺で、全粒粉入りの濃い色味の麺は蕎麦のような口当たりとのど越しで、コシが強く噛みしめるごとに小麦の香りが漂う美味しい麵です。

IMG_1343




そして、特選に乗るチャーシューは3種4枚。

「秀麗豚」を使用した低温調理の技法を用いた肩ロースチャーシューは美しいロゼ色。まるでローストビーフのような味わいで噛みしめるごとに肉の旨みが口に広がります。

 

豚バラチャーシューはジューシーで豚肉の脂の甘みを堪能できる逸品。

 

同じく低温調理された鶏肉のチャーシューも柔らかくジューシーで、淡麗ながらも力強いスープとの相性が抜群です。

 

テーブルの上の柚子七味は濃厚な旨みのスープに爽やかな味わいをもたらし、新たな旨みの発見に導くでしょう。

 

【ほぐし豚飯 小】
50円(2017年11月現在)

IMG_1348

ご飯の上にはたっぷりのほぐしチャーシューが乗せられており、玉葱の甘みとねぎの香りが彩を添える見事な一品です。

 

ほぐしチャーシューは出汁と合わせて柔らかくほぐされ、ツナマヨのように優しい舌触り。これは美味しいです!

旨み溢れるスープに絶品の低温調理チャーシュー。麺もトッピングもすべてが最高レベルですが、更なる美味しさのため努力と研究を日々続けているそうです。世界最高峰に向けて進化を続けるおススメの名店です!

【交通】
東京都豊島区池袋3-1-4  

【駐車場】



【電車の場合】
地下鉄 「要町駅」より徒歩5分
JR「池袋駅」西口より徒歩10分

【営業時間】
平日
11:30
14:30
18:30
21:00

土日祝

11:30
14:30
18:00
21:00

売切次第終了なので公式twitter https://twitter.com/mendokoroshinoをチェックしてみてください。


【定休日】
水曜日

麺処 篠はらラーメン / 要町駅池袋駅椎名町駅
夜総合点★★★★ 4.3

関連ランキング:ラーメン | 要町駅池袋駅椎名町駅